光の子となりなさい 私は盗人のように訪れる

1988年7月25日 (ノート26)

(スイスに戻って)

イエス。

私です、与えた祈りを私の子たちにも教えなさい。

三つの祈りですね、主よ?

その通り。愛する者よ、自分自身をすっかり献げなさい、私の利益を求め、栄光を称えなさい。

御助けによって、主よ。

私に頼っていなさい、最後まで道案内し、そのうち全てが達成される。私のわざは葡萄の木にたとえられる、元気よく育ち、ちょうどよい季節に実を結ぶ、葡萄の木もその季節に実を結ぶように。あなたを取り囲む困難を私のために耐え忍び、あなたの神、私に頼っていなさい、信頼を失わないように、あなたの時代が荒野であり、無味乾燥であっても影響されないように、私の子よ、私を信頼しなくてはならない、死から甦らせたではないか? 私は真の光、そしていのち、時にはあなたを試させてくれるように、盲目の信仰によって導かせなさい、愛を試し、私に抱くこの愛を大きくふくらますのを許してほしい、私の光のもとに生き、光の子となりなさい、私はあなたを美しく飾るこの世の光。離れないように。

(つづき)

私の日が近づいている、そして盗人のように、思いがけず、私は警告なしに訪れる、エルサレムよ! あなたは私、主を裏切り、心の真っただ中には悪を根づかせてしまった、そう、エルサレム、槍の刃があなたの中にあり、裏切りと異端が充満している、私にその邪悪さが気づかれずに済むと、どうして信じられたか! 不意を突き、あなたを倒しに来る、稲妻のように降って、打ち破ろうと、もう今や戸口にたたずんでいる。あなたは私の恵みでなく、敵の権威を選んだ、私、光を選ぶかわりに、闇の獣を頼りに邪悪さを選んだ。私は自らの手でその座を覆し、悪を行い真理の道を遮るすべての者たちを、打ち倒しに来る。エルサレム! その艱難は始まったばかり、私の火であなたを掃き清め、清くする、私は悪の根と、私の体を血色悪くさせてしまった、もう羊飼い*は要らないとする、あのすべての教義を焼き尽くし、根絶する。

* ヨハネ・パウロ二世。

虚栄に酔いしれ、不従順に酔いしれ、不一致に酔っていながら、生き長らえるとどうして信じられようか? 私でなく自分の利益ばかりを追い求め、小羊たちを不従順ゆえに飢えさせた。エルサレム! あなたの与える悲しみは大きい、皆を一致させ、その子どもたちを集めようと、どれほど切に願ってきたか、雌鳥が羽の下に雛を集め隠すように、しかしあなたはそれを拒んだ……私の目も、聖母の御目も、私自身の家にあるこれほど多くの不正を見て、止めどなく血の涙を流した、永遠の愛で私は愛してきた、しかし私自身の友に裏切られ、傷つけられるだけであった……私の慈悲は大きい、しかも十分なゆるしを与える用意がある、自らの傷は顧みない、あなたたちの罪を喜んで忘れる。
ヴァスーラ、私は執拗に鞭打たれている、だが、甚だしく痛もうが、ゆるし、すべてを忘れる用意がある……来なさい、子よ、私の聖心の中にとどまっていなさい、愛は愛に飢え渇く(イエスの唇はすっかり乾き切っておられました)もう休んでよい、ともにいる、私を拒む魂たちのために祈りなさい、私を愛し、痛みを和らげてほしい、あなたの神、あなた自身のアッバの、喜びとなるように。来なさい、「私たち」?

はい、アッバ。(彼らが拒んでいる御父にたいし、再び大変心動かされ同情の念がわきました)

ヴァスーラ、兄弟を憐んであげなさい、その転びをあわれみ、目が見えないことを哀れんで、祈ってあげなさい。