どの花も光を求める

1987年12月31日 ノート20

私の神よ、諸教会があなたのメッセージを信じるように、お祈りしています!

ヴァスーラ、私を信じるのは私が与えた恵みによる1
 聞きなさい、ヴァスーラ。あなたは私の口から話し、私の教会が通る苦難について語るであろう。その啓示は私の声である。時のしるしを見分けなさい。私のメッセージを受け入れなさい、私のメッセージを味わいなさい、私のメッセージを食べなさい。信じない者は不幸だ。

(しばらくして)

小さな子よ、私を愛するか?

永遠にあなたを熱愛します、主よ。

そうだ、ヴァスーラ、私を愛しなさい。あなたの過去の埋め合わせをしなさい。私を愛していない人たちの分も埋め合わせなさい。花よ、どの花も光を必要としている、それが花びらにどんな効果をもたらすかを知っているからだ。娘よ、悔い改めるか?

(過去の罪と現在の罪を悔い改めました。主は私のために、聖体拝領の準備をしておられました。)

それらのすべてを魂の底から忌み嫌いなさい。汚れ2を忌み嫌いなさい、これはソドムの悪徳だったのだから。

誠実さが悪を取り除く 私のためにロザリオを覚えてくれるか?

1987年12月28日 ノート19

私が自分の立場をわきまえず、あえて誰かを裁くようなことを言ってしまったり、あるいは、自分は他の人たちよりももっと分かっていると思ったりすると、神は直ちに、私が何者であり、どんな者に御自分のメッセージをお与えになっているかを思い起こさせてくださいます。すべてを見通される主のまなざしが向けられるだけで、主は私が身の程を知り、いるべきところにとどまるようにされるのです。「ちりと灰」という二つの言葉だけで、主は私が無に等しい者であり、被造物全体の中でも最も小さな者であることを思い出させてくださいます。ただ、これが分からない人も中にはいるでしょう。主がことを受け取るように私をお選びになったのだから、私はそれにふさわしい者だと思う人もいるかもしれません。けれども、こうは思いませんか? 神は最も小さい者である私を選ぶことによって、私たちに向けられた計り知れないほどに大きな神のあわれみをお示しになっていると。そして一番小さい者にさえ与えてくださるということを。そうだとすると、私よりもはるかにもっと主の御目にふさわしい人たちが信仰を持って求めるなら、主はずっと多くのあわれみをお注ぎにならないでしょうか? 主の私に対する忍耐にお気付きになりませんか? 主は私を打つどころか、あふれるほどの愛を注いでくださっているのです。主の被造物が、どうして主を拒むことができるでしょう? でも、私も以前はそういう人たちの一人だったのですから、そんなことを言う資格はありません。今や私はこう言いましょう。「呼吸することと同じほどに、あなたの神を大切にしてください。なぜって、呼吸しなければ私たちは死んでしまうのですから。神は私たちの中に息吹を吹き込まれ、いのちを与えてくださいました。神の息吹は私たちのいのち。神は私たちの息吹、神は私たちのいのちです」。

ああ、ヴァスーラ、私のアベルは、今度は生きる。誠実さが悪を取り除くであろう1。私の言葉に活気を与える者は幸い。私の声を聞き分ける羊は幸い、私の小羊たちを再び養う者は幸い。
 心の素朴な者は幸い、ガラバンダルが聖とされる日2にロザリオを祈る者、ひざをかがめて聖母をたたえる者は幸い。皆と一つになって、私の平和と愛の十字架を担う者は幸い。ペトロに立ち帰る私の羊たちは幸い。へりくだって私を模範とする者は幸い。私のおきてに従って、私があなたたちを愛したように互いに愛し合う者は幸い。私の証しを担い、私の名誉を傷つけない者は幸い。
 ヴァスーラ、私の魂の愛する者よ、信仰を持ち、私に信頼しなさい。私はあなたの天の教師。決して私の言葉を疑わないように。来なさい、あなたは弱い、さあ、あなたの力である私にり頼みなさい。

はい、主よ、あなたが必要です。あなた無しにはやっていけません。

私を愛しなさい、私を切に求めなさい。私の天国となりなさい。ああ、ヴァスーラ、今は私のために犠牲を献げているが、間もなくあなたを私のそばに置く。

その日を待ちこがれています。

そばにいなさい。あなたに尋ねたいことがある。

はい、主よ?

