主を第一にして 悪を愛で返しなさい

1988年1月31日 ノート21

ヴァスーラ、私たちは二人ともあなたのそばにいます。

(今しがた、ソファに腰掛けていた時、イエスの着物が私の右腕に触れるのを感じました。主は私の肩に手を置かれ、再びありありとお姿が感じられるようでした。私は書くために立ち上がりましたが、聖マリアがそばに座っておられる感じがしました)

私が望んでいる誓いとは忠誠の誓いです。イエスに忠実であるように、主を第一にして、み旨を喜んで行ってください。

聖マリア、まだあまりピンときていないのです。自分でもこのすべてを十分悟っていないのが分かります。

私の子よ、神はあなたの目を覆われているのです。あなたのうちに働かれるのに任せ、主を信頼なさい。

ヴァスーラ、私の教会1であなたを待っています。私の家を訪れる者を皆祝福します。そう、私のもとに来る者は皆祝福しましょう。

ヴァスーラ、試練が訪れた時も落胆しないように。祈り続けなさい。私のもとに来て、あなたを迫害する者たちを祝福し、弾圧する者たちのために祈り、悪を愛でお返しなさい。終わりにはこの汚れなき御心が勝利します。

ファティマでは皆が信じるように壮大な奇跡を起こしました、「太陽の奇跡」と呼ばれています。花よ、そこにあなたの霊が入ることを神がお許しになったことを分かっていますか? あなたは主の住み家に許されたのです。ヴァスーラ、神がどんな特権をあなたにお与えになったか、ほとんど分かっていませんね!

はい、聖マリア、十分に分かってはいません、けれどこれが神のご意思ならそのまま受け入れます。

そうです、理由を探さないように、神が与えるすべてを優美にお受けなさい。神の要求に快く従ってください、あなたの目に被いをされることで、注がれているすべてのみ恵みに魂が有頂天となるのを防いでおられるのです。あなたは何十万というセラフィムが絶え間なく主の玉座を取り囲んで礼拝する、至聖所に入るのを許されました。主の最も聖なる天使たちだけが神の聖所に入ることを許されています。これで主の与えて下さったご好意が、娘よ、分かったでしょう。

聖マリア、どうもピンとこなくて申し訳ありません。

あなたのために執り成しましょう。

お助け下さり、ありがとうございます、聖なるお母さま。

イエスですよ。

ヴァスーラ、私もそこにいて2、訪れる者を皆祝福する。

さあ、来なさい、私を感じるように、私を喜び、私に微笑みかけなさい。声を出し、話す言葉を聞かせてほしい。ヴァスーラ、あなたの聖なる母、私の母のそばにいる私を探し求めなさい。私たちは一緒です。あなたを愛している、

私たちの心がいかに引き裂かれ、傷ついているか

1988年1月30日 ノート21

ヴァスーラ、私は離れていった私の子たちのために泣き悲しんでいます。

(聖マリアは本当に泣かれるのです。そのお声はとても悲しみに満ちておられます)

今、愛と慈悲があなたたちのさなかに降り、ご自分の完全な、聖なるパンで再び養っておられます。愛は希望と平和を与えに降って来られたのです。あなたたち皆を愛しています、ヴァスーラ。(間があり)私のトリノの教会に来てくれますか? しばしばそこを訪ねてください、忠誠の誓いを献げてくれますか? 娘よ、私の息子の許嫁よ、あなたの誓いを私に献げてくれますか?

聖なるお母さま、汚れなき御心をお喜ばせできたらと、トリノをお訪ねします。けれど「忠誠の誓い」がどういうことか無知のために分かりません。お望みのものは何でもお献げします、何をお献げするのかどうぞ分からせてください、無知によりそれを踏みにじってしまいませんように。

私の汚れなき御心にあなたのすべての愛と熱意を献げることで、私の息子を一層喜ばせてください。あがなわれるようにと魂たちを献げて、私の息子を一層喜ばせてください。あなたの忠誠の誓いを私に献げ、喜ばせてくれますように。イエスに従うことでそれができます。主を反射する者となりなさい、主に忠実であるように。ヴァスーラ、あなたのために祈ります、執り成します。イエスの許嫁よ、私たちの心はともに茨の冠に囲まれています。ガラバンダルで与えたメッセージは無視されました。愛する子ヨハネ・パウロが私のもとに来て、私の汚れなき御心とイエスの聖心を感じますように、私たちの心がいかに引き裂かれ、傷ついているかを感じますように、それらは一つの大きな傷となっています。彼らは自分たちの神の御心を、そして母の心を引き裂きました。あなたを拒むすべての人たちのために祈ってほしいのです。私の子よ、あなたは大変苦しむでしょう。

