どちらの家のほうがあなたをより必要としているか?

1986年10月23日 ノート1-6

ヴァスーラ、どちらの家があなたのことをより必要としているだろう? あなたに選んでもらいたい。

イエス様、あなたの家と私の家のどちらがより大切かとのお尋ねでしたら、もちろん「あなたの家」と答えます。どちらかを選ぶとすれば、あなたの家を選びます。

あなたを祝福する。

(イエスは大変喜んでおられるようでした!)

小さな子よ、あなたを教え導こう。

さあ、私の十字架を取って、付いてきなさい。私が助けることを忘れないように。私の弟子になりなさい。あなたが私を顕現させるのを手伝おう。私は聖なる者、私は聖なる者、だからあなたも聖なる者となりなさい、聖なる者として生きなさい。あなたを支えよう。ヴァスーラ、私のために喜んで働きたいか?

もう一度お名前をおっしゃっていただけますか?

イエス・キリスト。

はい、あなたのために働きましょう。

愛している。呼びたい時はいつでも私を呼ぶがいい。

(この時、神のために働くことが本当はどういうことなのかよく分からないまま承諾していました。神を愛していたので、神を喜ばせたかったのです。自分の無能さには全く気付いていませんでした!)

私の声を聞きなさい、私の叫びに耳を傾けなさい、私の十字架が見えるか? 私はイエス、この幻視を与えている1。私は呼び掛けている、あなたたちの数を数えていると苦しい、なぜなら、愛する者たちよ、あなたたちが散り散りになっていて悪魔が仕掛けた危険に気付いていないのが見えるからだ。私からあまりにも遠く離れているのを見て、私の心はずたずたに引き裂かれている!

(丸一か月間、イエスはご自分の十字架の映像をお見せになりました。どこを向いても、どの方向を見ても、巨大な焦げ茶色の十字架が立っているのです。食事中に皿から顔を上げてもその巨大な十字架が見えました。蚊帳の中から外を見ても十字架がありました。歩いて他の部屋に行って座ろうとしたり、何か別のことをしたりしようとしても、その十字架が追い掛けてきてそこにあるのです。一か月間まるで付きまとわれているようでした。

 すると別の思いが私に付きまとい始めたのです。起こっていることは何もかも神からのものではないかもしれないという思いが。でも、それが仮に悪魔体とすると、悪魔がそんな愚かなことをするでしょうか? 私はこんなことが人々に知れたら何と言われるだろう、どんなことが降りかかってくるのだろうと恐ろしくなりました。きっとばかにされることでしょう!)

娘よ、娘よ、平和のうちに生きなさい!

(不審に思いました)

どなたですか?

私、イエスです、私のそばにとどまりなさい。何年もあなたを呼び続けてきた。私を愛してほしかった、ヴァスーラ……

イエス様、最初にあなたに呼ばれたのはいつでしたか?

あなたがレバノンに行こうとしている時だった。あなたが眠っている時に呼んだ。あなたは私を見た。呼びながら、あなたを私の方に引っ張った様子を覚えているか?

はい、覚えています。とても怖かったです。私は十歳ぐらいでしたね。私を引っ張るあなたの力がとても恐ろしかったのです。まるで激しい川の流れのような、小さな磁石を引きつける大きな磁石のような、そんな感じがしました。私は抵抗し、振り切ろうとしました。でもできませんでした。あなたにくっ付いていることが分かるまでは。そして目が覚めたのです。

(イエスがこの夢を私に思い出させてくださったことが不思議に思われました。そしてこの夢をいまだに覚えていられたことも不思議でした)

私はあなたの師

1986年10月22日 ノート1-6

私、神は、喜んであなたをそばに置いてあげよう。娘よ、愛している。私への信仰を持ちなさい。二か月以内に私の言葉をはっきりと聞き分けることができるようになるだろう1、あなたの望んでいる支えを与えよう。私の目的はあなたを教え導くこと。あなたは二か月も経たないうちに大きく成長するだろう、それが私の意志だから。私はあなたの教師。教える全てのことがあなたの魂を照らすだろう。私のそばにとどまりなさい。ヴァスーラ、みじめさを感じた時はいつでも私のもとに来なさい、慰めてあげよう、あなたは私の愛する者だから。私はどの子にも決してみじめな思いをさせたくない。彼らは私のもとに来るべきである、そうすれば私が慰める。

あなたの能力の限界を十分承知している

1986年10月16日 ノート1-6

あなたに平和があるように。愛する者よ、休みなさい。それ以上自分に仕事を課さないように。あなたの神経がどれほど張り詰めているかが分かる。

あなたの現存を感じました! ご自身の現存を強調されましたか、イエス様?

