私の教会は混乱のうちに治めている 裁いてはならない

1987年12月12日 (ノート19)

わが神! 私が今どう咎められているか、もうお耳に入ったと思います。エホバの証人たちが私を非難するのはこれで三度目です。前の二回はこれを悪魔の仕業だと言いました。(読まないで)今度は私が過去に堕落した天使の子孫だと言っています。主よ、どうしてでしょう? どうしてキリスト教徒は互いにこうも違っているのでしょうか、何がおかしくなってしまったのでしょう?

私の教会がこれほど混乱していたことはない、あなたの聖なる母の言葉を思い出しなさい。「ガラバンダルの混乱は一つの比喩として与えられたものです、私の教会が今日いかに混乱の中にあるかを示すためです、混乱のうちに治めているのです」

わが神、本当に悲しい、本当に悲しいのです、主よ。

私を感じるために悲嘆にくれているのだ、あなたは段々と私が分かってきた、私が何によって苦しむかに気づく時、どんなに嬉しいか。ヴァスーラ、私は彼らも愛している、しかしサタンによってすっかり誤った道に逸れてしまった、サタンは彼らの目をくらまし、目の見えない彼らは別の道に入り込んでしまい、錯覚した中で私の母を天の元后と認めないばかりか、ペトロも、私自身が全ての小羊に与えた権能も、認めようとしないで、私の花たちも同様に迫害する、そして現代の私の天のわざをすべて非とし、サタンはなんでも悪用するように彼らを条件づけてしまった。彼らは理解していない、そしてサタンは真理を悟らなくさせ、その教義はあなたたち愛する者たちの間に蔓延している、そう、私が注意するようにと言った者たちは彼らのことだ1、私の子たちに与えた恵みを「サタンの仕業」と呼ぶのを好み、聖なる御母を否定する。

ヴァスーラ、あなたは決して咎め立ててはならない、代わりにこう言いなさい、「主が裁き手となられ、その誤りを正してくださいますように」と。

愛する者よ、時の終わりが迫っている。あなたたちにはしるしや警告を与えると言ってあった、彼ら2が私の基礎3を嘲笑い、自分たちの教義にしか従わないのを見て、私は苦しんでいる、彼らはあのカインたち、私のアベルたちにとっては危険な者たちです、私の家で成長したいと願う人に対しては、つまずきであり、民を誤った道に導く惑わしの松明、頑なな岩となり、私の基に、反抗している、心の中でカインの教えを受け入れてしまった今、この世でどうして王国を与えるはずがあろうか? 私はあなたたちを甦らせ、その魂は私のふところ、私の腕の中に入って来る、地上では皆、過ぎ去る影でしかない、雨の最初の雫で洗い流される埃の一片でしかないのです、私自身「父の家には沢山の住まいがあり、あなたのも用意する、私のいるところにあなたもいるように」と言わなかったか? 魂たちが来る場所とは私のもとであって、私の家である4! ヴァスーラ、彼らは私の基に対してたくらみを企て、私の領土を根こそぎにしようとしている、あなたが愛おしい、泣かないでほしい、花よ。

(イエスが悲しんでおられるのを感じると、私も悲しくなります)

あなたの頭に茨の冠をおく。……そして槍は彼らの間にあり、私の家に対して隠謀を企て、ペトロに最後のとどめを刺そうと会合に会合を重ねている!

ああ、神よ、まさか! そんなことありません、主よ!

愛する者たちよ集まって来なさい、私の教会をいっそう強め、一致しなさい、愛する者たちよ、再び一緒になって一つとなりなさい。花よ、目覚めているように、愛があなたたちをあがなう、愛する者たちよ、さあ、花よ、開きなさい、開いて、あなたを甦らせ、敵を押さえられるほどに強めるいのちの雫を、注ぎ込ませなさい、私、主イエス・キリストが、あなたの前にいる、それを忘れないように。

(このメッセージでとても心配になりました)

彼らが聞いてくれることを切に望みます、緊急なのです!

 

  1. 偽りの宗教のこと。
  2. エホバの証人。
  3. ローマの教会のこと。
  4. エホバの証人は混乱していて、地上の楽園で永遠に生きつづけ、自分が死んでしまうと魂も死ぬと信じています。