神の栄光のために喜んで苦しみます。

イエスと私が一緒であるのを忘れないで下さい、あなたを慰めます、花よ。自分からは教会の権威者たちにイエスのメッセージを持って行かないように、イエスはあなたに代わって証しする証人をお与えです。

ああ、聖マリア、私たちのしたことは間違っていたのですね?

そうです、ヴァスーラ、友達にはイエスのメッセージを読ませてあげなさい、回心へ導いて。けれどあなた自身は、教会の権威者を訪ねて自らを紹介しようと思わないように、二人の証人にこの仕事をお任せなさい。イエスは光を与え、二人はイエスのなさり方を理解しました、いつも二人とともにいます。

ああ、愛する者よ1、私のメッセージがいかに失われた魂を癒やし、回心させるかをジェームズ神父に思い出させなさい、ヴァスーラ、私のメッセージが本物である証しとして、何が一番大きい奇跡か?

回心?

そう、私のヴァスーラ、私の司祭よ、これであなたにも分かった、私の最大の奇跡は、娘よ、回心です。終わりには、娘よ、私たちの心が勝利するだろう。 

娘よ。

はい、聖マリア。

トリノの私の教会にお出でなさい、その時私に誓いを献げてくれますか?

そうします、聖マリア。

そこであなたに会うのが嬉しい、イスミニにもお伝えなさい、あなたの友人たちもお連れなさい、皆を祝福します。

従順

1988年1月29日 ノート21

ゆうべは自分が死ぬありありとした夢を見ました。どう死ぬかを。死を迎える時にイエスが支えてくださいました。私は立っていましたがふらついていて、イエスは肩に私のあごを置かせて下さっていました。私の右の頬には主の髪の毛が感じられ、それは聖骸布にあるように、拷問を受けたかのようでした。主は耳もとに慰めの言葉を囁きながら、同時に気持をほぐし、主が受け取って下されるよう、体から霊を引き離すための指示も与えて下さっていました:ときには医者のような言い方で。私が見た限り心配はなく、苦痛も全然感じませんでした。

ヴァスーラ、私たちがともにいる、子よ。

(イエスと聖マリア)

私の花よ、あなたの時が来たなら、刈り入れ主である私はあなたを摘んで私の喜びの園に植え替える、ヴァスーラ、見たのは現実の反映でしかない、さあ来て回心しなさい、愛する者よ、耳を傾けている。

(私は悔い改め、罪のゆるしを願い求めました)

すべてが赦された、誠実さと聖なる生き方を教えよう、もう罪を犯さないように。

そうです、ヴァスーラ、

(聖マリア)

霊を込め、精神と力を込めて、神を愛するように、あなたを限りなく愛しておられます、そうです、子よ、いかに悪の手から救い出して下さったか、決して忘れないように、主は休まれません、扉から扉へとみ手に聖心を持って、魂がお声を聞くようにと望み、恋い焦がれながら、歩かれます、ああ、わずかな者しかお声を聞きません……ヴァスーラ、私の働き方を知っていますか?

いいえ、あまり……

私は祈るのです、魂の救いのために祈り、悪からあなたを護ります、私はあなたの楯です、危険に際し、子の楯となるどの母親とも同じに、サタンとその不敵な罠からあなたを護ります、ヴァスーラ、魂たちがイエスに立ち帰るように祈っています、祝福しながら集めているのです、確かに姿は見えませんが、多くの人は私を感じています、

本当に喜んでいただけるものをお贈りしたい、何か私のできる範囲で。

ああ、ヴァスーラ、こうやって私を喜ばせてください。従うように。神のみ旨に従うのです、

「ポス1?」

なぜほかの者でなくあなたに、神がメッセージを持って来られたかを理解しようと求めないで、お受けなさい、主が何かを求めておられるときは、子よ、それに従うよう、書く前にと主が頼まれた三つの祈りを唱えていますか?

