私を忘れないでほしい

1990年12月30日 ノート48

主よ、そして救い主よ?

私だ。私のために働き、私を悦ばせなさい。私に向かって祈り、私を忘れないでほしい。来なさい。

今日みどりごが生まれた

1990年12月25日 ノート48

(クリスマス)

私は兄弟たち1にあなたの御名を告げ知らせ、
集会であなたを賛美します2
彼ら3が好むと好まざるとにかかわらず。

娘よ、あなたたちの多くは平和への道、一致への道を知らない。だが落胆しないように。私に希望を置きなさい、すぐにあなたたちを慰めに来る。そしてあなた、私の子よ、あなたの懇願4は、天において皆に聞かれた。私はあなたたちを一つにするためにやって来る。私の言葉が与えられ、私の意志が実行される。その間に、あなたが知らなかった民を集め、私が与えた指示を彼らに与えなさい。時折『賢者』たちが、あなたたちが私を父と呼んでいることを非難するなら、今日、ひとりのみどりごがわたしたちのために生まれ、その名は「驚くべき指導者、力ある神、永遠の父、平和の君」5であることを彼に思い出させなさい。

自分たちを律法の博士と呼ぶ者たちのために祈りなさい、彼らの霊がへりくだった貧しい霊となるように。すべての国の民が私の光に近づき、彼らの心を浸食している復讐心がはぎ取られ、彼らの心を私の平和で包むことができるように祈りなさい。東が西と、北が南と和解するように祈りなさい。ある私の羊飼いのたちを捕らえたこの過度の高慢と高ぶりが、へりくだりに取って代わられるように祈りなさい。私が「あなたがたの中で偉くなりたい者は、皆に仕える者になり、いちばん上になりたい者は、皆の僕になりなさい」6と言ったことを彼らが理解するように祈りなさい。

あなたの主である私に倣いなさい。そうすればあなたは生きる……

ヤハウェが共にいる

1990年12月23日 ノート48

ああ、お父さま、乾いた土地のようにあなたを渇き求めます。憩いと慰めをいただくため、今しばらくお膝の上に置いてください。慰め溢れる御心に包まれたように感じさせてください。あなたのぬくもりが必要なのです。

私の心に頭を休ませ、そこで憩い、慰めを受けたと感じなさい、……アッバが世話をしている。アッバはそばにいるあなたを喜んでいる。私の心に頭をよりかけ、私の子よ、この心の願いに耳を傾けなさい。私の心は他の子どもたちの愛を、いまだに探し求め、恋い焦がれ、請うている……(数秒、間があいた後)子よ1? アッバを慰めるために、何をくれるか?

2ああ、主よ、何でも。私の愛、意志、心と魂を。

それに?

いのちを、お望みにたいするあがないとして。

では私の膝から降りて、私の名において証しをしに行きなさい。行って、私の大いなる愛を国々に知らせてほしい。私の約束は達成を間近にひかえ、私の再臨が差し迫っていることを皆に思い出させなさい。新しいエルサレム3がもうすぐ訪れる。私は教会と私の民を刷新する。そこで、私の子よ、私の膝から降りて、世に出て行きなさい、……私のために…… この愛を世に知らせ、私がどれほど私の子どもたちを愛しているかを、世に悟らせなさい。事実、あなたは私を探してはいなかったが、私があなたを見い出し、私の大いなる日を前にして世界へと遣わした。あなたを形造ったのは私、そしてあなたは私から離れていたが、そのあなたを選んで、私の聖なる顔を顕わした。あてがった仕事をすべて成し遂げたなら、私の子よ、私のもとに連れて来よう、そうしたら膝の上で休んでもよい。この世にいる間は、虐げる者たちからあなたを護る。あなたとしては、絶え間なく天を見上げ、私に話しかけなさい。私が-共に-いるがゆえ、「ヤハウェが共にいる」という言葉を、いつでも精神と心に刻み込んでおきなさい。さあ、語ったすべてを心に尊び、覚えておくように。魂の改心と教会の刷新のために、香のように私まで届く祈りを捧げなさい。

