私の聖霊は異邦人の上にも注がれる

1991年3月25日 (ノート50)

主よ、今週はローマ・カトリックにとっては復活節の第一週ですが、正教会にとっては来週がそうです。日付が違っており、あなたのうちに自分たちを分け隔てて、彼らのイエスは私たちのイエスではない! とまで言われるようでは、間違っている感じがします。

皆を同じように愛している、しかし多くの人はこれを理解していないかのようだ。あなたたちは皆みじめな者であり、皆罪人である。皆弱いが、私の子どもたち。分かったか、ヴァスーラ? 私はあなたを差別したか? 私はあなたを訪れて私の聖心1を示した。私のものとするためにあらゆる手を尽くした、あなたは知恵に欠けた者ゆえ、死者から甦らせて形造るために、祝福に祝福を重ねて降り注いだ。私はあなたに寄り添い、いたわりを込めてあなたを選び、あなた自身が属していない民、あえてよそ者を選んだのか、その理由を多くが全く理解しない民に証しさせた。

私、聖心は、彼らにとってはよそ者の、あなたを選んで彼らのもとに連れて行き、私の聖心の富を、そしてその悦びと悲しみを彼らと分かち合うつもりだ。そう、私はよそ者たちにも聖心の富を教えに来た。今日は新しい歌を彼らのためにつくった、私は唯一、同じ者なるがゆえ! そこで教え子よ、これからも私の名のもとに分け隔てをしないように、敵の勢いに足をすくわれたとしても、無防備にはしておかない。いつでも助け船を出す、私の子よ。挑発されても乗らないように、私が代わりに受けて立つ。

聖書にはこう書かれてある、「神が人を差別なさらないことが、よくわかりました。神を畏れ敬い、正しいことを行う者は、いかなる民も、神に受け入れられるのです」2。ところが人間は自分たちを分け隔て、聖なる私のもとで分裂している。しかし今に見ていなさい、私の聖なる霊は(多くの者が驚く中)、異邦人の上にも注がれよう。はっきり言っておく、この世代が過ぎ去る前にこうしたことは起ころう。そこで勇気を、私の子よ、怖れなくてよい。終わりには皆を一致させる …… 毒蛇がこれ以上、皆の食物に毒を投げ入れないようにさせる、世代よ、あなたたちの食物は、完全な清いものとなろう。悲しみと嘆きは終わりを告げよう。愛している、そして私の民はこの一致のうちに一つとなって、私の聖なる名を3 担う。

ああ、天を裂いて降ってください!、預言者イザヤも言ったように4、あなたの現存を前にして、山が溶け出すだけでなく、ローマ・カトリック、東方教会とプロテスタントを現す、書かせられた三本の鉄の棒も溶け合うでしょう。

約束する。教会を、もう長くは分裂させておかない。私自身が全勢力で降って来て造り直す。信頼していなさい、まこと愛する者よ。この不実な世代に、もうこれ以上は我慢しない。それにこれ以上は御父の義憤を押しとどめてはおけない。それゆえ、あなたたちを救おうとして注がれる恵みは倍加してゆこう。ヴァスーラ、地上はまだ十分に私の平和を経験していない。あなたたち皆に贈ったこの平和を、渇いた土のように渇望している。そこで私は、園に引いてきた水路のようにして、潤いを与えに降りてくる。そしてあなたは、私の子よ、歓びなさい! あなたのうちに根を張り、住まいを定めたがゆえ。そしてもし許してくれるなら、あなたのうちで、大きくなろう。
今度は一緒に、私の子よ、御父に祈り、この祈りを、私のあとについて唱えなさい。

御父よ、み名が祝されますように。
あなたの愛するみ子、イエス・キリストが
裁くためではなく、世を救うために、
この世に来られたがゆえ、私たちをあわれんで下さい、
今や大きく開かれた、み子の聖なる傷痕に御目をとめ
私たちをあがなおうと、払われた代価を思い出してください、
その聖なる傷痕と、
あなたご自身が愛のうちに結ばれ
ともに苦しまれた二つのみ心を思い出してください、
一つは無原罪の御宿り、
そしてあなたの愛するみ子のみ心です。
ああ、御父よ、
今や、み子の約束を思い出し
み力のすべてによって、
擁護者、真理の聖なる霊を、お送り下さい、
世が、真理と
み子の素直さ、
謙遜、従順と、大いなる愛を思い出しますように。
御父よ、
分裂の支配が平和と一致を叫ぶ時が来ました、
み子の傷ついた御体が正義を叫ぶ時が来ました、
マリアの汚れなき御心と、イエスの聖心を通して、
尊い御父よ、
いまだ世に知られていないこの平和を心にお与え下さい、
そして愛するみ子の祈りの通り、私たち皆が一つとなり、
神聖な聖三位のうちに一致し、
皆、一つの祭壇を囲んであなたを崇め、賛美しますように
という祈りを、成し遂げて
聖書を成就させてください。アーメン。

私の娘よ、私があなたを愛するように私を愛しなさい、あなたを愛するように互いに愛し合いなさい。祝福を与える、来なさい。

  1. イエスはカトリックでなく、一人のギリシャ正教徒のもとに来て、カトリックの語彙で話されたとおっしゃっています。
  2. 使徒10・34~35
  3. キリストのもとにいる、正しいキリスト者たち。
  4. イザヤ63・19。