私はビザンチン的な説教をした

2004年2月5日 ノート110

娘よ、私はこの世代に私の栄光を現すために、光の衣服であなたを包んだ。私は風をも使者として使い、燃え立つ炎をもしもべとして使うと読まなかったか? 私の王宮でわずか一日過ごすだけで、私の血がほんの数滴彼らの上に落ちるだけで、あるいは私のほんの一べつを受け、聖油による祝福を受けるだけで、彼らは覚悟ができ、岩ほどにも強くなって、出て行って世界に私の言葉を宣べ伝える。彼らの足を速めるために、天国の聖なる者の一団が彼らに付き添う。行くべき道を急ぐときには、私自らが彼らを導く。ああ、ヴァスーラ、私は復活であり生命である。書くという形であなたに与えたものはすべて、まばゆく輝く泉であり、体と頭、魂と心を清め、ヤニとすすを取り除く。私、キリストは、あなたの全存在を闇から光へと変容させる力を持っている。

この18年間、私は聖霊の力を通して、心の中であなたに話しかけてきた。神秘的啓示と教えを含んだ私のあわれみのしょうは、あなたのためであると同時に、この萎縮した時代のためでもある。それは父からの、私からの、そして聖霊からの贈り物だ。私たちは哲学者のようには話してこなかった、友人のように話してきた。このメッセージの中であなたに明かした宝、それは私自身である…… 私の娘よ、あなたへのこの呼びかけの最初に私は頼んだ、急いであなたの兄弟姉妹のところに走っていき、私の栄光とあわれみを現すこの神聖な宝を彼らと分かち合うようにと。誰であれ、どんな宗教に属していようと、あらゆる人々を呼び集め、眠りから目覚めさせるようにと頼んだ。ある人々は、あなたが見てきたように、大いなる熱意をもって私に応えてくれた。禁欲的な生活を実践しようとした者さえいる。しかし、他の人々は私を理解できず、理由もなく私を拒絶し、周囲の人々にまで影響を及ぼした。私のヴァスーラ、私はあなたにビザンチン的な説教もした。しかし、私を礼拝すると言い、自らを東方正教徒と称する者たちが、私の掌中に入って私を認めることを進んで自分から奪ってしまった。そして私の祝福や私の恵みを激しく拒絶した…… 彼らはすべてを知っていると主張するが、何も分かっていない……

私との出会いは、光を通して私自身を現しているとき、一つの驚異である。神に不可能なことは何もない。そこで、東の教会の兄弟であるあなた1に尋ねたい。

──私は、神として、私の神秘を望むままに人間に打ち明けてはいけないか? ──神はあなたの時代に、神聖な光の光線を通して自身を人間に現してはいけないか?
──あなたは真の宗教は正教に帰すると考えているようだが、そうだとすれば、これまで正教会が、聖神゜2の光を通して神が人間に教授する可能性を否定したことがあるか?
──教えてくれないか、わが友よ。あなたの言う神秘的な生き方の頂点とは何か? それは私、ハリストスとの親密で個人的な出会いではないのか?
──人間は自分の力で私の知恵3を悟ることができるか? いいや、もちろんできない。目に見えないものすべてを見えるようにし、明らかにする十字架の光を通さなければ、私の知恵を悟ることはできない。あなたたちをあがなうこの道具からの目を通してのみ、人はその意味のすべてを理解することができる。
──では、私を知り、理解するとは何か? また、神と人間との結びつきとは何か?
──私はハリストスとして、心から恵みを求めている人々に、私の恵みを豊かに授けてはいけないか?
──あなたは日々多くの仕事に追われている、しかし、あなたには私の心の中に避難してほしいと心から願っている、あなたの神である私のうちで休息しなさい……
──私は、神として、これほどまでに悪化しているあなたの時代に、私の悲嘆を人間に、また気に入った者に表して、私の心配事を分かち合ってはいけないか?
──思い違いをして「ただの人間が聖神゜の宝を手に入れることは不可能だ!」と言ってはならない。私を裁くとは、あなたは何者か? 私を挑発するとは、このちりに過ぎない者は何者か? 疑う余地なく、終わりには誰もが裁かれ、自分のしたことのすべて、しなかったことのすべてについて答えなければならない。
──あなたは私について綿密に調べ上げたようだが、これまでに一度でも私を味わったことがあるか? ダビデが味わったように4
──あなたが私を所有しているというのは本当か? しかし、あなたは私の語りかけを認めていない。
──こう言えるようになりなさい、「私は神を所有することを学んだ、私の父となられたお方が、ご自身について私に知らせてくださったのだ、それにもかかわらず、神はご自身の超越性を失われたことは一度もなかった! 万物を含有がんゆうされる神が、私をも所有してくださり、そして今、私が無であることによって、私のうちのすべてのものが、神の聖なるご意志に従うものとなるようにと命じられた……」。このように言ったなら、友よ、教えなさい、あなたのうちに私を発見するとはどのようなものか? 花婿のヴェールを持ち上げて私の神性を発見するとはどのようなものか? それから、私の聖神にその光をもってあなたの中に入り込むようにさせ、あなたの魂を大聖堂カテドラルへと変えるようにさせなさい!
──私が火をもって訪れなければ、人は地上にいる間に、言語に絶する最も純粋な徳である受苦不能性にまで到達することができるだろうか?
──もし実際に私がある町5を通り過ぎたのなら、気づかれぬまま見過ごされるだろうか? あるいは、私が通り過ぎたことによって、町全体が燃え上がらないだろうか?
──私は人に知らせることなく私の民を導き、啓示を与えることができると、以前に読まなかったか?
──花婿がこの時代にやって来て、神の心に燃える愛の炎に魂たちを近づけようとするのは悪か? また魂たちが私、彼らの神とともに統治することを可能とするために、彼らを私のうちに覆い隠そうとするのは悪か? 私はまことに尋ねる、あなたは聖書を使って何をしてきたのか? 聖書は私を映し出すものではないか? そうであるなら、聖書を知っていると言うあなたが、このわざにおける私を認めないとはどういうことか? それほどたやすく真理を否定するとはどういうことか?
──霊的に死んでいる魂が、生きることなしに聖書を理解し、それを実行に移すことができるだろうか? もし人が私の姿を映し出す聖書や私の言葉を理解したならば、「聖書と教会の教父たちの言葉があれば、私にはもう十分だ……」などと言ったりはしないだろう。

この恵みの時に、私は自身をあわれみとして示している。何か新しいもの、聖書や教会の伝統に反するものを付け加えようと訪れたのではない、新しい教会を立ち上げようと訪れたのでもない。私の被造物を新しくし、死んでいた種子を私のうちのいのちへとよみがえらせるために私はやって来た。私自身の血で買い取った私の教会を美しく飾り、豊かにし、神の光で満たすために来た。私は教会を一致させるためにあわれみを持ってやって来た。すべては私の王笏の下にあるということを知りなさい。

ic