常に死を賭して真理を擁護しなさい 一致への鍵は愛と謙遜

1991年9月23日 (ノート54)

一日中、ため息ばかりついています。
ヤハウェ、愛しいお方、
お示し下さった愛を忘れることができません。—決して。
—あなたのご親切は、私のヤハウェ、愛しいお方、
一生覚えているでしょう。
来る日も来る日もあなたへの愛に焦がれ、
あなたを傷つけるこの世には、
もう付き合いきれません。
私自身があなたを傷つける最初の者だと分かっていますし……
私の魂はあなたのすべての不思議を世に宣言し、
丘々の頂上までこの足で駆け上がり、
世界に向かって叫びたいのです。

「あなたの創り主があなたの夫となられる!
そのみ名は万軍の主。
そう、捨てられて、苦悩する妻を呼ぶように
ヤハウェはあなたを呼ばれる。
若い時の妻を見放せようかと
あなたの神は言われる1。」
それでも畏れるべき方、ああ、私のヤハウェよ、私のアッバ、愛しいお方。

私の魂はあなたの家を切望し、思い焦がれているのです。
今の私の願いは、あなたと共にいること。
そこでどうして私の霊が悲しんでいるかを尋ねないで下さい。
私のため息はあなたに隠されたものでなく、ため息の理由もすべてご存知ですから。
私の魂はお待ちしています、私のヤハウェよ、
来て、私を虜にしてください。
おいで下さり、私を焼き尽くしてください。

ヴァスーラ…… 隠れないでほしい、私の子よ2 …… エジプトの娘よ、私は多くの国民を試す者としてあなたを任命した、あなたは私にとって尊い者。誤解しないでほしい、あなたを必要とはしない、この仕事に欠かせないわけでもない。しかし無に過ぎないあなたを選んだのは、私の誉れとなり、あなたを清めるためだ。その上、私のものはすべて、あなたと分かち合いたいからだ。私のメッセージを宣言するのを恐れないでよい、私の聖霊があなたを私の言葉で満たし、あなたは堂々と私の言葉を宣言しよう、そこで、私が送る人びとのもとに行きなさい。あなたを見捨てない、人が住まわなくもさせない、私の聖霊が道を案内し、助言者となる。私は収穫の刈り入れを始めたばかりだ…… 私と一緒に刈り入れなさい…..、あなたはこの収穫の種を蒔いてはいない。私があなたのうちにすべての種まきをした、そして今やあたり一面に、それをまきたい。もう収穫の準備が整ったゆえ、私と刈り取ることだけを頼んでいる、私の娘よ。犠牲として援助の手をのべなさい。多くを求めてはいない……
……何が見えるか、娘よ?

苦しみで喘いでおられる御子の聖なるお顔が。そのお顔は聖骸布のようです。

あなたの時間とエネルギーをわずかでも犠牲にする理由が、これだけでも十分あるのではないか? もう一度見なさい、娘よ……今度は何が見えるか、ヴァスーラ?

やわらかな赤い雲が空をおおっているようです、私たちの上を霞のように漂いながら次第に空を埋めていきます、ゆっくりですが、確かな足取りで。

書きなさい。「それは闇と暗黒の日、雲と濃霧の日である。強大で数多い民が山々に広がる曙の光のように襲ってくる。このようなことは、かつて起こったことがなく、これから後も、代々再び起こることはない。」3。そう、その日は迫っている……、何が今度は見えるか、ヴァスーラ?

生きた人間の松明が。

私がまさに創造した魂たちを、注意深く見なさい…… この者たちは決して私の準備した部屋に到達しない。サタンの権力下にあって、私の王国もその栄光も分かち合うことがない。彼らは破滅に向かっている…..言いなさい、私の愛、私の栄光と王国を与えようとしなかった魂があるだろうか?

──いいえ、主よ。

しかし彼らは私を愛さないと決め込んで、サタンに進んで従った。自分の自由意志で、私たちの一致の絆を断ち切った。今再び見なさい、ヴァスーラ、何が見えるか?

ああ、主よ、白い小さな岩に腰掛けておられる婦人です。その後ろ姿が見えます。黒い服をお召しで、頭も黒い長いスカーフで覆っておられ、悲嘆にくれたご様子です。ご心痛のあまり腰をかがめ、膝の上に顔を隠しておられます。──この方に近づいていく自分が見え、婦人は顔を上げられます、そして私も涙が溢れてきました。イエスの御母、私たちのお母様。お顔は青ざめ、目に涙をいっぱい溜めていらっしゃいます。私をご覧になると、左手をのばされ、私の腕を取られました。

私は悲しみの婦人、みじめさに馴染み深く、希望をあなたたちに回復する者です。蛇の頭をかかとで砕くのは、私です。私の眼はこの日々休む間なく、涙を流しています、私のすべての子どもたちゆえに、眼を泣きはらしているのです。

