心の中に私の居場所を設けるのをどうして拒むのか?

1987年3月8日 (ノート9)

ヴァスーラ、愛する者よ、他の子どもたちよりもあなたを特別扱いしたわけではないということを、もう一度思い出してもらいたい。あなたには何の功徳もなく、私の目にはむしろ、他の者たちよりも劣って見える。しかしそうだとしても、私はあなたを愛している。この恵みを与えたのは、それが私の意志だからだ。私の伝え手となりなさい、あなたを通して、私自身をはっきりと現そう。
 私が自己矛盾しているとは思わないように。あなたへの愛は限りない、あなたは私の愛する者、なぜなら私が選んだのだから。あなたの弱さを指摘したからと言って、その分、私の愛が減るとは一瞬たりとも思ってはいけない。私はあなたをよく知る聖なる父、私があなたの間違いを指摘しなければ、一体誰がするというのか? ヴァスーラ、あなたは私のか弱い花、私が形造り、成長することができるように、私の力を少しずつ飲ませている。
 あなたの中に吹き入れている啓示は、あなた自身の益のためだけではなく、私のパンを切実に必要としている他の人々のためでもあることを思い出させたい。飢えているあなたたち皆を養うために私は来た。私のメッセージは平和と愛のメッセージであり、あなたたちの土台と、あなたたちを創造したのが誰であるかを思い出させるためのものである。
 私の体とは私の教会であることをあなたたちに伝えに来た。そうだ、すべての被造物を満たす教会。私はこの世に私のあわれみを示すために来た。
 ヴァスーラ、あなたこそ私を傷つけ、私の愛に少しも応えようとせず、私につらい思いをさせた群衆の中の一人だった。これほどまでに大きな愛、これほどまでに渇いている私の愛に、少しも応えてもらえないということほどつらいことがあるだろうか?
 それどころか、あなたは自分の荒れ野で、日々物質的な喜びを追い求め、それらを神々の象徴とし、偶像化し、より一層私から遠ざかり、私につらい思いをさせ、私の心を傷つけた。それは求められることもなく、愛されることもなかった生ける神の心、完全に忘れ去られてしまった神の心。娘よ、私はそれほどまでに、あなたから遠く離れていただろうか?
 来なさい、来て私の心を感じるように。私の心はあなたたち皆に向かって叫んでいる。息子たち、娘たちよ、来なさい……私にもっと近づくように、私の方を向きなさい、あなたたちを抱き締めさせてほしい、私の心の奥深くにあなたたちを押し入れるのを許してほしい、私の心があなたたちを包み込み、あなたたちに深い平和が与えられるように。
 来て、私の平和と愛の霊的な世界に入りなさい。
 私のもとに来なさい、そして私の体から食べなさい、私のパンは純粋であり、あなたたちを清めるのだから。私の体はあなたたちを求めて叫んでいる。来て私に会いなさい、あなたたちを養おうと、昼も夜もせいひつであなたたちを待ちわびている。私を恐れたり怖がったりしないように、私を知らないと言わないように。あなたたちの心の中に私の居場所を設けるのをどうして拒むのか?
 来なさい、そして私を知ってほしい、そうすれば私を愛するようになるだろう。見知らぬ者や、あまりよく知らない者を愛することができるだろうか? 私をよく知るように努力しなさい、そうするなら、熱烈に私を愛するようになるだろう。
 ヴァスーラ、あなたは道を外れ、そのために私から離れていた。真理に背を向け、善を悪に変えて、善よりもむしろ悪に愛着していた。
 だから来なさい、私をまだ避けているすべての者よ、あなたの罪を持って来なさい、私がゆるすことができるように。来て私から食べなさい、来てあなたたちの心をすっかり私に差し出しなさい、それらを私の愛で満たさせてほしい。
 あなたたちが弱いのは分かっている、ただあなたたち皆の中で、私が働くことができるようにさせてもらいたい。あなたたちの承諾がほしい、愛する者たちよ。私がすべての罪を根こそぎにして、それらを投げ捨て、私の平和と愛の種をあなたたちのうちにくのを許してもらいたい。あなたたちを清めさせてほしい。ヴァスーラ、もうよい、後でまた続けることにしよう。
 私の現存を忘れないように。覚えておきなさい、いつも、私たちで共に、ということを。

忘れません。心がけます、主よ。

さあ、私たちで共に行こう。

私たちで共に。

(続き)