alpha-omega

夜陰の恐怖はじきに去る

1990年10月17日 ノート47

イエス、本の中では、それが起こる前に沢山のことを知らせてくださいました、起こったなら信じるようにと。姉妹ロシアをどのように復活させ、その無神論をいかに終わらせるかも教えて下さっていました。そうしましたら、ご覧ください! 赤の広場の聖バジリオ教会があなたに門を開いたのです! そして姉妹の私はその日、これを祝って彼女のもとに飛んで行きました! ところが頼に平手打ちをくらったのです …… 愛するあなたの僕、私の兄弟に打たれて。── あなたの僕は祝福を拒んでこう言いました、私が兄弟のカトリックのもとで聖体拝領をしている、と。み前で私はなにか恥ずかしいことをしたのでしょうか、主よ? これだけの打撃でしたらまだしも、さらにこう言われました、「これは破門を意味しますよ!」。こうしたことの起こる前に主はしるしを下さっていました、その直前にあなたの悲しみを味わい、日の中は枯木よりも乾いた感じがして、唇はかさかさになりましたから。

いつまでキリスト教徒は分裂したままなのでしょう?
おいで下さい、私たちの心を正してください、
もとのように無垢な心となれますよう、おいで下さい。
暗やみに夜明けをもたらしてください。
打たれて辱めを受ける機会をいただき、
あなたに感謝します、主よ、
そして、傷を受けても皆と一緒に並んで、
この方のもとに戻って行き、手に持った十字架に接吻し、
私を打った手にも口づけする勇気をお与えくださいましたのを感謝します。

ヴァスーラ、あなたの痛みは私のものと比べたなら何でもない …… 私の娘よ、剣を抜かれたとしても落胆しないように。和解の希望がある。間もなく、大いなる奇跡をもってあなたを圧倒しよう1、もう間もなく、主である私は、私の花嫁に非の打ちどころないえある若さをまとわせる。こうして兄弟の間は平和の誓いをもって封印されよう。明けの明星のように私の教会は高く昇る。禁止は解かれ …… 実をたわわにつけたオリープの木のように、私の前に優雅な若枝を張って、しっかりと立とう、その花は栄光と輝きの実をもたらす …… ただ一つの群れ、ただ一つの牧者となろう …… 私は復活 …… 娘よ2? あなたの望みをむなしくはさせない、恐れなくてよい。夜陰の恐怖はじきに去る。

思い出すように、あなたの横には私がいる。彼らの不正な処置に長く目を留めておくことはしない、怒りによって義の炎を燃え上がらせないよう、私の慈悲にとって代わらせよう。私はあなたの病いをすべて癒やしている、そして穴底から皆をあがなうために、あらゆる毒の跡を、私の血をもってぬぐい去っている。

私は愛、そしてその愛は限りない優しさをもって、打つ者、嘲る者、不正な者たちにゆるしを与えている。こうして私の聖なる思いやりをもって、私の心のうちに皆を引き上げよう。落胆しないように、ヴァスーラ、私の娘よ、まだ和解と刷新の希望がある …… 希望はまだある3 …… 体を殺しても魂は殺すことのできない者どもを恐れることはない。体も魂もともに地獄で滅ぼすことのできる者を恐れなさい4

兄弟たちを訪れて平和を届け、私の愛と慈悲を思い出させよう。こうして彼らも私を真似る者となろう。

──そんなに急いで行かなくてもいいだろう5 …… 来なさい、教会は生き返る、教会は生き返る、いまに見ているがよい。

イクトゥス

それは敵意に満ちた世界に語りかける愛

1990年9月12日 ノート45

イエス様?

私である。あなたに平和、花よ。世界のすべての地域のために、私のメッセージを書き記しなさい。

あなたたちに平和。私の心の子どもたち、回心するように呼びかけるために、天が私の恵みによって毎日開かれていることを悟りなさい……私の言葉を思い出させ……私の掟に従うように教え導くために。

平和と愛をあなたたちにもたらすために、天はその扉を、世界のいくつかの場所で毎日のように開いている。知恵は栄光に満ちて、あなたたち皆のただ中にある玉座に降っている、見えない人びとの目を開き、聞こえない人びとの耳を開き、この砂漠に散らばる死者をよみがえらせるために。そうだ、知恵はずる賢い魂には自身を現さない。貧しく素朴な人びとにだけ指示を与え、すべての業を彼らに注ぎ出す。なぜなら、まさにこの魂たちは、主である私を畏れることを知っており、私の言葉を大切にするからだ。知恵をはるばるあなたの戸口まで連れて来る以上の賜物があるだろうか? 知恵があなたに微笑む以上の喜びがあるだろうか? 知恵が歌う新しい愛の歌を聞く以上の歓喜があるだろうか? だから喜びなさい、被造物よ! まさにあなた方の戸口に私がいるのだから……

