私と親密であってほしい 私の羊飼いたちは清くあってほしい

1989年1月17日 (ノート30)

(自分は後退していると感じます、そこでイエスに祈りました、私を引き上げてくださるように、そして主を識別してみ声を聞くように教えてくださった黙想の仕方を思い出させて下さるようにと)

イエスよ?

私である。

花よ、どのように黙想し、私の声を聞くかを思い出させよう。私、みことばは、あなたに霊感を与え、英知をもって教え導く。心を開きなさい、心をすっかり開いて、私の霊が満たすことができるようにせよ。そうだ、黙想しなさい、それ以外に、どうやって私に届くことができるだろうか? 沈黙のうちにあなたの魂を私にまで引き上げなさい、信仰をもって。あなたの意志を私、あなたの父に献げなさい、そうするなら、あなたの必要を知る私が導き、養う。それゆえ働きなさい、小さな者よ、もっと熱心に取り組むように。

主よ、やってみています。

私と話して、喜ばせてほしい、私に祈るように、祈りなさい、祈りなさい、求めているのは祈りだけだ。

あなたと共に書くことも、祈りの一つの形ですか、主よ?

そう、なぜなら、あなたは私、全能の神と会話を交わしていることになるからだ。一緒にいる時を喜んでいる、あなたの神、私と絶えず結ばれるよりも素晴らしいことがあるだろうか? 私は今あなたと結ばれている、私とあなた、あなたと私、共に愛の一致のうちに。

ああ、ヴァスーラ、平和を、私の子よ。このメッセージをすべて、あなた自身で書けたなどと想像できるだろうか? 私は少しの間だけ、私の顔を隠した、私なしには、あなたは知恵の言葉を一語でさえも書くことができないことを感じさせ、分からせるために。私は啓示である、語りかけ、与え、教え、隠されていたことを明らかにし、よみがえらせ、神を持たない人びとを養う。

私のヴァスーラ、私と共にいて幸せか? あなたが誰のものか分かって嬉しいか? 私は神、生ける神、あなたの創造主。私は愛、私はあなたの父、今語りかけている、私は至聖なる三位一体。私に身を献げなさい。

あなたが全くの無であるにも関わらず、私はあなたを追い求めた、恋人が乙女を追うように。私を愛し、私のわざを分かち合うようにと説得した。あなたが何者でもないことを気にしてはいない、私は自ら充足している、しかし、私はあなたを私の光のうちに置くことを喜び、私の広間に置くことを喜びとする。あなたを養い、飾るのを喜びとする。私の子よ、分かるか? 私を悲しませないでほしい1、父親はいつも子どものそばにいるものだ。私といつも親密でいなさい、だが私が聖であることを決して忘れないように。あなたを愛している、聖い心で私を愛しなさい。

私の掟を尊びなさい、掟を尊ぶなら、私を尊ぶことになる。私の掟を愛しなさい、掟を愛するなら、私をも愛することになる。私の掟に従いなさい、掟に従うなら、私に従うことになる。私の掟は、あなたを私の家にいる私のもとに導く、そこはあなたの家でもある。 私に信頼しなさい、私の力は大いなるものだからだ、「私たち」?

永久に、主よ。

私を称えなさい。

主よ、あなたに読み上げる賛美の章を聖書の中から見つけてください。

そうしよう、聖書を開きなさい。

(そうしました。開いたところはダニエル書3章52─90節でしたので、主に向かってそこを読み上げました。主は喜んでくださいました)

(祈りの集いのためのメッセージ。2月17日のために書かれました)

あなたたちに平和があるように。私の言葉は光である。私の言葉は平和であり愛である。私の言葉は一致であり希望である。私のもとに来て、もっと頻繁に私の言葉を読みなさい。

愛する者たちよ、私はイエス、慈しみ深い者、あなたたちの救い主イエスである、私の言葉を刻むために、この弱い道具を通してくだっている。私の無限の愛とあり余るほどの慈しみゆえに、この暗やみの中に降っている、あなたたちに私の霊を注ぐために、この荒野と不毛の地に降っている。被造物よ! この乾いた土地をかんがいし、渇いた大地に川を通すために私は降って来た。私の祝福を、夜明けの露のように、あなたたちに注ぐために降って来た。この悪のすべてを一掃し、不正を根こそぎにして、平和と愛に置き換えるために来た。今日、私の唇は愛に飢えて渇いている、あなたたちの愛が必要だ、私は愛に渇く、愛に渇く……私の聖心はどれほど、あなたたちに私を愛することを学んでほしいと願っていることか! あなたたちがいつの日か愛の頂点に達し、「お父さんアッバ!」と叫ぶのを、どれほど聞きたいと願っているか! そうするなら……それだけで、私の傷は癒えはじめるだろう……

私の司祭たちが、私の無限の愛から汲み上げ、彼らの心を満たすことをどれほど待ち望んでいることか! 彼らに対する私の愛は大きい、あまりに大きいため、天国に入るまではその豊かさを理解できないだろう。献身を旗印とし、忠実さを松明に、清さを礼装に、そして愛を紋章としなければならない。そうすれば子羊たちは彼らのうちに私を認め、私の姿をはっきりと見ることができる。私の羊飼いたち、彼らには清くあってほしい、そうするならその清廉さのうちに、彼らの果実は完全となる。

私の聖心を歓喜させ、掟を完全に守りなさい。愛するとは私の掟に従うこと。互いに愛し合いなさい。ああ、私の光の子たちよ、私のことばを生きなさい、私のことばを生きなさい …… 私の平和を受け取ってあなたたちのうちに置きなさい、愛を受け取ってあなたたち自身を満たしなさい。もしあなた自身を私に開くなら、あなたをすっかり新しくしよう。私を信頼し、私のところに来なさい、あなたたちから新しい国を、清らかな国を作り出そう! 私のメッセージを生き、私のメッセージを黙想しなさい。

愛をもって私のところに来なさい、私の足跡をたどりなさい、それは私の家の中まで続いている、そこはあなたの家でもある。恥ずかしがってはいけない、たとえ不完全であっても、私はあなたに腕を広げよう。たとえあなたの愛が生ぬるくても、私の腕の中に倒れて来なさい、そうすれば愛の主である私が、私を愛するように、互いに愛しあうように教えよう。

私のもとに来なさい、私を愛さない者であっても、あなたたちをゆるした。来なさい、そうすれば癒やそう。見ないで信じるあなたたちは皆幸い、私の小さな魂たちは幸い、そのような者たちを特別に愛しているゆえに。小さく単純なままでいなさい、決して何者かになろうとしてはならない。小さなままでいなさい、私の聖心の深淵に忍び込むことができるように。幼子のような信仰を持つ子どものようでありなさい、これこそ御父が喜ばれることだからだ。

決して祈りを止めてはならない。私を喜ばせ、心から祈りなさい。一致、私の体の一致のために祈ってほしい、教皇と総主教のために祈ってほしい。すべての司祭のために祈ってほしい、ペトロに導かれていない羊が、ペトロのもとに戻って和解するように祈りなさい。一人の牧者のもとに一つの群れとなるように祈りなさい。あなたたちの間に平和、一致と、より大きな愛があるように祈りなさい。一つの聖櫃を囲んで私を賛美できるように祈りなさい。一致して、愛する者たちよ、一つになりなさい。御父と私が一つであり、同じであるように。

あなたたち皆を祝福する。

  1. 親しみ易さと親密さのために、ほんの一瞬、話しておられるのが本当に神であられるのか、突然の疑いがわいてきました。これが主を傷つけてしまったのです。