いいえ。

手伝いましょう、ヴァスーラ、

聖マリア、主はもう私のことを怒って、がっかりしておられるでしょう? (私は自分を憎みました、主を絶対がっかりさせたくはありませんでしたから)

ヴァスーラ、いいえ、主はがっかりされていません、あなたがどうしようもなく弱いみじめな者だとご存じですから、落胆しないように、イエスはあなたを教え、あなたはイエスを喜ばせています、けれど、さらに喜んでいただけるよう、その要求に従ってください、覚えておくように、イエスは決してあなたを害する要求はなさいません、あなたの救いを願っておられるのです、イエスとは救い主という意味です。

祝福します、聖マリア。

いつもあなたを護っています、ヴァスーラ、また私のもとにいらっしゃい、愛しています、娘よ。

あなたの聖母が黙示録12章を教えられる

1988年1月26日 ノート21

ヴァスーラ、あなたの聖なる母と共に働いてくれるか。私たちを分かつことはできない。

はい、イエス様。

愛している。私はいつも母のそばにいる。今度はあなたの聖母がお教えになられる。

(イエスは聖マリアとご一緒でした。たとえ聖マリアのお姿がいつもイエスと一緒に見えてはいなくとも、それは聖マリアがイエスとご一緒でないということにはならない、とイエスは解らせてくださいました。お二人はいつも一緒におられるのです)

娘よ、私はいつもあなたと一緒でした。あなたを守り、助けています。

(ここでいくつかのことを聖マリアは解らせようしておいででした。神が私のために用意されたこの道をお助け下さっているのだと)

最後まで助けましょう。

(聖マリアは内的語りかけによって、黙示録12章に目を通すようにと分からせてくださいました)

さあ、説明しましょう。サタンが敗北したとき、彼は私の他の子どもたちに戦いを挑み、荒れ狂う怒りのうちに飲み込もうと誓いました、彼の日々が限られていて、その間、少しでも多くの者を一緒に引きずり下ろしたいからです。そう、彼は龍であって、その尾で、神の造られたものを破滅の淵にまで落とそうとしています1。ヴァスーラ、私の子よ、サタンは虚栄心そのもので、全能者の御業を非難し、神の創造は失敗したと、私たちの子どもたちは彼の邪悪なやり方に従うように造られていると証明したいのです。

ヴァスーラ、ひとつ教えましょう。私を愛する人々が皆喜ぶことを。今年は私の栄光の年となるでしょう。そう2、あなたはよく分かっていませんね。私の汚れなき心が勝利するのです3、多くの魂をイエスのもとに引き戻すでしょう。

(聖マリアはご自身のご出現に私の注意を向けさせられました)

ルルドとファティマに現れたの時のように、私はガラバンダルでも現れ、同様のメッセージを与えました。ガラバンダルはファティマのメッセージの続きです。ですがサタンは再び、教会の権威者たちの目に塵をかけて、混乱させました。サタンはこの者たちの心に自分の種子を蒔き4、私の出現を否定させ、私のメッセージが普遍的に広がるのを妨げました。ヴァスーラ、私たちの心は血を流しています。突き刺す茨の棘に傷つき、どんなにあなたたちの上に涙を流しているでしょう。子どもたちよ、愛しています。ヴァスーラ、悪魔の尾にさらわれて行くあなたたちを見ながら、どんなに私の傷ついた心が痛むか!

(聖マリアは大変辛そうなご様子でした)

ヴァスーラ、耳もとにあることをささやきましょう、聞きなさい。そうです。

(聖マリアはある秘密を耳もとに囁かれました。自分が夢を見ていて、いつか目を覚ますのではと時々思ってしまいます)

ヴァスーラ、それはあなたの目にイエスが被いを掛けておられるからです。ちょうどよい時にこの被いが取り除かれるでしょう。イエスに信頼してほしいのです、娘よ、あなたをこのような仕方で導くにお任せなさい。嘆かないように、花よ、いつもともにいます。トリノであなたたちに教会の外で現れたのを覚えていますか?

