被造物に私の警告を伝えなさい 私を遠ざけてしまわないように

1987年12月1日 (ノート19)

私がどれほどあわれみ深いかを世に示すために、あなたを選んだ。あなたを見つけた場所には、まだ私の子どもたちのほとんどがいる、私が連れ出しに来ていなかったら、あなたはまだ今日も、他の者たちの所にいただろう。無限のあわれみによって、あなたたちに警告するために、そして私のもとに引き寄せて、あなたたちの土台を思い出させるために私は来ている。

(神の被造物に対する平和と愛、そして教会を一致させるというこのメッセージは、私たちの上に神の義が燃え上がる前の、神の最後の試みの一つであることを理解し始めました。)

今やあなたは私を本当によく理解してくれている、娘よ。私を恐れているのか?

(もし私たちが変わらなければ、神がなさるかもしれないことへの、私の恐れを神は感じ取られたに違いありません。)

恐れています、私の神よ。お見せになったあの幻(ビジョン)の後では。

まだほんの一部しか見せていない1。ヴァスーラ、私の被造物は警告されねばならない。同じ間違いを繰り返させないために。

主よ、いつと同じ間違いを?

ファティマで大きな奇跡を行った時とだ、あの時、私は被造物に警告した、ところが人々は私の警告にほとんど注意を向けなかった。代わりに疑いや議論に時間を費やし、決して私の母の言葉を正しく広めなかった、そのため、ほんのわずかな者たちしかメッセージの緊急性を知ることがなかった。彼らは自らの犯罪によって手を血に染め、非常に多くの魂を道連れにしてしまった。
 彼らに過去の罪を思い出させよう2ガラバンダルのメッセージの緊急性を彼らに思い出させよう
 なぜ私のわざを疑うのか? 被造物たちに警告を伝えなさい。途方もなく多くの償いがなされなければならない。被造物たちは私の警告を受け入れ、私を信じなければならない。私の愛を思い出させなさい3、私の言葉を提起し、私を告げ知らせなさい……私を告げ知らせなさい、遠ざけるのではなく! 今やあなたたちは、私を遠ざけている、擁護してはいない! 過去の、そして現在の私のわざをはばかることなく宣言しなさい、私は全能者である。
 私の頭に突き刺さるいばらとは、知識の鍵を握っていながら、自分が入らないばかりか、入りたいと望む他の者たちをも入らせない、あの聖職にある魂全員のことだ! この者たちこそ私のいばら! そのいばらたちは今こそ私を見いだし、悔い改めねばならない。彼らの手は、今も生々しく過去の血に染まり、すべての犯罪と残虐行為の責任を負っている。この者たちに悔い改めてもらいたい、彼らは私の母のガラバンダルのメッセージに反抗し、広めるべきであったのに決してそうはせず、その緊急性を無視した。ああ4、私が抱えているものは何か、ヴァスーラ! 石だ、石のように硬くなった彼らの心だ。真理を受け入れなさい! 心を開きなさい! ガラバンダルはファティマの続きである! あなたたちの間違いを繰り返してはならない! ……ペトロ5
 ペトロよ、私のこだまとなりなさい! 私の小羊たちを養いなさい、ペトロよ、二度と私を知らないと言ってはならない、愛する者よ。

(主が「ペトロよ、私のこだまとなりなさい! 私の小羊たちを養いなさい、二度と私を知らないと言ってはならない、愛する者よ」とおっしゃった時、そのおっしゃり方のあまり、私はその場で死んでしまいそうになりました。)

来なさい、助けてあげよう。私のうちで休みなさい。

(私は感動のあまり、我を失っていました。それでイエスは私を支えようとされたのです。我に返るとこう言いました。)

イエス様、今説明します。神が懇願しておられたのです。懇願する声でそうおっしゃっていたのです。

そう、そうだ、ヴァスーラ、愛ゆえに。

愛しています、私の神よ。こんなにも悲しそうなあなたの声を聞き、悲しそうなあなたを見て、何百万回も死にたいと思わずにいられるでしょうか? もしも私に千の命があったなら、あなたの栄光のために、どの命も次から次へと差し上げて、御傷を癒やしたでしょう。

私の傷は、被造物たちが愛に立ち帰る時に初めて癒やされる、私を全能者として受け入れ、一つになりなさい。さあ、私の悲しみを共に分かち合おう。

イエス様、あなたのために償い、あなたの栄光をたたえるために、もっとたくさんのことができればいいのですが。

私のそばにいるなら、私の持つすべてを分かち合うようになるだろう。来なさい。

  1. 最悪のものは、まだすべて隠されていることを意味しています。
  2. 神は私たちがゆるしを求めず、悔い改めていないときにだけ、その罪を思い出させるようです。ゆるしを求めて悔い改めたなら、罪はゆるされ、神は二度とその古い罪を思い出させることはなさいません。
  3. 神が実際に語られた平和と愛のメッセージを含めて。
  4. 神は、筆舌に尽くし難いほどの悲しみでうめき声を上げられました……。
  5. 神は、御自分の声が聞こえないほど遠くにいる人に向かうように大声で叫ばれて……そして懇願するかのようでした……。