私のために、ヴァスーラ、私のために、ロザリオを覚えてくれないか? いつも私の母をたたえてほしい、私のためにそうしてくれるか、ヴァスーラ?

はい、主よ、喜んで覚えます。主よ、覚えられるように助けてください。

これこそ、ロザリオを知らないすべての者から聞きたいと私が切望しているものだ、それと同じ言葉、すなわち、「はい、主よ、喜んで覚えます。主よ、覚えられるように助けてください」。あなたたち皆に教えてあげよう、喜んで覚えたい者に。
 さあ、娘よ、私のうちで休みなさい。あなたを決して見捨てはしない。

(イエスは私がどんなに主に思い焦がれ、この世で苦しんでいるかを感じていらっしゃったに違いありません。「神を熱望する」波がまた押し寄せて来ました。主のいけにえとなり、完全にこの世から離脱したいという思いの波が。気持ちが揺れ動いているようです。でもここにとどまるなら、主の新しいパンを決して拒むことのない小羊たちを何人か、「養う」ことができるかもしれません。何人かの魂が新たに戻って来て、主をお喜ばせすることができるでしょう。主と共にいることも私にとってすばらしいことなのですが。何が一番良いのでしょう?)

聖なる御母は私の言葉と結ばれた聖櫃

1987年12月26日 ノート19

(12月25日から26日にかけての夜、イエスはガラバンダルとファティマのメッセージの重要性と、それらが類似していることを強調しておられました。その晩は休むことができないほどでした。そのメッセージが耳の中で繰り返し響き続けました。イエスは御自分の現存を強調しておられたのです。)

ファティマの聖地はガラバンダルの聖化を求めて叫んでいる。私は時のしるしを読み取るようにあなたたちに教えたが、そのしるしを探しているか? どうしてしるしが見分けられないのか? 感覚を失ってしまったのか? なぜ心を閉ざしているのか? どうして見るのを拒むのか? どうして聞くのを拒むのか? 私の言葉を忘れてしまったのか? なぜ同じ過ちを繰り返すのか? 愛する者たちよ、「私の言葉と結ばれたせいひつ」であられる聖母がお与えになったガラバンダルのメッセージに対して、なぜそんなにも敵意に満ちた攻撃をするのか? ガラバンダルの出現とメッセージに対する聖職者たちの反対は、すべてサタンの計略によるものである。ファティマの時のように、サタンはもう一度、私のメッセージが世界に広まるのを妨げようとしている
 あなたたちには分からないのか、ガラバンダルの聖母を通して、ほんの子どもに過ぎない者たちに示された私の救いの計画の価値を知っているサタンが、またしても私の計画を消し去ろうとしていることを? そうやって、あなたたち皆を暗闇に置き去りにしようとしている。あなたたちの聖母を打ち負かそうと、サタンは今までにないほどに攻撃を倍加し、ファティマの救いのメッセージの続きとなるこれらの出現を、私の教会が否定するように策を講じている。サタンは、怒りに震えながら、私があなたたちを養うのを妨げようとしている。
 私の救いの計画ははっきりしている。私は私の子どもたちをあがなうために来た。私の声を聞き分けなさい! 私がどんな道具を使おうと、驚いてはならない。私は何も知らない、無に等しい者、空白のカンバスを選んだ、それはその布地1に描かれる作品が私から来ることが明らかにされるためであり、また、今回語りかけているのが私、イエス、神の愛する子であることをあなたたちが信じるためである。あなたたちの間には私の王国がある。
 私のアベルたちよ、あなたたちは再び私を見分けるだろう。ああ、愛する者たち、どんなに大切に思っているか! 間もなく私の計画を明らかにしよう。

主よ、聖職者たちが御声を聞き分けなかったら、そうしたら主よ、どうなりますか?