ヴァスーラ、私の娘よ、神に対して耳を塞がないで下さい、私のたっての願いに耳を塞がないで下さい。私の涙する声をあなたは聞いたのです。私はあなたのために執り成してきました、そしてこれからもずっとそうしましょう。主がご自分にあなたを繋がれる時は、愛ゆえにそうなさり、あなたの心にご自分の心を注ぎ出すためです。今日4は、ご自分に代わってあなたに、杯を渡されます、飲むのを拒まないで下さい、躊躇してもなりません。あなたたちの街路は、無実の血に汚され、私たちの心は辛く、それゆえ涙を流しています、そしてあなたにも、主はご自分の杯を分かち合われるのです。反逆が兄弟同志の一致を妨げ、不誠実な心が神の杯を満たしてゆくのです。彼らは、私の息子の体をねじ曲げ、引き裂き、手足を切断し、身動きできなくしました。あなたたちは皆、イエスを通して、唯一の霊のうちに、御父に至るそれぞれの道があることを、忘れないで下さい、けれどあなたたちは私の息子の名のもとに、分裂したままです。一致と平安を語りながら、それを実践する者には罠を仕掛けます。神は欺かれず、あなたたちの議論に納得もなさいません。神の国は口先だけの言葉ではありません、神の国は、心のうちなる愛、平安、一致と信仰。それは心の中で一つに結ばれた主の教会なのです。一致の鍵とは……愛と謙虚さ。

イエスが分裂をあなたたちに勧めたことはありません、ご自分の教会の分裂を望まれてはいませんでした、私の子どもたちが心と声を一つにして、私の息子の初代教会を心の中で再び築くようにと懇願します。初代教会と申しましたが、その教会は、愛、質素、謙遜と、信仰の上に築かれていたからです。新しい建物につくり直すようにとは申していません、心の中の建物をつくり直すようにと言っているのです、心の中にある古いレンガ、不一致のレンガ、不寛容、不忠実、許しの拒み、愛の欠如を打ち壊し、和解によって私の息子の教会を建て直してください。それには熱烈な心の貧しさと、溢れるほど豊かな寛大さがいります、そしてかがむ必要を理解するまでは、一致できないでしょう。

──そこで、私のヴァスーラ、私が先ほど祈っていたように、ともに祈りなさい。一緒にいます、私の子よ、すぐそばに。愛のお望みに応えなさい、イエスは決してお見捨てにはなりません、愛をもってイエスに一致なさい、ただ一つの目的で。

イエスの誉れとなるために。

さて、娘よ5、私とともに刈り入れをやめてはならない理由が分かったか?

祈りつづけなさい。そして迫害する者たちを祝福しなさい。あなたの時は、まだ来ていない、私の鳩よ。あなたを優しく扱う、そしていっそう私に愛されよう。力を越えたことを理解しようとは思わないように。私が鎌をとって働く時は、鎌をとって働きなさい。足を遅らせないで、私の歩調に合わせなさい。私が遅れる時は、あなたも遅らせなさい。合図を与えたなら話をし、あなたを見つめた時は黙っていなさい。真理は常に、死んでも守りなさい。ときおり傷つこうが、魂を清く素直にしておくに十分なだけ、それを許す。いつでも傍らにいることを覚えておきなさい。私が刈り取る時に、あなたも刈り入れなさい。私が忍耐深いように、忍耐を持ちなさい。どこまでも謙虚に控えていなさい。私の傍らで働くようにと、私の利益6を任せた、そして他の者たちもこの仕事の奉仕に加わるように任命した

—ヴァスーラ、私の子よ、あと少ししたら、ほんの少しで、魂は私のもとに飛んで来よう、そこであなたが言うような悲しみを感じている理由はない、頭を上げさえするなら、誰が部屋をはるばる訪れ、誰が食卓をともにし、誰が牧しているかが見えてこよう。罪の赦しを私に求めなさい、そうするなら私の平安を受け、歓びが再び戻って来る。間もなく全勢力で私の聖霊を送り、こうしてあなたたちを牧し、まことの囲いに皆を連れ戻して

あなたたちの神、私のうちの真のいのち

を生きるようにさせると、私の子どもたちには、伝えなさい
alpha-omega

  1. イザヤ書54・5-6。
  2. もうこれ以上、証しをするために国々に出かけて行かなくてもすむように願っていました。御父が私の望みを承諾してくださるのを願っていました。その望みとは、家にいて、黙想し、神を愛し、「書く」ことを通してお会いし、ご聖体のうちのイエスとお会いし、こうして人ごみを避けていることでした。
  3. ヨエル書2・2。
  4. 再び御父のお声です。
  5. 奉仕職:という言葉も聞こえました。