はい!(聖マリアは従妹に巨大な像として現れて下さったのです。ご自分の教会がどこにあるかを示すために)

そうです、あなたを呼ぶために現れました。私の教会に入って来てほしかったからです。愛する子よ、私の子たちを呼ぶのに、私はさまざまな場所で、多くの人に現れています。あなたたち皆をどんなに愛しているかを知ってくれたなら。皆を抱擁し、皆を私の心に近づけたいのです。

(ある思い、悲しい思いが頭をよぎりました、これがあまりにも大きな啓示なために、教会の権威者たちが疑っているのかもしれません。イエスが二度おっしゃったように、このメッセージも、またもや人の思いをはるかに越えているのです。疑い、疑い、疑い、不信、不信、不信……)

子よ、イエスが肉のうちに地上で過ごされた時はどうだったのか、忘れてしまったのですか。迫害され、ファリサイ派の人たちには馬鹿にされて、信じてもらえませんでした。今日は、娘よ、この人々は5神の天的み業を信じようとしません。あなたの時代は、娘よ、ソドムの低さにまで堕落しました。あなたを弾圧する者は多いとイエスは予告なさいましたが、私は最悪の事態からあなたを守っています。さあ、ヴァスーラ、神の至聖所で経験したことを忘れないように、神があなたを聖心のうちに置かれたことを思い出させるために、こう言っています。主の光、そう、「太陽」の中に入ってゆくことを神はお許しになりました。あなたは最も聖なる神の住まいを見たのです。

聖マリア、私の見たとてつもなく大きい「光の球」が、ファティマと同じものだとは気がつきませんでした!

当時のあなたには分かりませんでしたが、愛があなたを引き上げ、御心のうちに置いて下さったのです。私たちの他の子どもたちにもそうなさいます。この子たちを呼んでいます、神は罪をおゆるしになり、悔い改め、償うことをお教えになるでしょう。ご自分の道を教え、誠実さをもって養い、彼らは改心します。さあ、私を尊びなさい、ヴァスーラ、あなたの聖なる母として接するように。あなたは私の子です、

はい、聖なるお母さま、今の私には聖家族があります、愛しております。

(明日のことが心配になりました)

心配しないように、私の言葉をあなたの耳にささやきましょう。私は、ヴァスーラ、皆の母なのです。おいでなさい。

(聖母の御心を感じましたが、イエスの心と同じくらい傷ついておられます)

そうです、私のヴァスーラ、ガラバンダルで与えたメッセージを繰り返し拒む教会の権威者たちの誤りによってです。ファティマのメッセージを拡大したものがガラバンダルです。ヴァスーラ、もうお休みなさい、明日声をかけます。

はい、聖マリア、祝福します。

娘よ、望むときはいつでも私のもとにいらっしゃい。

母の汚れなき御心は私の聖心に結ばれている

1988年1月25日 ノート21

イエス様?

私です。

今だに、このすべてに驚きを感じます。啓示のことですが、夢のようで、ある時ふと目が覚めてただの夢だったと分かっても不思議ではありません。驚くばかりです!

ヴァスーラ、私は全知全能、あなたを死者から甦らせて、光を与えることを望んだ。「太陽」のヴィジョンを覚えているか?

はい、主よ、光の丸い球ですね。(ノート9、1986年3月26日を参照)

この光の球はあなたたちの間で「太陽の奇跡」として知られている、あなたに見るのを許したこの丸い球はファティマのものと同じです、私はその中にあなたを連れていって、入るのを許した。ああ、ヴァスーラ、それがどんなに特別なことかを知ったなら! 小さな者よ、まだ悟っていないのは、目に被いを掛けてあるからです。

愛しております、わが神。

ヴァスーラ、あなたを私の聖心のうちに隠す、あなたは私にとって貴重な者、あなたの神、私はあなたを大切に思っている、決して怖れないように、私は愛、限りなく優しい父、私に歯向かう時にだけ怖れなさい、ああ、ヴァスーラ、私の神秘は数多くある、そのほとんどはあなたに隠されている。ヴァスーラ、さあ、注意深く聞きなさい。口にのぼった預言はすべて実現する、聖書に書かれてあるみことばはすべて成し遂げられる。ヴァスーラ、二つの心を描いてほしい。

そう、互いに近く、じつは結ばれている心を、それらを一つの茨の冠で囲むように、そう、母の汚れなき御心は私の聖心に結ばれている、私は、その汚れなき御心の受けるにふさわしい情愛を、あなたたち一人ひとりが献げるようにと望んでいる、分かるか、娘よ、私たち神聖な心は、忘恩、涜聖、愛の不在による、茨の冠で覆われ、その茨はこの者たちの罪全体を現す。ヴァスーラ、みことばである私は母を愛し、尊敬を抱いている、私が母を尊ぶと同じように、あなたたちもみもとに近づき、尊んでほしい。どの膝もかがんで母に尊敬を現し、ロザリオの祈りを通して「めでたし」とご挨拶してもらいたい、母にどうするかお教えいただいて、罪を償ってほしい。目覚めているように、娘よ、さあ、母の御心が私の神聖な聖心と、いかに結ばれているかを示した、一つの茨の冠に囲まれて。私の現存を思い出させよう、愛している。

私も愛します、イエス。

来なさい。ヴァスーラ、ともに祈ってくれるか?