ヴァスーラ、それはあなたの尋ねることではない。ちりと灰よ2。私が望むようにあなたを導かせなさい、そういうことは私に任せておきなさい。

はい、主よ。

ああ、子よ、誤解しないでほしい、私は愛である、受け入れることを学びなさい。さあ、私たちで共に? あなたのともし火に油を注ごう。

はい、主よ、愛をもって私を世話してくださることに感謝します。

さあ、行こう。

私はあなたたち皆を一致させに来た

1987年12月23日 ノート19

私の神よ、プロテスタントの人たちはショックを受けるでしょう!

(まだこのことを乗り越えられていません。)

ヴァスーラ、彼らが変わるのをもう何年も待ってきた。今は私の望みを自由に書かせてもらいたい。

でも、ショックを受けるでしょう!

いいか、自分に都合の良いときだけ私の言葉を聞き、私の言うことが自分に合わないと耳をふさいでしまうことができるだろうか?

そうすると、彼らはこのすべてを即座に否定してしまうでしょう! 一部分だけをより分けることなどできないのですから。これは、あなたが語っているのではないと主張するでしょう。

もしそうするなら、私を自分たちの神として認めないことになる。

主よ、あえて言わせてください。それは彼らにとって厳しいことではないでしょうか? あなたを神として認めていないとは感じないでしょうし、結局はあなたのことを愛していて、あなたを確かに礼拝しているのです、主よ。

ヴァスーラ、私はあなたたち皆を一致させるために来た。私の弟子であれば、誰が私の訴えを退けるだろう?

はい、誠実ならそうはしません、主よ。

あなたがくれたその言葉で、すべては言い尽くされた。「誠実なら……」、彼らは聞き入れるであろう。
 あなたたちを一つにできるよう、皆を照らし、光を注ぎに来た。だが、ヴァスーラ、とても悲しいことに、自分の行いが悪いゆえに、光よりも闇の方を好む者たちがいる、彼らはその行いが明るみに出されるのを恐れて、光の方に来ない。だが私に献身し、私のわざを誠実に認めて私に従う者たちは、その行いが明らかにされることを恐れず、私の光の下に来る。その行いが、神である私に導かれてなされたということが明らかになるために。
 私の言葉を住まいとする人は、確かに私の真の弟子となると私は言った。その人は真理を知り、真理はその人を自由にする。そして今、私はこう言おう。私の今日こんにちの言葉を信頼する人は、確かに私の真の弟子となると。その人は真理のうちにある誠実さを知り、真理はその人を自由にする、そして彼らは愛のうちに一致し、私の栄光をたたえることができるようになる。
 私はあなたたち皆のもとに来て、自らの心をこの手に携え、それを差し出している。だが私の訴えにもかかわらず、多くの者が、心のかたくなさゆえに、私を拒絶し、私を神として認めない。私を愛していたなら、私の訴えに耳を傾けたはずだ。聞くのを拒むのは、彼らがもう私の子どもではなくなってしまったからだ。彼らの知恵が、彼らを盲目にしてしまった。だがはっきり言っておく、私の羊は私の声を聞き分ける。私の声を聞き分けない者は、もはや私の羊ではない、私の全能を信じていないからである。
 私の小羊たちがちりぢりになり、私の体が損なわれているのはどうしてか知っているか? 私の教会の中で不調和が君臨しているのはどうしてか知っているか? それは彼らが夜の間、自分たちを導く明かりを持たずに歩んできたからだ。光である私を探し求めなさい、そうすれば私があなたたちを導こう、偏狭さや頑固さを捨て去りなさい。柔和で謙遜であるように。心を開き、私のいのちのしずくで満たされなさい。私はあなたたちを愛する良い羊飼いである。
 ヴァスーラ、私に話しかけなさい。あなたの聖なる道連れとして接してくれるように。

