私の奥義

1987年7月9日 (ノート13)

私の神よ?

私だ。ヴァスーラ、私には、あなたには隠された非常に多くの神秘がある! あなたに明かしたわずかな神秘でさえも、人間的な目で「見られる1」、それゆえ理解されない。脇に置かれるか、誤って解釈されるかのどちらかであろう。私のわざと人間のわざを、一体どうやって比べることができるというのか。科学を天のわざと比べることはできない、それは私と人間を比べたいと思うようなものだ!

 確かに、私のわざはあなたたちには正統でないものに見えるかもしれない、だが私を最も深く悲しませるのは、私自身の聖職にある魂たちが、私のわざを疑っているのを見るときだ、信じるのを拒み、その結果、私をもり立てる代わりに、遠くに追いやってしまうのを見るときである。

 私の被造物たちは砂漠と化し、干上がり、不毛で、愛に渇いている。司祭たちに与えるものがないのでは、私の小羊たちは何を食べたらよいのだろうか?

  1. 理解される。