迫害の時に

1989年9月4日 (ノート35)

(迫害されていました)

迫害の時には
あなたのうちに私の魂は温かい避難所を見いだします、
激しい嵐が再び止むまで。
私は耳を天に向けて
慰めて下さるお優しい声に聞き入ります。
私は怖れなくてよいのです、聖なる現存が私の傍らにおられ、慰めてくださるのですから、
あなたの誠実さに比べられる者は一人もいません、
あなたはいまや私のあるじであり、
至高者、主の主、あがない主であられます、
ですから私は全く自分自身を明け渡し、
神なるあなたの御手のうちに私の魂と心をゆだねます。
アーメン。

英知が、私の子よ、あなたの先生であり、教師である。来なさい、慰めを受けに、アッバの腕の中に入って来なさい、これ以上のところはない。私に信頼を置きなさい、悲しみを献げるように、それを役立てよう。来なさい、私を隠れ家としなさい。私は「あなたを見守る」と言った。あなたの迫害者たちの嵐が、荒れ狂う波によってあなたを押し流すのを放っておくことはない、彼らは実は私を迫害している。あなたが迫害を受ければ受けるほど、私の子よ、主である私はあなたを高め、祝福する。これを決して忘れないように。

私に頼っていなさい、その祈りが芳香となるように。神なき人びとに対して、あなたを囮の餌のように用いさせてもらいたい。このすべての犠牲は無駄にはならない。覚えておくように、私の聖心はあなたの住まいである。

「私たち共に」?

「私たち共に」、わが主よ。

善良でありなさい。

(聖母より、祈りの集いに与えられたメッセージ)

あなたたち皆に平和。神お一人だけが英知であられます。この砂漠であなたたちに呼びかける英知の声に耳を澄まし、耳を開いてそのお声を聞き分けなさい。イエスは皆を呼んでおられます、一人ずつ主のもとに戻って来るようにと、愛に立ち帰り、足跡をたどるようにと。

私の息子はあなたたちの弱さ、欠点をご存じです、でもその神聖な御手にすっかり身を委ね、信頼するなら、心配しなくてよいのです。ありのままで私の息子のもとを訪れ、あなたの意志をお献げしなさい。あなたの愛、あなたの苦しみ、あなたの悲しみ、あなたの苦悩、あなたが抱えている問題をお献げしなさい。すべてをお献げするのです。イエスに信頼し、聖心の内奥にまで導いていただくように委ねてください、そこで神の平和を見いだすでしょう。この平和が、あなたの魂にとってそれほど必要なのです。

心配、分裂や混乱を引き起こし、よりいっそう神の救いのご計画と戦っている悪魔に対し、常に警戒していてください。悪魔は正しい人たちでさえ騙し、挫こうとしています。けれど、主の御名を呼ぶ者たちは誰であっても聞かれ、堕落から救われます。しかし悪魔の言葉に耳を傾ける者たちは、神に由来する正義を見落とし、愛のお声に気づかないでしょう。

福音をもたらす足音は歓迎すべき音だといつも覚えておくように。祈りなさい、愛する子たちよ、心から、そして多くの民に注がれている御霊を歓迎してください。いかに愛の立ち帰りの時が近づいており、恩寵が分け隔てなく、あなたたちの多くに降り注いでいるかを感じてください。

メッセージの最後に当たって思い出させましょう、あなたたちが愛ゆえに愛によって、創り主を愛するようにと造られ、また造られた全ては創り主によって、創り主のために創造されたのです。ですからあなたを造られたお方を賛美し、栄光を称えてください。私、あなたの母を喜ばせ、私たちのメッセージを黙想し、私たちのメッセージを生きてください。

皆を祝福します、あなたたちの家族も祝福しましょう。私、あなたの聖なる母は、皆を愛しています。