私の血は噴き出している

1987年6月11日 (ノート13)

(今ではもうほとんどの家具が送られてしまい、書くときに座る椅子さえも探さなければならなくなりました。荷造り業者が立ち去った後も、家はまだちらかっています。あちこちに書類の山があり、どの机の上にも靴やビン、新聞紙、ベルトなどが散乱しています。けれどこんな引っ越しのさなかにあっても、送別会のビュッフェの準備(一回は八十人、もう一回は三十人)をしなければなりません。そんなときでも、神の御手は少しも休むことなく、毎日いつも、二、三時間は神のために書く時間が見つかりました。神は驚くほどの力を与えてくださり、少しも疲れを感じません。私は完全な平和のうちにいます。主の平和です。)

ヴァスーラ、私の魂の愛する者よ、私のそばにとどまりなさい、顔を私の方に向けて、私の指をあなたの心に触れさせてほしい。私の子よ、あなたをどんなに愛しているか知っていてくれたなら。最後まで教え導こう。私のためにもっと犠牲を献げなさい──私のために苦しんでくれるか?

はい、主よ、お気に召すようになさってください。

(主は以前にもこのことをお尋ねになりましたが、私は恐れてためらったのです。今もう一度主がお尋ねになりました。)

ヴァスーラ、とてもうれしい! 私のために、小羊のように自分をいけにえとして献げてくれるか?

お気に召すようになさってください、主よ。

無駄になるものは何もない、すべては平和と愛のためとなるであろう。私の渇きは大きい、ヴァスーラ。あなたを不毛の地に連れて行こう、そこで、あなたの目はこれまでに見たこともないものを見る。あなたを天の力によって導こう、血を流している私の体の、まさに最深部に。私の体のとげとなっている聖職者の罪人たちを皆、私の指であなたに指し示そう。私は彼らを容赦しない。私は疲れ果て、私の傷はかつてないほど広がり、私の血は吹き出している。私自身の聖職にある魂たちによって、私は再び十字架につけられている!

私の神よ、あなたは私に大きな苦しみをお与えです。どうして彼らはそんなことをあなたにするのでしょう? どうして?

ヴァスーラ、彼らは自分のしていることが分かっていない。愛する者よ、あなたの神と一緒に奮闘しなさい、すすんで私の苦しみを直視し、私と共に分かち合ってほしい。

そうします、あなたをお慰めするために。あなたを愛している人々のことを思い出してください!

その人々は、私の魂の愛する者たち。そのような魂がもっと必要だ、私のために自分の心を献げる者たちが。彼らを愛し、信頼している、彼らは私から食べている。彼らは私のいけにえ、私のとげに取って代わるなめらかな花びら。私のミルラである。

 ヴァスーラ、恐れなくてよい。私たちは、闇が支配している場所へさらに深く入り込んで行く。あなたを導こう。

(その後、私の魂は神の苦渋を感じ始めました。食べ物も、飲み物も、口に入るものすべてが苦いのです。主は御自身の聖杯から私に飲ませられました。すると息がしづらくなり、私の魂と体が痛みました。)