キリエ・エレイソン

1989年9月15日 (ノート36)

(それから寝に行き、それは11時過ぎでした。私は一心に祈り、この恐ろしい言葉「眠り」に負けてしまうまで、何とか2、3回キリエ・エレイソン、クリステ・エレイソン1と言うことができました。その時突然、「まことにあなたを助ける!」という、驚いて飛び上がるような大きい声が、私の中で聞こえました。夜中に2、3回うちなる声が私のために絶え間なく祈っているのが分かり、ときどき私もその声に合わせて祈ってみました、意味はよく分かりませんでしたが)

(次の朝)

ヴァスーラ、あなたにはもっと期待している。私にさらに与えてくれようか?

イエス、お好きなものを何でも。

いのちさえも?

私のいのちはあなたのものです

花よ、愛の苦しみを与えよう。覚えておきなさい、苦しみを経て聖化されることを。今度は私が聖書を読んで聞かせよう2。私への忠実に留まるように、忘れないでほしい、私は全く忠実な者、そこで私に信頼していなさい。抵抗しないで、自分をすっかり明け渡すように。あなたの魂にとって何が最善かを知っている。

私は愛。

イクトゥス

  1. 「主よ、あわれみたまえ、キリスト、あわれみたまえ」という意味。ミサの始めに、悔い改めの部分で繰り返し唱えるギリシャ語の祈り。
  2. ヘブライ3・1-6