そうします、私の神よ。主よ、あなたを愛します。の栄光をたたえたいと願っています、主よ。

愛する者よ、私は私の名に栄光を与えた、そしてもう一度与えよう。私の統治は永遠に及ぶ。
 さあ、勇気を、娘よ。私が共にいる。

天の元后を尊びなさい

1987年12月22日 ノート19

ヴァスーラ、私の教会を一つにする時が来た。もう一度一つになりなさい、愛する者たちよ、このいにしえの廃墟を建て直しに来なさい、私の古い土台、私自身の手で築いた土台を建て直すように。私の母を尊びなさい、神の言葉である私が、誰にもまして母を尊んでいるように。私がそうならば、ちりと灰に過ぎないあなたたちが、御母を天の元后として認め、尊ぶのを私が望まないだろうか? 被造物が御母の大切さをほとんど知らないのを見て、今日私は嘆き悲しんでいる。ルターの名の下にいる者たち、また自らを完全に孤立させてしまった者たちは、ペトロのもとに戻らなければならない。

主よ! 彼らはショックを受けるでしょう!

ヴァスーラ、私は彼らのひざをかがませて、私の母を敬うようにさせる。主である私が語っている。彼らをかがませよう! そうしたなら、彼らを私の光で照らし、立ち上がらせよう! あなたたちの幹を強める、あなたたちはうるおされた園のようになるだろう、水の決してれない泉のように。私は再び土台を建て直す。
 来なさい、愛する者よ、あなたの上に私の言葉を刻めるよう、今のように、柔軟で素直になりなさい、さあ、私の聖なる現存を決して忘れないように。

はい、主よ。

私が教会を掃き清める

1987年12月21日 ノート19

私の神、正しいお方よ、私が無に等しく、このように全く無能な者であっても、私の望みはあなたによって植え付けられたものです。それはあなたの望みです。が尊ばれますように、小羊たちが再び集められて、あなたを認め、天の御母を認めますように、御母の統治は永遠に続き、悪に打ち勝つことを認めますように。私はあなたの利益だけを追い求めます……

そうだ、ヴァスーラ、私の利益だけを追い求め、本物になりなさい、ある者たちのように、ただの見せかけの聖性ではなく。主である私は、その者たちを知っている、どれほどアベルを装おうとしても、私を欺くことはできない。仮面を付けても、自分たちの正体を隠す助けにはならない。はっきり言っておく、今回は、あなたにその欺く者たちを指し示そう。私は思いがけない時に彼らを訪れる。私の家に、どうしてカインをいさせておくのか? 私の利益ではなく、自分の利益しか求めない者たちを? 天の力によって、彼らの化けの皮をがそう。隠されているものをを明らかにする。恐れることはない、愛する者よ、私の教会は、私がきれいにする。聖なる愛への道をふさぎ、私のみこころに入るのを妨げる者たち全員を一掃しよう。分かるか、ヴァスーラ、私の杯は苦い、この世は私に背いている、愛する者よ。あのカインらは道をふさぎ、巨大な岩を置いて、小羊たちが私のもとに来る通路を邪魔している。彼らの手はからで、小羊たちに与えるものは何もない、もはや何も。ヴァスーラ、私の魂に祝された者よ、私に付いて来なさい。あなたを導こう、失望してはならない、今さらあなたを見捨てるだろうか?

