私の血は噴き出している

1987年6月11日 (ノート13)

今はもう家具もほとんど送ってしまったので、書くのに座る椅子さえ探さなければなりません。家は荷造り夫たちが去った後、まだ散らかっています。あちこちに書類の山があって、靴、瓶、新聞やベルト類がどの机にも置かれています。けれどこのすべての中で、引っ越しやら、お別れ会のためにビュッフェ(一つは80人用)(また、別に30人用)を準備しなければならない中で、神の御手は少しも休むことなく、私は常に毎日2、3時間、主のために書く時間が見つかりました。主は、信じられないほど力を下さり、少しも疲れているように感じません。全くの平和、主の平和のうちにいます。

ヴァスーラ、私の魂に愛された者よ、そばにとどまっていなさい。顔をこちらに向けて、指をあなたの心に触れさせなさい。私の子よ、どんなに愛しているか知ってくれたなら。終わりまで導く。私のためにもっと犠牲を献げなさい。――私のために苦しんでくれるか?

はい、主よ。お望みのままになさってください。(主は以前にも、この質問をなさいました。けれど、私は怖れて、躊躇したのです。いま主は、もう一度質問されました)

ヴァスーラ、本当に嬉しい! 小羊のように自分を献げてくれるか?

お望みのようになさってください、主よ。

すべては無駄にならない、すべては平和と愛のために。私の渇きは大きい、ヴァスーラ。今までに見たことのないような不毛の土地に導いていく。私が血を流している体の一番深いところまで真っ直ぐに、天の力をもって導く。私の指で私の体の棘となっているすべての聖職にある罪人たちを指し示す。私は彼らを容赦しない。私は疲れ果てた、傷はかつてなかったほど大きく広がり、血が噴き出している。私自身である者たち、私自身の聖職者たちによって、再び十字架の上にいる!

わが神よ、あなたは大きな痛みを私に与えておられます。彼らはなぜ、そのようなことをあなたに対してするのでしょう? どうして?

ヴァスーラ、彼らは何をしているのか分かっていない。愛する者よ、あなたの神と一緒になって努力しなさい。私の苦しみに喜んで立会い、ともに分かち合ってほしい。

そういたします、お慰めするために。あなたを愛する人びとを思い出してください!

この人びとは私の魂に愛された者たち、私のために自らの心を生けにえとして献げるこういった魂がもっと多く必要だ。私は彼らを愛し、信頼し、養っている。彼らは私の生けにえ、私の棘にとって代わる滑らかな花びら、私の没薬。ヴァスーラ、怖れないように、私たちは暗闇が支配するさらに深いほうへ降りていこう。私があなたを導く。

(しばらくして)

私の魂は神様の苦い思いを感じ始めました。何であってもすべてのものが、口に入るどの食物も飲み物も苦い味がしました。主は私に主の杯から飲ませられたのです。それからは呼吸が困難になり、私の魂も体も痛みました。