あなたの造り主の恵みの中にとどまりなさい

1987年6月27日 (ノート13)

(ようやく今分かりました。私は分離されていたのです。私の体は動き回っていましたが、私の魂はその中にはありませんでした。私の魂を―─私の神よ、あなたは取り去られました。私はまるでなきがらになったようでした。完全に離脱していたのです。このようなことを体験した人がいるでしょうか? 少なくとも目が覚めている間中、神のことしか意識していないなんて。毎日二十四時間、しかも一年以上にわたって、神だけを意識し続けた経験をした人がいるでしょうか? しかも、私の意識がれ始めると、すぐに主の御手であごをつかまれ、ほほ笑んでおられるイエスの御顔の方に、私の頭をまっすぐ向けさせられるのです。そのような状況においてさえ、他のいろいろなことに対処できていることに、私自身驚いています!)

ヴァスーラ、今やあなたの心を取り上げて1、私の心の中に置いた。私はヤハウェ、あなたを愛している! 私の愛を優しく抱きなさい。被造物よ、あなたの造り主の恵みの中にとどまりなさい。

どうやって、どのようにして、あなたの恵みの中にとどまればいいのでしょう?

聖なる者とならなければならない。

どうしたら聖となれるでしょう?

私を熱心に愛することによって。

では、もしそれがあなたのむねなのでしたら、そうなれるように助けてください。

あなたを助けよう、私の祝福を受けなさい。あなたに害を及ぼすようなことは決して求めない。このことをいつも覚えておきなさい。

来なさい、私の心の最も深いないおうにある望みを打ち明けよう。それをあなたの上に刻みつけさせてほしい、小さな子よ。

  1. このとき、主は私の心がまるで無であるかのように言われました。とてもあっさりと……。