はい、主よ。

「御父よ、ああ、アッバ!
私の意志をお献げします、いのちをお献げします、
自らを明け渡します、正義なる御父よ
み旨にかないますなら
完全に用いていただくにふさわしくしてください
燃えるようなお望みの生けにえとなれますよう、
御心の望まれるままに行ってください、アーメン」

ヴァスーラ、あなたを弾圧する人びとを祝福しなさい、この人びとのために祈りなさい。さあ、あなたの聖なる母に祈りなさい、私と一緒に祈るように。

(イエスが書き記させなさいます)

「ああ、聖なる御母、
あなたの汚れなき御心に対する侮辱を
私が償います、
愛のために、喜んで愛の生けにえとなって、アーメン」

ヴァスーラ、私と一緒に御父に祈ってほしい、さあ、ともに。

「御父よ、愛するお方、
私の信仰、愛、希望を、あなたにぜひ
大きくしていただきたいのです、
御名の栄光を、再び称えられますように、アーメン」

私自身の者たちにほとんど理解されていない

1988年1月24日 ノート20

ヴァスーラ、私の気持ちを(……)に打ち明けたい。聞きなさい。兄弟よ! 魂よ! 「神は奉献された魂にしか近づかれず、引き上げられない」という理論を永久に捨て去りなさい、私は敬虔な魂だけに近づくのではない。私は差別をしない。それをどうして、別け隔てする神だと言うのか? あなたたちの多くが、私の恵みは敬虔な姉妹、兄弟たちだけに与えられるといまだに信じているのを見て心が痛む。わかるか、子よ、私自身の者たちに私がどれほどわずかしか理解されていないかを? 

(イエスは悲しみのうちに、頭を片方に少し曲げ、聖心に手を挙げられました。しばらくこうしたままでした。とてもお美しいお姿で)

私は私の教会の外にいる多くの人びとを訪れている、そう、……みじめな魂たち1、……改心させて、私に熱心に従わせ、使徒とし、聖人とした。それでいて、教会の権威ある人びとの多くはこうした私のわざを見落とし、無視する。この魂たちを全く認めようとはしない、知ろうともしない。彼らの分け隔てによって多くが拒まれてきた。「神は修道服をまとった敬虔な魂たちにしか訪れない」という理論は間違っている。あなたたちは大きな誤りを犯している!

(穏やかな悲しみを湛えたイエスは、今は苦渋に満ちておられました)

どれほど多くの魂に近づいたか、あなたたちが知ったなら、この人びとは必ずしも修道服を着ておらず、私に献身的でさえなかった、ところが聖人に変えられた!

愛する者よ、香りによってあなた自身が私の現存を識別したことを、本当に忘れてしまったか? 私の香りであなたを包み、祝福したのを! さあ、今に学ぶだろう。私は多くの魂を私の平和と愛のメッセージで回心させ、失われた小羊たちは戻って来て、腕に飛び込んできてくれた。歓びなさい、魂よ! 迷子の小羊が主人を見つけるほど、大きい奇跡があろうか! 羊飼いにとっても、迷子の羊を再び見出す以上の歓びがあろうか2! 私の誉れとなりなさい、……私のわざに栄光を与えなさい、愛する者よ……私の種子を蒔きなさい。私の誉れとなり、平和と愛の十字架を担いなさい。羊飼いの呼びかけに気づいて、私の救いの奇跡を兄弟たちに知らせなさい! 隣り人たちに告げなさい! よい知らせを告げなさい、私のわざを知らせなさい! 私のわざが知られ、奇跡が知られるように。

私はあなたを訪れ、あなたの燭台に油を注いだ。私の光を与えた、あなたの床の下にこの明りを隠してはいけない、それでは役に立たない。さあ、台の上で輝くようにあなたの燭台に油を注いだゆえに歓びなさい、兄弟よ、皆がその明りを見て、私からのものであることを知るように。私はあなたを訪れた、魂よ、あなたには私が分かった。魂よ、私を招き入れてくれて、私はあなたの食事を分かち合った、歓びなさい!

