聖霊に対する冒瀆は誰であろうとゆるされない

1992年9月7日 (ノート61)

忠実さがあなたのおことばの本質、
おことばは完璧そのものです。
私たちの人生は御手の中にあり、
それでいて私たちには自由があります。
それはあなたからの贈物です。
けれど、私たちは与えられた自由をどう用いているでしょう?
自分自身に危害を加えるために用い、
魂を破壊させる武器にしています。
私たちは聖霊の介入を必要としています、
たえず源から溢れでる川の水が
今の私たちの上に降り注がれますように。

ああ、ヴァスーラ……この時代の道はやがてまっすぐにされ、人びとは忠節と完全さを教わる。今に見ているがよい……あなたにいのちがあり、体に息のある限り、あなたを牧する。私の満ち溢れる知恵をこれからも教えていこう。転ばないように護る。至高者なる私はあなたに好意を示した。喜びなさい、魂よ、喜びなさい! 今や聴いて理解するように、魂にとって私の聖霊に対する冒瀆以上の毒はない。聖霊に対する冒瀆は誰であろうとゆるされない。そこで聖霊を冒瀆していないか、絶えず注意していなさい。それゆえ私の英知はこう言っている。棄教して、無気力から奮い立たせようとこの日々降って来ている真理の聖霊を拒んでしまわないように警戒していなさい。私が地上で過ごした日々、彼らは理由なく私を憎んだ。だが十字架上で私は彼らを赦して下さるようにと御父に願った。今日私の恵みの聖霊を世が拒んで蔑み、悪魔的だ、愚かだと言うなら、私の日が訪れた時この者たちは、自分たちが悔い改めていなかったのを知るだろう、かつて私の聖霊を分かち与えられていたあなた方は、もはや恵みを失い、二度と新たにはされない。心から悔い改める気にならないまま私が訪れ、まだ悔い改めていないのを見いだすなら、どうして新たにできよう、その心が石のように固く、乾き切って、実を持たないなら……1

あなたたちを切り落とし、火にくべなければならなくなる。

そこで真実こめて言っておく。心を開きなさい、そして聖霊は望むどこへでも吹いていかれ、私の使者のうちにも息吹を自由に送っておられることを理解しなさい。彼らを実によって見分けなさい、そして頭脳の奴隷とはなってしまわないように。蔑み、嫉妬、執拗な批判、裁きや中傷は、真理の霊に反すると、どの魂も知るように。試されないよう、眠らずに祈っていなさい。今日私は、こう言っておく、唇が罪を犯す原因となるなら、それがあなたを貶め、魂を苦しみもだえさせる2よりは、唇を断食しなさい3

隣人を自分のように愛さなければならない。あなたは今こう言うだろう、この掟はすでに与えられていると。そう、確かにそうだ。しかしあなたはそれを守っているか? 私の聖霊に来ていただきあなたの上にとどまるように求めて、祈りなさい!

ヴァスーラ、私の聖なる名をたえず口にのぼらせ、心にとどめなさい。私はあなたの教師、そして好意をよせている。私を慰め、その心を私の天国とさせなさい。私が誰であるかを悟るように、歓びをもって祈るなら親しく交わろう。私を讃えなさい、そうするなら不滅の光であなたをおおう。私を祝福し、私の心を満足させなさい、私自身があなたのもとを訪れ、抱きかかえて敷居をまたぎ、私の家の中まで連れていく。そう、花婿が花嫁を抱き上げ敷居をまたいでいくように、私も大きないたわりと愛のうちに、そっとあなたを抱きかかえ、私の栄光の玉座を示す。

いまだ耳にしていないことを教え、ほかの何百万人を救うために、私は上から私の聖霊を送り、あなたの上に宿らせた。そばにいなさい、甘美な弟子よ、とも連れの旅はまだ終わっていない。私の残りの子どもたちにも、聖なるものごとへの知識を教え与えるには、まだかなりの道のりがある。

聖なる私の名を讃えるために、あなたを多くの国たみに遣わし、私の知識をあなたの上に書きとどめる。私が望むように話す恵みを与えよう。今や心から歓喜し、述べ伝えたものを大切にしなさい。決して私を見捨てないように。私を愛し、私から吸収しなさい。

私は愛。
イクトゥス

  1. イエスはここで急にやめ、大変重々しく次のように言われました。
  2. イエスは、煉獄れんごくで、と言っておられます
  3. イエスは、沈黙の誓いを立てるように、と言っておられます。