ラザロを甦らせたように、ロシアを復活させよう

1988年1月4日 (ノート20)

ヴァスーラ1! ああ、ヴァスーラ! 私の愛する娘の一人が死んで横たわっている! あなたの姉妹の一人が!

死んで横たわっているのは誰ですか?

私が深く愛する娘、ロシアだ。来なさい! さあ、彼女を見せよう、見なさい!

(神は私を砂漠のはずれにお連れになり、腕を伸ばして、焼けつくような太陽に照らされた彼方を人指し指で示されました、そこには主の娘、そして私の姉妹が死んで横たわり、過酷な抑圧から解放されたその身体は、荒野のただなかに横たわっています。死ぬ間際にあっても見捨てられたまま、慰める者は誰もそばにおらず、全く孤独のうちに死んだのです。――この痛ましい光景を見て、同情の涙がわっと溢れてきました。彼女を目の当たりにして、身が切られる思いで激しく泣いたのです)

ああ、嘆かないように、私が復活させる、ヴァスーラ、私の栄光にかけて、彼女を復活させよう、ラザロを甦らせたように、彼女を甦らせる。

ああ、神よ、あまりにつらくて……

あなたの感じるこの痛みは、私の痛みに比べたなら無にひとしい。私は彼女を愛している、ヴァスーラ、あなたにも彼女をあわれんでほしい、死んで横たわり、暑熱の風に曝されたままにしてはおかない、ヴァスーラ、あなたの姉妹を愛しなさい。あわれんで、そのもとに行き、愛し、愛おしみなさい、本当に皆に愛されていない彼女を!

ヴァスーラ、彼女は私を見捨て、歯向かった。成長し、愛を受ける時が来ると、背を向けた、私のマントをともに分かつよう、声をかけたが、離れて行ってしまった、大人になったと感じて、自らを養えると信じ、私に背を向けて歩み去った、不貞の妻のように逃げ去って。

愛する者よ、娘を失うとはどんなものか知っているか? 私の心は引き裂かれ、涙を流した。これでもまだ不十分とばかりに、彼女は誇り高く、自責の念を微塵も見せないで、父親である私と殉教した聖人たちすべてに対して、公けに宣戦を布告した! もはや私を信じることなく、私を礼拝し、希望をおき、愛するのをやめた! かつて分かち合った愛を忘れたかのようだった。

息子、娘たちを授けていたが、怒りにまかせて私の子たちを殺害し、芳しい生けにえを献げるようにして悪魔の手に渡してしまった。その上、まだ不足とばかりに、悪魔に組みし、忠誠を誓い、礼拝すると約束した、彼女が願うすべてを与えるならと。サタンは、自由に振る舞わせるならという条件で承諾した。その後サタンは私から完全に彼女を引き離し、自分に信頼させ、彼女は私たちの間のきずなを断ち切らせるにまかせた。狡猾なサタンは、どうしても自分に頼るほかない沼地に、私の娘をまず連れ出した。流砂に足をとられるのを恐れて彼女はすっかり頼らせてほしいと願った。

ヴァスーラ、かつて私の家、私の聖なる家から離れていき、道徳心のない娘のように、次々と子どもを生けにえとして悪魔に献げていったエルサレムのように、私の娘、ロシアも同じことをするのを賢明と考え、私の神聖な贈り物を献げ、サタンはそのすべてを武器に変えた。サタンは自分の栄光で彼女を盲目にし、眼の見えない彼女を沼地から連れ出し、渇きで死ぬようにと荒野に捨ておいた。自らが流した血の中でもがき、裸で歩いていく彼女を私は見た。声をかけたが、聞こうとしなかった。再び呼んだが、私の声を聞こうとせず、むしろ挑発的に振る舞った。妹たちを呼びつけて自分の道徳を支持させ、拒むと剣で強要した。「剣を振り上げる者は剣で滅びる」と、言わなかったか?

私のパンを求めるように食物を制限した、しかし私に養われるよりは飢える方を選んだ。力尽き、飢えながらも、彼女は妹たちを送り、秘密裏に悪行を続けた、見えを張ったのは虚栄自身であるサタンの虚栄心を吹き込まれていたからだ、その大地は彼女を養うに十分な収穫をあげなかった、それでいわば「敵に養われる者」となっていった。

娘よ、もう終わりにしよう、このメッセージを明日続ける。来なさい、あなたを祝福する、娘よ。

私から糧を受けなさい。「私たち、共に」?

はい、主よ。

  1. 神のお声は悲しみを含む、切迫したものでした。