私の神聖なわざを宣言し、皆に見えるよう、私の光を屋根の上に掲げて私を称えなさい。皆が見えるようにしなさい。この明りを見たなら、皆ははるばる遠くから集まってくる、私がどうやってあなたを訪れ、この明りを与えたかを知らせなさい。

私の平和を持つように……

あなたたちは聞き、再び聞くが、理解しないであろう

1988年1月18日 ノート20

主よ、すべてがみ旨からのもので 起こるすべてが主のご意思によるのでしたら、どうしてメッセージを受け入れてもらいたいと願っておられる魂たちの心を開かれないのか私には分かりません、主がそれをお望みなのですから。この方がたをどうして照らされないのでしょう?

ああ、娘よ、愛する者よ、あなたを癒やし、改心させたことを歓び、幸せに思いなさい。私を畏れる者たちには代々に私の慈悲が及ぶ、しかし棘となって突き刺す者たちに対してはイザヤの預言が繰り返されている、「あなたたちは聞き、再び聞くが、理解しないだろう、見て、再び見ながら、悟らない。この国の心は粗雑になり、耳は聞く力を鈍らせ、目は閉じてしまった、目で見て、耳で聞き、心で理解し、私のために改心し、癒やされるのを恐れて」娘よ、永遠の昔からこの人びとの頑なさを予見していた、この時代に与えられた私の摂理的わざを拒み、彼らはその特権を失った、ヴァスーラ、あなたたちのうちに一番見いだしたいもの、それは信仰希望1 だが、これらが身につくよう、繰り返し繰り返し何百回も祈り求めなさい。

主よ、皆の中でもジェームズ神父とディビッドに主は光を与えられました。

私を見て、聞き分け、感じるように、二人を照らした、誠実である証しを立てる者には光を与える、知者は誠実さに欠けるがため、光を与えない、主なる私は貧しく卑しい者を探し求めている、あなたが小さいほど、私は偉大さのうちに上からかがみ、引き上げようと手を差しのべたくなる、あなたが小さく、つまらない者であるほど、私の聖心の奥深くに入りやすくなる、ヴァスーラ! 見えるか?

(イエスはあるヴィジョンを下さり、そこには廊下と通路を遮る大きな岩の塊がありました、その向うには強いまぶしい光が見えますが、その岩があって廊下には光が射していません)

その岩とは私に通じる道を塞ぐ者たちだ、大きいあまり、私を求める人びとの上に光が射すのを妨げてしまう、この者たちに、主なる私は言う、あなたの権勢を忍ばないだろう、その傲慢にあきあきした、私の杯は満ちている、時が訪れたなら、一人ずつ呼んで悔い改めさせる、忠実でない者は災い、私と顔を合わせる日が来るだろうから。

イエス、分かり始めたのですが、身を低くする謙遜な本当の弟子たちは主の啓示を喜び、主に不忠実な者たちはこの啓示を喜ばないでしょう、つまりある人にはよくて、ある人には悪いわけです。

そう、ヴァスーラ、これで分かったか2

聖マリア、私はみじめな者ですが、支えとなっていただけますでしょうか? 勇気をお与え下さい、位階職で耳をかして下さる権威ある方が一人でもおられないでしょうか? 一人だけでも。

ヴァスーラ、私の娘よ、イエスはあなたを愛しておられます、あなたが愛おしい、祝された者よ、イエスと私が今助けましょう、主のご好意を得られるよう、祈りなさい。

はい、お母さま、正しい言葉が見つかりますよう、お助け下さい。

私です、花よ。皆を愛している。決して疑わないように。

助けをお与え下さり、ありがとうございます。

愛が多くの試練を堪え忍ぶよう、助けてくれます、子よ、イエスがご自身の力をお与えになります、いつも励ましてあげましょう、怖れないように3 、あなたを護っています。
私は主、愛する魂よ、今から私の誉れとなり、ともに歩みなさい、私の望みを達成する力を与えよう、どんなに愛しているか! あなたの魂が決して把握し得ないほどに、その愛は大きい。