はい、主よ、あなたにしっかり付いて行きます。愛するお父さん。

さあ、手を取りなさい、決して離さないように、私から来るものをすべて受け入れなさい。

愛はサタンの化けの皮をがす

1987年12月19日 ノート19

私は愛である。
 彼らに伝えなさい、彼らに伝えなさい、ヴァスーラ、誠実さが悪に勝利すると、謙遜は悪魔を弱体化させ、愛はサタンの化けの皮をがすということを。

(しばらくして)

ファティマの聖地は償いを求めて叫んでいる! 私のもとに戻って来なさい、被造物よ! 来て私を受け入れなさい、被造物よ! 来て私に祈りなさい。もう罪を犯してはならない。私を信じなさい、疑うのではなく。来て悔い改めなさい。来て私を受けなさい。聖なる者となりなさい、ヴァスーラ。ああ、ヴァスーラ、被造物を私のもとに連れ戻すように! 祭壇よ! 私の炎をあなたに注ぎ、愛で燃え上がらせよう。私の栄光をたたえ、私の利益を追い求めなさい。他の者たちのように、自分自身の名誉や栄光を求めてはならない。

主よ、前にも言いましたが、もう一度言います。私はあなたの利益だけを追い求めます、主よ、そして、あなたの栄光がもっとたたえられることだけを。私の意志をお取りください。私をあなたに明け渡しました。

そう、ヴァスーラ、私の渇きを満たしなさい。私を王として扱いなさい。あなたの神である私を尊びなさい。私に逆らってはならない。あなたの中にいる私の現存を尊ぶために、あなたの体を聖化しなさい。愛する者よ、来なさい、隠されたものはすべて、間もなくあらわにされるであろう。私の神聖な手が覆いを持ち上げ、隠されていたものをすべてあなたたちに現そう。ガラバンダルはファティマの続きである、そして「私はある」ゆえに、私の統治は永遠に及ぶ。私はアルファであり、オメガである。
 あなたたちをどんなに愛しているか、被造物よ! 私自身の者たち、私の子どもたち、愛する者たちよ、来なさい、私の広げた両手の中に入って来なさい。あなたたちの父のもとに戻って来なさい!

(神の声は愛に満ちあふれていました。まるで懇願しておられるかのようでした。)

あなたを愛している。
 聞きなさい、ヴァスーラ、あなたが私のアベルたちの中にいるとき、私もそこにいる。あなたの耳元に教えをささやこう。与えるべきパンがある。私のパンは聖なるもの。私の倉から取り出したほんのわずかなパン種だけで、練り粉全体を膨らませるのに十分であった。今やこの練り粉は私の新しいパンである、だからあなたたちの古いパン種を取り除きなさい。それはもはや効き目を失っている、愛する者たちよ、来て私の新しいパン種を使い、いつも新しい練り粉のままでいなさい。それは口に甘く、私の小羊たちを引き寄せて養うであろう。私が聖化したパンを尊びなさい。誠実さと真理と愛のパンを。私を喜ばせてほしい、愛する者よ。小羊たちに私の新しいパンを味わわせてほしい。彼らの間で配り、大勢の飢えた者たちに食べさせなさい。満腹するまで食べさせてあげなさい。知者の議論に私が納得することはない。感銘を覚えることもない、だからあなたも感銘を受けないように、娘よ。私の意図は、ちりぢりになった私の小羊たちを連れ戻すことである。彼らを愛のもとに連れ戻しなさい。
 私の名を印すように。

イクトゥス

私の教会は混乱のうちに治めている 裁いてはならない

1987年12月12日 ノート19

私の神よ! 今私が非難されていることは、もう御耳に届いているに違いありません、主よ。エホバの証人たちが私を非難するのは、これで三度目です。前の二回は、これは悪魔のわざだと言われました(メッセージを読みもせずに)。そして今度は、私をかつて堕落した悪魔の子孫だと言うのです! 主よ、なぜなのでしょう? どうしてキリスト者たちは、互いにこうも違っているのでしょうか? 何がおかしいのでしょう?

