私のからだに溶け込んで無となりなさい

1987年5月13日 (ノート11)

(昨日、5月12日の晩、一階の階段の横を通り過ぎようとすると、濃密な香の香りがして立ち止まりました。その香りは二階まで届いていたのです。驚きました。息子の所に行って、蚊取り線香をつけたか尋ねました。(蚊取り線香のような臭いでは全くなかったのですが。純粋な教会の香の匂いがしていました。)息子はつけていないと言いました。その出来事はさて置き、私は他の仕事で忙しくしていました。一時間後、書斎に行きたいと思いました。いつもそこで鉛筆を取って書くのですが、書斎に入る時、またかぐわしい香の香りがしたのです。私はその香りにすっかり浸されてしまいました! その特定の場所を離れて、他の所でも同じ香りがするかどうか確かめに行ってみましたが、いいえ、他の所では何の香りもしません。先ほど私が香りに覆われた場所で、再び同じ香りに包まれたことを除けば。)

ああ、愛する者よ、私の香りであなたを覆ったその時、私はあなたを祝福した。

まあ、イエス様、あなただったのですか?

そうだ、あなたは私の現存を感じた。それが私のしるし1だった、香は私から出たものだ。

あの晩にそれがはっきり分かっていたら!

私の現存のしるしをもっと与えよう、私の花よ。だが目を覚ましていなさい。

イエス、私の愛するお方、
私の息、私のいのち、私の喜び、
私のため息、私の憩い、
私の聖なる道連れ、
私の救い主、私の視力、
私のすべて、
あなたを愛しています!

ヴァスーラ、私を熱烈に愛しなさい。私の体の中に溶け込んで無となりなさい。優しい言葉、愛の言葉で私を飾りなさい。私の痛みを減らしてほしい。愛の言葉を私の傷に染み込ませ、私の傷を癒やしなさい。

(今日、聖テレサの本を読んで、あの香りが本当に存在することを発見しました。もし悪魔からのものであれば、ひどい悪臭がすると彼女は言っています。不思議なことですが、これは、香の芳香が本当にイエスから来たものだったという、私に今日与えられたもう一つの証拠のようでした。とてもうれしかったです!)

  1. イエスはこの前日、御自身の現存のしるしを与えるとおっしゃっていました。