私を愛するようにあなたを創造した

1988年9月6日 (ノート27)

私です、この裏切りについて、私の子よ、知らせておいた。来て、私に倚りかかりなさい。これを私からのものでないとする議論が、いかに無意味であるかが知られるように、その熱意は的を外れ、私の正義がはっきりと、見えていないようだ、そして自分たちの考えを吐露しているに過ぎない。
聖書には書かれてある:「善い知らせをもたらす人の足音は、歓迎すべき足音」と、また私の選ぶ器の種類に、驚く人びとにはこう言う:「私を求めない人びとに私は見いだされ、私に聞かない人びとに自らを現した」

彼の議論にも一理あります。この賜を受けるのに、本当に私は適当ではありませんから。私は駄目な人間です。ですが、友人のビアトリスが神父さまに尋ねました。「マリア・マグダレナはどうですか?」彼は答えたそうです、「ああ、そうです、しかし後で回心しましたから」では私は回心していないと神父さまは思っておられるのですね?

平和でいなさい! 私の聖心のうちにあなたをおいた。

二千年前に彼が生きていたなら、私を罪人として、石殺しにする一人に加わっていたでしょう。

私が許しはしなかった、かつてと同じ言葉を言っただろう、「罪のない者が最初に石を投げなさい」と。心を開きなさい! 頭でなく! ヴァスーラ、あなたの救い主、私に倚りかかっていなさい、心の閉じたままの人びとのために、祈りなさい、耳を閉じる人びとのために祈りなさい。

はい、主よ。

私の受難の残りに備えなさい、覚えておくように、あなたの十字架の大きさを示した。

はい、主よ。

しかしあなたと私は、それをともに分かち合う。すべて無駄にはならない、与えた使命を達成する手助けをする、それから……私のもとに飛んで来よう、そう*! 来なさい、私は現存する、「私たち」?

* イエスは嬉しそうでした。

はい、主よ。

(しばらくして)

わが主よ?

私です、私の目をのぞき込んで、左も右も見ないように、あなたの主、私を見なさい、私は道、真理そして永遠のいのち。どれほど大きな愛をもって、みことばを教えたかを思い出すように。それにあなたの知識はすべて、私からのもの。
私の王国全体は不思議に満ちている、私はアルファでありオメガ、私を愛しなさい……あなたの示す愛の雫のどの一滴も献げ、私を王として扱いなさい、私を愛するように、あなたを創造した、持てるすべての愛が、私だけのものとなるように*、私なしでは、あなたがいかに弱くみじめであるかは分かっている、しかし私は単なる子ども、無に等しいあなたを私の腕に抱き、与えてくれるこの無の空間で、私の霊は自由に、息することができることも分かっている、私の霊があなたを形造るのを許しなさい、学ぶすべては英知に由来する、そして私は英知。

* 神を愛するようになるなら、お互いも愛し合うようになります。