来て、私をもっと知るように。私は手の届かない存在ではない。私たちは並んで歩いている、あなたたちは私のうちに生き、私はあなたたちのうちに生きている。決して離れることはない、決して。
 来なさい、そして私の無限の善から引き出しなさい、あなたたちの冷酷さを、私の清さの中で溶かしてしまうように。
 ああ、娘よ、私の愛する子どもたちの多くを洗礼によって聖なるものとしたにもかかわらず、本当の私を知っている者はほんのわずかしかいない。彼らは私を愛情深い父として見上げることを忘れている、多くが私から離れ、私を手の届かない存在だと思っている。彼らの多くが自分たちのやり方で私のことを思い描き、終わりのない卑しい傾きから来る感情を私のせいにしている。私に恐怖心しか抱いていない者もいれば、私の無限の愛を疑っている者もいる1

(ここで中断しなければなりませんでした。注文していた『せいがい』の写真が届いたのです。それを見てしばらく黙想し、またそれを見ながら筆記に戻りました。)

覚えておきなさい、私は今も苦しんでいる。ヴァスーラ、どれほど苦渋を感じているか。なぜ、どうして、これほど多くの私の羊が散らされてしまったのか。彼らを見なさい、私の犠牲は無駄だったのか。娘よ、私はどれほど感情を害しているか、私の魂はどれほどひどく打ち砕かれているか。私は苦しんでいる。
 私の羊たちを養いなさい。書くことに疲れてしまわないように。

はい、主よ、疲れません。

必要な力を与えよう。来なさい、共に働こう。共に続けよう。私はあなたの教師。私を喜びで満たしなさい、そして私の現存を忘れないように。
 ヴァスーラ、あなたは私の現存を感じた。そのとおり、私はあなたのベッドの角に座っていた。私が書いたものを編集させてほしい2。「私はイエスである、今は座っている、しかしこの瞬間、立ち上がろう、あなたも立ち上がるのだから」。

(イエスが書き終えた途端、せき立てるようにドアをノックする音がして、私は跳び上がりました。すっかり当惑したまま、そこに立っていました。この晩、イエスは私に御自分の現存を非常にはっきりと示しておられました。それは(他の時もそうだったように)とてもはっきりしていたので、確認するために一枚の紙を取ると、そこにイエスが括弧内の文を書かれたのです。(戸口には手伝いの人が何かの連絡ごとで来ていました。))

あなたを愛している。書くことに疲れないように。この自由3を私に与えてくれることが、私の望みだ。

イエス様、あなたはすばらしいです!

私が朗らかな時はいつも朗らかでいなさい。後に付いて来なさい。
 あなたが私の現存を忘れるなら、私は深く悲しむ。決して私の現存を忘れてはいけない、決して!

でも主よ、それは難しいです。車を運転しなくてはならないときもありますし、そのときは道路に集中しなければなりません。友達とたわいない話をしたり、息子の宿題を手伝ったりするときだってあります。それなのに、あなたの現存をいつも意識していられるでしょうか? ほとんど不可能です!

ヴァスーラ、私の花よ、そのようなときには謙遜、敬虔、柔和で、潔く、誠実で、愛深くあることによって、これらの徳を覚えておくだけでよい。そう、徳を行うことで、私を覚えていることになる。さあ、共に行こう。
 私がまさに超自然的な方法で近づき、メッセージを与えるということをあなたたちに知ってもらいたい。私があわれみの神であることを忘れてはならない、あなたがみじめで、私に無関心であったにもかかわらず、私はあなたを愛している。あなたが私の唇から直接学ぶように、このカリスマ(聖霊のたまものを与えた。ヴァスーラ、あなたの心の中で休むのは心地良い。

(しばらくして)

(またもや疑いの波が私を覆いました。)

来なさい、苦しみはあなたを清める。私にり頼みなさい。苦しみを受け入れるように。償いなさい、償いなさい、他の人々のために償いなさい。さあ、私たちで共に、私の子どもたちを生き返らせよう。

(そのとき、私はかなり苦悩していたのです!)

でも私の神よ、私は無力です。一体何ができるでしょう?

(主はとても優しくおっしゃいました。)

私がこの先、あなたを見捨てたりするだろうか? 私の穀物の粒を使い、それらを畑にき、平和と愛の実りを収穫しなさい。私の言葉を皆に知らせなさい。私はいつもあなたと共にいる。

もし人々がそれを疑い、拒んで、脇へ置いてしまったら? 何の役にも立たないと思ってしまったら? あなただと信じてくれなかったら!

聞きなさい、私のヴァスーラ、なぜ怖れているのか? 被造物はすべて私の手によって創造された、私が全能者であることを忘れたのか? すべての被造物は私の意志に従う。小さな子よ、私は至高なる者。私の栄光をたたえなさい。生きるために私の光を必要とする花のようでありなさい。

  1. このメッセージは1987年3月18日に続きます。
  2. イエスは私の使っている言葉を使われました。アビラの聖テレサによれば、確かに「神は、お選びになった人の言葉使いに御自身の言葉を合わせられる」のです。
  3. 私を用いるという自由。