私は英知、そしてあなたの教育者

1989年6月21日 (ノート34)

主よ?

私です、祈りを決して絶やさないように。私の指示に従いなさい、愛する者よ。あなたの神、私にいつでも応えられるようにしておきなさい、魂に欠けたものを提供しようと、私はいつもそばにいる。知恵が欠けているか? 無償で知恵を教授しよう。頑張りか? ならば魂を熱意で満たそう。忍耐か? 私の忍耐を与えよう。自らと他の人びとをあがなう、我慢強さか? 私からそれを吸収させよう。愛か? 私自身があなたの心を満たそう。平和か? 私の平和はあなたたちの平和である。ああ、私の子よ! 魂を養えるこれらの恩寵を、どうしてもう尋ね求めないのか?

どうしてかよく分かりません……

覚えておくように、私は英知、そしてあなたの教育者、私に頼っていなさい、今まであなたや他の人びとの魂を養ってこなかったか? 預言のように教えをこれからも降り注ぐ、私に信頼し、探し求め、ともに歩み、私に従い、愛し、礼拝しなさい。私は常に現存する、だから安んじているように。私はあなたに臨む権威と秩序、ああ、私の子よ、永久まで愛している、私のやり方を理解しようと、思い煩わないように、自らを煩わせるなら、終わりのない迷路に引き込まれてしまうだけゆえ、私のやり方はあなたのとは違うとだけ、分かっているがよい、そして、本当に、その違いは大きい! 心穏やかにして、与えるものを受け入れなさい、あなたの上に指を置かせたままにさせてほしい、私とあなたは、愛のうちに一致して、来なさい、「私たち共に」?