カインたちは容赦しない

1987年9月29日 (ノート16)

私の神よ、聖職にある魂の中に、あなたが御不満でいらっしゃる方々がおられるようです。

ヴァスーラ、彼らはどれほど多くの魂に対して責任があることか。彼らは自分自身が堕落するだけでなく、非常に多くの他の魂までも引きずり込んでいる。

でも主よ、善良な方たちも多いはずです。あなたを愛し、あなたが望まれるとおりに働いておられる方々が。私は何人か知っています。

ああ、ヴァスーラ、多くの者たちが私の教えに従い、犠牲を献げ、謙遜に生き、互いに愛し合い、私の小羊たちを養ってくれている。彼らは地の塩、私が心から愛する者たち。彼らは私のアベル、私の傷を癒やし、痛みを和らげてくれるバルサムである。だが悲しいことに、彼らの中にはカインもいる、彼らは私の体に突き刺さった矢、不忠実で、虚栄心のために目がくらみ、邪悪で、卑劣な傾きを持つ者たちだ。彼らは私の頭に突き刺さったいばらのとげ、その罪は数えきれず、偽善こそが彼らの師、私の聖なる義の炎が燃え上がるのは、これらの者たちに対してである。
 娘よ、私の手を取りなさい、私の近くにとどまりなさい、そうするならあなたにそれらのとげを指し示そう。神の力によって、あなたを私の体のまさに最も深い所へ導き、そのやりの刃を見分けられるようにしてあげよう。カインたちは容赦しない、ヴァスーラ、彼らには私に献げるものが何かあるか? 彼らの手は空っぽで、私の小羊たちに与えるものは何もない。人前で自分の姿を現すことを好み、ぺこぺこ挨拶されることが大好きで、まるで塩気を失った塩のようだ。娘よ、はっきり言っておく、彼らは今日のファリサイ派だ!

ああ、神よ、それは本当にひどい話です。

ヴァスーラ、だからこそ、隠されているもので知られずに済むものはなく、覆われているもので現されないものはない、それが私の意志なのだから。
 さあ、来なさい、私の現存を忘れないように。

忘れません、主よ。あなたを私の聖なる父、聖なる友、聖なる兄と見なし、聖マリアを私の聖なる母だと考えます。あなたと御母は私の聖家族でいらっしゃいます。どうして忘れることができるでしょう?

愛する者よ、私はあなたの伴侶でもある、そのように私を愛してもらいたい、親密な愛で私たちを愛してほしい、しかし、私たちが聖であることを決して忘れてはならない、私たちを尊ぶように。私たちはあなたの聖なる家族、私はあなたの神である。目を覚ましていなさい。

はい、主よ。

さあ、一緒に行こう。

はい、ご一緒に。