この喜びはあなたたちの時代のために取ってあったものだ、世代よ、サタンが彼の全帝国と共に、その世界的権威によって、私の教会とすべての国民の間で権力を頂点にまで増大させているこの時代のために。あなたたちは日ごとにますますはっきりしてくるこの偽預言者の足音を、あらゆる場所で聞いている。彼らは私の教会と、私の掟に従うすべての人に対して戦いを挑もうと完全武装している。

私の霊が与えるこの天からのマナを、愛する子どもたち、あなたの時代のために取っておいた。それは荒れ野と不義の時代のために取っておいた、この隠されたマナ1である。それは貧しい人々、飢えた人々の食物である。そして約束しよう、彼らは好きなだけ食べるであろう、そして私の新しい名をこの人びとに授ける。それは私が天から注いでいる天の食物、それはあなたたちの内的な砂漠を満たす私の聖霊の降り注ぎ。それは敵意に満ちた世界に語りかける愛。鍵のかかったすべての扉を叩いている愛。私の敵が築き上げ、私たちを隔てている壁の向こう側から呼んでいる愛。愛を返してくれるようにと……微笑みと……後悔と……ため息を返してほしいと、物乞いのように懇願している愛。それは私

みこころ

あなたたちの心の中で消えかかったこの炎を生き返らせ、慈しみと愛の焼き尽くす炎へと変えようと、私は再びやって来た。あなた方、人類に私の心の宝を惜しげなく降り注ぎ……闇と死の陰で暮らす人びとに光をもたらそうと、降って来た。

あなたたちの牢獄の扉を粉々に打ち砕き、罪の鎖を私の炎で溶かすためにやって来た。

あなたたちを捕われの身から解放し、邪悪さを取り除き、ほうとうを終わらせるためにやって来た。あなたを救うつもりだ、世代よ、たとえはるばる砂漠まで引きずって行き、そこであなたの不毛さを見せ、あなたの全身がどれほど闇に覆われているかを示して語りかけねばならないとしても。あなたを救うためにはそのようにする。ああ、被造物よ! あなたたちのためにしないことがあるだろうか……私の霊があなたたちの上にあり、いつまでも永遠に留まるであろう。そこで心を開き、あなたたちを私の恵みで満たすのを許しなさい。

さあ、私から力を引き出し、あなたの根を私のうちで強めなさい、あなたたちの根がもろいなら、艱難の日にはどうするつもりか? 風に揺さぶられ、激しい嵐によって引きちぎられ、あなたの枝は薄いガラスのように折れてしまうだろう。そう、生き残ることはできない。だから私のもとに来て、しおれてしまわないように、私の豊かさの中でよく成長しなさい。ありのままでやって来なさい。聖人になるまで待たないように。ありのままで来るなら、必ずあなたの罪をゆるし、魂を清めよう。

そして私の聖なる名においてあなたたちに私の神性をまとわせ、私たちの霊的結婚のために準備させる。主である私は、私の栄光のうちにあなたをめとり、世代よ、あなたを完全に私のものとするつもりだ。道を見つけさせ、回り道からは遠ざかるように案内しよう。永遠に、いつまでも私のものとなるように、あなたたちを準備しよう。

今日、私は愛といつくしみによって、はるばる天から身を屈めている。だが同時に、私の小羊たちと羊たちの中のある者は散らされ、ある者は道に迷い、ある者は小羊の皮をかぶった狼にむさぼり食われてしまったのを見て、私の魂は悲しみ、深い悲嘆に暮れている。そこで私の訪れに驚かないように、私と顔と顔を合わせて出会うときまで、日が過ぎるごとに私をもっと理解するであろう。

