御母を敬い尊びなさい

1987年10月10日 (ノート16)

イエス様?

私だ。

ああ、イエス様、キリスト者たちが信じていないなんて全く知りませんでした。マリア様への崇敬のことです、彼らが聖母についてどう感じているか、全く知らなかったのです。キリスト者たちの間にこれほど大きな違いがあるとは、全く知りませんでした。こんなにひどいとは、思ってもいませんでした。

ああ、ヴァスーラ、それはあなたが思っているよりもずっとひどい!

ああ、イエス様、どうしてそんなにひどいのでしょう?

なぜなら、ヴァスーラ、それは私の体がばらばらに引き裂かれているからだ。私の体が一つであってほしい!

一つになれば、聖母は崇敬されるのでしょうか?

子よ、そうなる。

「そうなる」ということは、彼らはそうする、つまり、そのようになるということですか?

私が彼らをかがませ、ひざまずかせよう、彼らは私の母を崇敬し、尊ぶようになるだろう。

はい、イエス様。

小さな子よ、私は私の教会を生き返らせる。
 さあ、私たちで共に?

はい、主よ。