私の教会がこれほど混乱していたことはない。あなたの聖なる母の言葉を思い出しなさい。

「ガラバンダルの混乱は、今日の教会がどれほど混乱しているかを示す一つの例えとなるものです。混乱が広がっています」。

私の神よ、とても悲しいです、本当に悲しい、主よ。

あなたは私を感じるがゆえに嘆き悲しんでいる、だんだん私のことが分かってきている。私が何によって苦しむかにあなたが気付くとき、どんなにうれしいか。ヴァスーラ、私は彼らも愛している、だが彼らはサタンによってすっかり間違った方向にれてしまった。サタンが目をくらませたのだ。目の見えなくなった彼らを別の道へと連れて行き、彼らはだまされたまま、天の元后である私の母を軽んじるだけでなく、私のペトロも、そしてすべての小羊たちのためにペトロに授けた権威をも軽んじた。彼らは私の花々をも迫害し、私が今日行っているあらゆる天のわざを非難する。サタンは、どんなものでもあなどるように彼らを仕向けてしまった。彼らは分かっていない。サタンは彼らが真理を把握するのを妨げ、彼らの教義があなたたちの間に侵入している、愛する者たちよ、そして彼らこそ、私が警戒するようにと言っていた者たちだ1。この者たちは、子どもたちに与えた私の恵みを「サタンのわざ」と呼ぶのを好み、あなたたちの聖なる御母を否定する。
 ヴァスーラ、あなたに任されているのは、決して彼らを責めることではない、代わりにこう言うことを覚えなさい。「主が裁き手となられ、その誤りを正してくださいますように」と。
 愛する者よ、時の終わりが間近に迫っている。あなたたちにしるしと警告を与えると言っておいた。私の土台2をあざ笑い、自分たちの教義にしか従わない彼ら3を見て、私は苦しんでいる。彼らはあのカイン、私のアベルにとって危険な者たち。私の家で成長したいと願う者にとっての障害。私の民を誤った方向に導く惑わしのたいまつ、硬くなった岩である。彼らは私の土台に反逆している。心の中にカインに由来する教義を受け入れてしまった彼らに、どうして私が地上の王国を与えるだろうか?
 あなたたちをよみがえらせよう、そしてあなたたちの魂は私のもとに来るであろう。私の腕の中に! あなたたちは地上では過ぎ行く影でしかなく、最初の雨粒で洗い流されてしまう小さなちりに過ぎない。私自身がこう言わなかっただろうか? 「私の父の家には住む所がたくさんある。私はあなたたちのために場所を用意し、私のいる所にあなたたちもいることになる」と? 魂たちが来るのは、私のもと、私の家に来るということ4! ヴァスーラ、彼らは私の土台に対して策略を練っている。私の領土を根こそぎにしようとしている。あなたを愛している。泣いてはいけない、花よ。

(イエスが悲しんでおられるのを感じると、私も悲しくなるのです。)

あなたに私のいばらの冠をかぶせよう……そして、やりは彼らの間にある。私の家に対して陰謀をたくらみ、会合に会合を重ねて、ペトロを葬り去ろうとしている!

ああ、神よ、まさか! だめです、主よ!

共に集まりなさい、愛する者たち。私の教会をもう一度強めるように。一致しなさい、愛する者たち、もう一度一緒に集まるように、一つになりなさい。花よ、目を覚ましていなさい、
 愛があなたたちをあがなう、私の愛する者たちよ。さあ、花よ、開きなさい。開いて、私にいのちのしずくを注がせなさい、それはあなたを立ち上がらせ、私の敵を踏みつぶすほどの力を与えるであろう。覚えておきなさい、私、主イエス・キリストがあなたの前にいることを。

(このメッセージで、とても心配になりました。)

彼らが聞いてくださることを切に願います。事は差し迫っています!

あなたを惨めさの中に見いだした

1987年12月11日 ノート19

花よ、私があなたの救い主、イエスであることを決して疑わないように。私があなたを見つけた場所を、振り返って見てみなさい1。今なお私の子どもたちが多くいる、そのみじめさの中であなたを見いだした! さあ、ヴァスーラ、この十字架が見えるか?