私を彼らの神として認めない者たちを皆一掃するために、私は燃え盛る炎として訪れよう、そして言っておく。時は迫っている、時間は飛び去り、私の栄光の日が間もなく訪れる。「さて、この訪れはどこに来るのか?」、「この約束はどこにあるのか?」と言う者たちの一人になってはならない。──私の訪れは間近であり、私の約束は成就されつつある。私の母とすべての聖人たちの祈りによって、あなたたちの待つ時間は短くされるでろう。だから、愛する者たち、待っている間に和解し、聖なる生活を送っていなさい、あなたたちが平和でいるのを私が見いだすように。

非常に間もなく、私は愛として訪れる。すべてはもうすぐ終わる、こうしてある日、誰もが皆私に答えねばならず、申し開きをしなければならなくなる。そこで邪悪な者たち、罪人たちには何が起こるのか? そして私に背き続ける者たちには何が起こるのか? 私は忠実であり真実な者、私の約束は果たされる、遅れることはない。

偽預言者とその一味の足音が、この地上に大きく響けば響くほど、私は一層、私自身の足音をあなたたちに聞こえるようにし、彼らが餌としてあなたたちの道に置いて行く毒の痕跡を、私の血で拭い去っていく。この反逆者とその一味は、今は栄えている。大祭司の衣の中に隠れ、小羊として隠れ、真理として隠れ、多くの人々をだまし、彼ら皆を死へと導いている。

私はもはや、たとえによって話してはいない。単刀直入に語っている。聖書で予告された時代、私の敵どもが、私に属さず、私ではない称号を授けるその時代が来た。それは偽キリスト、いのちを持たない像、偽りの神。偶像、偽りのエキュメニズムの下に巧妙に隠された、私の聖心の奥深くに刺さり、多くの血が流れる原因となっている槍の刃である……剣によって、彼らはあなたたちに、自分たちの汚れた食物を食べるように強いるであろう。ある日は合理主義を一杯、またある日は自然主義を一杯といったように。真理と私の言葉、知恵と私の十字架の言葉をまねて。だが、天から彼らの上に火が下り、彼とその一味を焼き尽くす。これは確実であり、実現する。

このすべてを告げているのは、愛する者たち、この偽りの教師と人間的教理に注意するようにあなたたちに警告するためであり、来るべきこの艱難の日々に、燃え盛る私の聖心が、あなたたちを追い続けることを知らせるためだ。物乞いが施しを願うように、私も、暗闇が訪れる前に、あなたたちの心を勝ち取りたいと願う。

あなたたちの額に私の愛のため息をしるし、一人ひとりを祝福する。私、イエス・キリスト、神の愛する子、救い主が、私の心からの平和を残していく。あなたたちを限りなく愛している、一つになりなさい。

イクトゥス

預言

1990年8月4日 ノート44

花よ、あなたに平和があるように。

──火、義が、間もなく降って来る──教会は生き返ろう。地上は炎に包まれるであろう。

イクトゥス

目覚めて祈りなさい – 祈りなさい!

1990年8月1日 ノート44

(聖ネクタリオ修道院)

私の主、聖なる真理の霊よ、
ここに偶然いるのでないのを知っています。
聖なる真理の霊、
以前も道を案内し、今もそうしてくださいますお方、
ここに住んでおられる
二人の修道女にどう話せばよいのでしょう、
彼女たちのために何ができるでしょうか?
まず聖書を通してお話し下さい。
必ず答えをお与え下さると信じています。

(任意に聖書を開くと、ローマ書 6・1-21に目が行きました)

「教会の奉仕者、私たちの姉妹をよろしくお願いします。あなたは聖なる人びとにふさわしく、主と結ばれたものとして、彼女と仲間を迎え入れ、あなたの助けを必要とするなら、どんなことでもして助けてあげてください。(仲間とともに、祈り、私への賛美、償い、禁欲や犠牲を通して)多くの人びとの恩人であるからです2

私はしばしば眠らずに働いて労苦した。愛の欠如に飢え渇き、しばしばひもじい思いもした。愛の欠如で寒さに震えている、そこで私を読む人びとは、私の面倒を見てくれるか? 仔羊たちの面倒を見てくれるか? 構わないでくれ、そこまで出て行って与えることはできない、と言ってはならない!