そうだ、あなたが理解できるように現存を強調した。ヴァスーラ、あなたの能力の限界を十分承知している。

(その日は非常に疲れていました。でも読んだり働いたりするのがやめられなかったのです。どこにいてもイエスの現存が感じられました。イエスは何かを伝えようとされていました)

私は平和

1986年10月10日 ノート1-6

私は光。私、イエスは、あなたに警告したい。どんなことがあろうと悪霊が仕組んだわなにはまってはならない。あなたを不安にさせるようなメッセージを決して信じないように。なぜ悪霊があなたを止めようとして必死なのかをよく理解しなさい。娘よ、私の以前のメッセージ1を非難するようなメッセージは皆、悪から来ている。悪魔はまたしてもあなたを阻止し、断念させようとしている。私、あなたの救い主は、ここではっきり確認しておきたい、愛と平和の呼び掛けを携え、道に迷った人々を私のもとに立ち帰らせるメッセージは皆、御父と私から来る。だから気を落とさないように、私への信仰を持ちなさい。覚えておきなさい、あなたの心を不安にさせておくようなメッセージは一切信じてはならない。私は平和、だからあなたも心穏やかでいるように。

私は手が届かない存在ではない

1986年10月5日 ノート1-6

(今私は多くの人によって書かれた「神体験」レポートを読んでいます。「専門家」たちはレポートを書いたほぼ全員に対して、それらの体験は神からのものではないので体験したことを忘れるべきだと言っています。彼らはそのような体験は高いレベルに上げられた魂だけのものであって、私たちも高められなければならないと述べています。私は自分がそのような魂でないことは分っていますし、善から程遠い人間ですから、神と共に書くという、こうした神との接触はやめようと決意しました。全てのことに「見切りをつけて」しまった方がいいと思いました。専門家たちは、神と接触するためには聖人でなければならないと言っているようで、神はとても遠い所にしかおられないのだと信じました。それで、これまで何か月にもわたって私の手を導いてきた「力」に委ねて書くというのは、今回でもう最後にし、全てのことから身を引こうと思ったのです)

ヴァスーラ! 私を置いていかないでほしい、愛する者よ、私に呼び掛け、私から学び続けるのだ。私がいつもそばにいることを忘れないように。私、神は、あなたの中に生きている。信じなさい、私は全能者、永遠の神である。

いいえ。そんなはずはありません。神であるはずがありません。そういうことに詳しい人たちが、神ではないと私に証明してみせるでしょう。神は高度に清められた立派な魂にしかそのようなお恵みをお授けにはなりません。

私は人が触れることができないような遠い存在ではない! ヴァスーラ、私は誰も拒まない。私の顔を見ようと近付く子どもたちを引き止めようとする全ての者を私はとがめる。私と共にいるため、あるいは私に受け入れられるためには清くふさわしい人でなければならないなどと教える者は誰であれ私の教会を破壊する者。私を見つけたのに誰かに妨害されるようなことがあれば、無限の力である私は、その人を支え、力を与えよう。なぜ、どうして専門家と自称する者たちに、私か私でないかを判断させなければならないのか、あらゆる可能性を否定して私の子どもたちを慰めも助けもせず、幻滅させるがままにしておかなければならないのか、ありとあらゆる私の恵みを無視されるがままにしておかなければならないのか、私の子どもたちを私から引き離されるがままにしておかなければならないのか。なぜ私の与える恵みがどれも拒絶されるのか。私の与えた恵みが。私は無限の富である。

 娘よ、あなたがようやく私のことを見つけた時、私は喜びにあふれた。あなたがおびえて逃げてしまわないように慎重に接した。幼子おさなごを扱う母親のように優しく接し続けた。私が近付けたのだ。あなたに呼び掛け、出会い、そばに引き寄せ、私の持っているもの全てを分け与え、私は喜びでいっぱいだった、私の愛する者よ。それなのに今、あなたは私から離れたいと言いに来たのか。私、神は、手の届かない存在であるとか、立派な魂だけが私に到達することができ、自分はその水準に達していないとかいう話を聞いたからといって! 私はどのような魂も拒まない。最もみじめな魂にさえ恵みを差し出す。

 私を喜ばせ、このようにして私と出会いなさい。娘よ、あなたを祝福する。あなたを教え導いている。あなたは私から食べている。ヴァスーラ、きょうはペトロの手紙一を読みなさい。注意深く読みなさい、あとで私が説明してあげよう。第一章を読みなさい。信仰を持って生きるように。ペトロはあなたに信仰を持つようにと教えている。

(イエスは「信仰」という言葉によって多くのことを分からせてくださいました。人は信仰によって山をも動かすことができるのです。言い換えれば、人は盲目的に信じなければならないということです)