(イエスはエルサレム産のオリーブの木の十字架のことをおっしゃっていました。それは今、私のすぐ近く、ノートの上にありました。夜の間、手から離さずに持っている十字架です。)

そうだ、私のヴァスーラ、今それを手に取りなさい。私の唇のところまで持ち上げなさい。そう、持ち上げて。

(私がイエスの聖なる御唇までそれを持ち上げると、イエスはそれに大変優しく口づけされました。)

あなたも口づけしたいか?

(そうしました。)

今度は持ち上げなさい。それを祝福した…… あなたたち皆を大切に思っている、愛する者たちよ。

私の子どもたちは飢えている

1987年12月11日 ノート19

イエス様?

私だ。

イエス様、どうして司祭や神学者のような方たちよりも、メディアの方たちの方がたやすく信じてくれるのでしょう。この質問を私になさった時のことを覚えておられますか、主よ?

覚えている。

第一巻を読むと、残りが読みたくなり、彼らのほとんどが、第一巻を読んだ後には、ひざまずき、祈るようになります。人生でこれまで祈ったことのなかった人でさえ。すばらしいです!

ヴァスーラ、私の子どもたちは飢えている。私のパンを見ると、彼らは飢えを癒やすために、それをつかみ取る。もっとほしくなり、さらに求めて私のもとにやって来る1と、私は持っているものをすべて与える。

けれど主よ、一度か二度あったことなのですが、それを読んだ人たちが喜びのあまり、司祭も喜んでくれると考えて、分かち合いたいと思ったのですが、司祭に全く関心を持っていただけなかったのです。実際、司祭たちはこの人々を失望させてしまいます。

ヴァスーラ、その者たちこそ私を傷つけ、繰り返し繰り返し私を刺し貫く者たちである。私の弟子たちが私を拒絶するのを見て、私は耐え難いほど苦しんでいる。彼らには私の小羊たちに与えるものが何もない。

それでも主よ、司祭たちの否定的な態度や、熱意の欠落にもかかわらず、彼らは落胆しません。あなたと再び出会い、そこに平和を見いだすからです。けれど、このようになってしまうことに心を痛めています。司祭たちがご出現のことを何もご存じないのが分かるとなおさらで、どうして教会はこのことについてもっと語らないのかと不思議に思うのです。彼らの一人の意見では、そういうことは小さな声で、しかも内輪の話だけにしておくものだと言うのです。

そうだ、ヴァスーラ、私の聖職者たちは、今日の私のわざを押さえ込んでいる。娘よ、既に言ったが、もう一度言おう、彼らは知識の鍵を握っていながら、自分が入らないばかりか、入りたいと思う者の誰をも入らせない! 懐疑やさい心、頑迷さによって、道をふさいでいる。子どもとしての彼らを、私は失ってしまった。自分たちの知恵によって目が見えなくなり、私への道を見失ってしまっている。
 ──愛する者よ、今あなたがしなければならないことをすべて2犠牲として献げ、私と共に祈りなさい。

はい、イエス様。

「御父よ、
彼らが平和について話し合うようになりますように、
彼らの不誠実さをおゆるしください、
御父よ、もし彼らが私を迫害したら、
傍観していないでください、
来てください、私を守りに来てください3
私の味方でいてください、
彼らを照らし、彼らに教え、
間違いに気付かせてあげてください、
あなたは正しいお方、
むしろ彼らの上に輝いてください、
彼らがこう言ってあなたをたたえますように、
『御自分の子どもたちが平和であるのを見たいと望まれる
いと高き私たちの神は偉大、
私たちを一致させるためにくだってこられた主に賛美、
今日のわざを告げ知らせるために来られた主に賛美』。
アーメン。」

さあ、愛する者よ、後でまた会いに来なさい。今は私の現存を覚えておきなさい。愛している、娘よ。

はい、主よ、覚えておきます。