(あとは再びもとのように、イエスはメッセージを続けられました)

今日は私を読むあなた方に言う、この家の必要を満たす誰であろうと、私の祝福を与える。あなたの行うすべては、最も小さなことであろうと、私のためにしている。では祝福を受けなさい、私の声を聞き、御父のみ旨を行う人びとは。こうして、誰であろうとこの家の必要を満たす人びとは、天の御父より大きな報いをいただく。ただし何らかの困難や問題をそそのかす者たちには警戒していなさい。避けるように。与えている平和と呼応してすべてを行いなさい、愛のうちに愛ゆえに、すべてを行いなさい。私が頼んでいるのは愛だけです、これをいつまでも覚えておくように。

イクトゥス

目を覚まして祈りなさい – 祈りなさい!

1990年8月1日 ノート44

主よ?

私である、私のヴァスーラ、こうしたやり方でともにいるのが嬉しいか?

はい、とても、主よ。み名が賛美されますように。

もっと祈りなさい。これが私の勧めである、あなたの祈りをたえず待っている。絶え間なく祝福を送っている。

(イエスは次に、聖書を任意に開いて、示されるところを書くようにと求められました)

誘惑に陥らないように、目を覚まして祈りなさい。

(これはマタイ26・41からでした)

主の広大な力が私には必要です。

聞くように、祈りなさい。眠ってはならない。

黙想のうちに御顔を仰げますか?

祈りなさい

(祈りました)

もう一度私に祈りなさい。

あなたの霊に
私の霊を一致させてください。
アーメン。

(イエスはただちに祈りの糸口をお与えくださいました、主がお望みの祈りを。書き取らせなさったと思います)

私の子よ、まこと愛する者よ、あなたのためにしないことがあろうか … あなたを育てあげた、そこで今は、誰のものであるかを悟りなさい。幸せであるように!

幸せ以上です。

ではそれを表しなさい! あなたの口を開こう、そうすると、話すであろう1

私たちのために狐を捕らえてください、
今や花開こうとしている
あなたの葡萄畑を荒らしている者たちを。

栄えある玉座がもう非常に間もなく降って来る。彼らの2隠れ家を暴き、その種族はと絶え、全滅しよう。清算する時が近づいている、見ていなさい … 豊かな食物によって地上を新たにし、私の残された人びとをよいもので満たそう。永遠の愛をもって愛している、そしてあなた方に対する愛は不滅である。私を読む人びとよ、鍛錬を許しなさい、そしてもし私を受け入れるなら、連れて帰り、あなたを養子にして、私の掟を教えよう。母親に慰めてもらう子どものように、あなたを慰めよう。

愛は愛を欲する、ヴァスーラ、私を見ながら使徒信経を唱えて、私を喜ばせなさい。

はい、私の主よ。

聴いている。

(祈りました)

それでよい! 来なさい、「私たち、共に」?

はい、主よ。「私たち、共に」

地震

1990年7月21日 ノート44

幻(ビジョン)の中で、私は窓から外を見ていました。昼間のことでした。突然、足下の大地が激しく揺れ始めました。地面が上下に揺れました。マグニチュード81の地震です。地震は止まりませんでした。窓から空を見上ました。空が明るさを失いつつあったからです。天を見上げていると、刻一刻と暗くなっていき、やがて完全に夜になってしまいました。すると、星々が落ちていくのが見えました、というよりも、東の地平線から西の地平線に向かって、星々が遠ざかっていくように見えました。空から離れ去っていくようにも見えました。そして揺れが止まり、恐ろしい闇に包まれました。部屋の中にかすかな明かりがあるのが見えます。窓の外を見ると、町全体のうち、明かりが点いている家は三、四軒しかありませんでした。

天の御父のみ旨を行う人は幸い

1990年5月16日 ノート42

あなたたちに平和。主である私は開かれた心を訪ね、皆を悪から救い出す。あなたたちは恵みの時に生きている。私の霊は全人類に注がれるだろうと言った。疑わずに、私の恵みの聖なる霊を受け入れる人びとは幸い、心の貧しい人は幸い、神の国は彼らのもの。心の単純な人は幸い、英知が自らを現す。天の御父のみ旨を行う人は幸い、私の王国の扉が開いて、彼らを受け入れよう。みことばを運び、聖霊によって与えられた私のメッセージを広める私の光の器は幸い、あなたたちの多くの罪がゆるされよう。

来なさい。

イクトゥス