私は聖さを愛する 創ったものの中に私を見出しなさい

1988年5月10日 (ノート24)

わが主よ?

私である、私によりかかりなさい、私はあなたの平和。さあ、誘惑に負けないように、私から学び、私のやり方を思い出しなさい。祈り、祈り、祈って、唇から放たれたどの言葉も、香のように天に届く祈りとなるように。私と絶え間ない繋がりを保ち、心を引き上げ、私だけを思っていなさい、あなたの持つすべての良いものは、私が与えた、あなたを生き返らせて。書きなさい。

(イエスはそばに座られ、肩に手を置かれました)

私はあなたを形造った、あなたたち皆を腕の中に包んでいる。花よ、話しかけなさい、私との会話が減っている、あなたにすべてを与え、あなたと私のわざを分かち合っている、同じことを私に対してもしてもらいたい、私は聖なる仲間、伴侶、あなたの日々の行いを、分かち合いたい! 私のヴァスーラ、口を開いて何かを言うときは、どの言葉も聖なる言葉となり、祈りとなるように、絶え間なく祈り続けなさい

どうやって、主よ、どうしたらそれが可能ですか、主よ?

教えよう、あなたの姿勢、考え方、願い、瞑想、反省、奉仕の行い、必要なもの、すべてが祈りとなるように、わが似姿よ、与えられたどの領域も、心を聖とする恵みをあなたのうちに息づかせるはずである、この聖さは私が与え、どの魂にも備わっているが、この聖となる恵みをどう用いるかを魂たちは忘れてしまった。あなたたち皆の中で今は眠ったままのこの恩寵を、私は活気づけよう。私は聖さを愛する。

ではお恵みによって、主よ、聖くしていただけますか?

愛する者よ、そうする、どの魂にもそう望む。主である私はこの道をあなたに選んだ、沈黙のうちに神である私を礼拝し1、私とあなたは、人から離れ、私のために生きる。私の創ったものを楽しみなさい、私を愛し、創ったものの中に私を見いだしなさい、私の被造物を愛しなさい。ヴァスーラ。

(イエスは私をご覧になりました、しばらくじっと、手を組み合わせ、肘は膝の上にあり、手を下げたまま。その聖なるみ顔で私を見ておられます、主の髪は長くゆるやかに流れ、赤味を帯びた、輝きのある淡い栗色がかった金髪です)

ヴァスーラ?

はい、主よ。

心を与えてくれるなら、私の聖心の内奥に置く、聖心に入って来なさい……聖心に入って来なさい……ここに入るように(イエスは聖心を人指し指で指されました)ああ、来なさい! あなたが生まれた時から呼んでいた! あなたの場所をとってあった、ヴァスーラ! ヴァスーラ!

主よ! 私の心はすでに差し上げてあります、私の人生、すべては主のものです!

ああ、ヴァスーラ、私の意思を分かろうとし、心臓の脈打つ音を聞きなさい、どの鼓動もあなたへの呼び掛けである。どうして私に抵抗するのか?

主よ?

私です、

主よ、お耳に、あることを話してよろしいですか?

聞いている。

(ここでイエスにあることをお話しました)

聖心に入り、憩うように

(ここで別のこともお尋ねしました)

そう、それでよい。愛している。

お愛ししています、主よ。

後ほど

ある人々が、聖マリアを神の母として受け入れるのを拒んでいることを、いつもとても悲しく思います。あまりに辛く感じて、マリア様のために泣きました。お慰めしたかったのです。サタンが攻撃します。

ヴァスーラ、涙を流すんじゃない、あの殉教者たち全員を憎悪する。

行け! サタン、退きなさい! 見えないところに行きなさい、サタン。

主よ、イエス様?

私である、あなたと、そして私の聖なるやり方、あなたに教えているこの道を、悪魔がいかに蔑んでいるかをときどき見るがよい、私の母に対する愛の涙は、悪魔を猛烈に怒らせる。私の家を住まいとし、聖なる御母を「神の母」また「天の元后」として認めることのできる者は幸い、さあ、愛する者よ、祝福を受けなさい2。私のヴァスーラ、あなたを祝福する。

主を祝福します、イエス。(私は主の聖なる頭に触れました)教えを、ありがとうございます。

さあ、忘れないように3! 分かち合おう! 「私たち」!

はい、主よ「私たち」。

  1. 神は私に観想の恵みをお与えくださいました。このためには一人でいる必要があります。
  2. イエスは立ち上がり、私の頭に手を置いて祝福してくださいました。
  3. ちょうど指で教師のような仕草をして、そうおっしゃいました。