私の平和と慈悲、愛と正義のメッセージが今あなたたちの間に降る。私を称えなさい、私の愛が、義によって下される罰からあなたたちを救うだろう。

ああ、ペトロよ4 、私が自ら選び出し、聖化した者よ、あなたから目を離したことはない。この長い年月あなたを見守り続けてきた、今私は戸口に立っている、兄弟よ、いとしい者よ、戸を叩いて、中に入れてくれるか? 私を拒まないように、ペトロよ、愛している、耳をかしなさい、私の声を聞いてほしい、私の声を聞き分けなさい。それは主なる私です。あなたに平和、魂よ、歓びなさい! 血を流す私の体を一致させ、小羊たちを集めに来た、私の園を灌漑しにやって来た、私はイエス、あなたの救い主。見るように5 ! 見るように、ペトロよ、私の聖心には再びこれほど多くの棘が突き刺さっている、愛する者たちから受けた棘が!私の魂は再び傷つき、われわれ二つの御心は踏みにじられ、どちらも茨の冠を再び被せられている6 、この脇腹は大きく引き裂かれ、血がほとばしりでている。今あなたの戸口に立ち、密かな救いの計画を携えてきた、それはここにある。この啓示は私の声、心を込めて、心を込めて、あなたたちを愛する。

ペトロ、どうして私の弟子たちは敵意のうちに散らされているのか?

1988年1月13日 ノート20

僕ジェームズにこの言葉を述べたい:あなたに私の園から取った実を与えた、私の娘を養っているようにあなたと僕ディビッドをも養っている。私の実を食べなさい、賜物を受け取りなさい、決して私を拒まないように。主なる私は、祝福を与えつつ、ともにいる、後になって十分理解するだろう、覆いがすっかり取り除かれ、私の栄光を目の当たりにしたなら、愛している、あなたには決して理解できないほどに、どの人間の思考も、この理解には到達し得ない。ひとたび覆いが取り除かれたなら、その時は高くそびえる木を妨げ低い木を育てるのが私であることを、理解するだろう。

主よ、たくさんの人が主のことを不正だと非難します、そして、「もし神が在るとすれば、もしそうなら、不正な神だ」と言って離れていこうとするのです。

花よ、この人びとに言う、「あなたが死ぬのは、自らに対して犯した悪、あなたたちの棄教のためである、悔い改めなさい、罪を放棄し、私に立ち帰るなら、あなたをゆるす」私をあなたのあがない主、慰め主と見なしなさい、私は光として今日の暗やみの世界を照らしに来た。私の家は混乱と議論、己が利益を求め、聖性が無視された中で統治されている、ペトロよ! ペトロ! どうして私の弟子たちは敵意のうちに散らされているのか? 私の手で祝別された者よ、兄弟、永遠にあなたを愛おしむ。私の聖心は愛する私自身の者たち、自らの者たちの打ち込む棘によって傷ついている、あなたに私の傷ついた心を現そう、また新たに、この聖心は貫き通され、血がほとばしり出ている、私自身の者たちは誠実さに欠け、私を再び十字架につけた、愛が欠けているため、私の体は痛み、愛が欠けているため、唇は乾く、私は渇いている、愛する者よ。この者たちは私のやり方を忘れてしまった、私が謙遜、柔和で愛に満ちていることを。あなたに求めるのは愛だけである、私があなたを愛するように、互いに愛し合いなさい、どうして私の教会の中で戦うのか? 私の面前でこのように言い争い、憎み合うのか? このように毒を持った宣言文を配布するか? この者たちの聖性はどうなってしまったか、私の園をなぜ疎かにするのか? 私の小羊たちはかつてないほど散らされ、残るわずかな小羊も見放されて檻にいなくなろう。ペトロよ、私の目は、彼らが互いに非難し合うのを見厭きた、私の土地を荒廃させ、小羊たちに与える何をも持たないで。そのやり方を受け入れるわけにいかない、愛と平和を与え、人を裁くようにと教えたことはないのに。ヴァスーラ、私は思いやりをもって統治している、私の聖心は血を流し引き裂かれる、どうして彼らは私を挑発するのか? 私の光を受けていながら兄弟を憎む者はまだ闇の中にいる、とは言わなかったか? 本当に分かっただろうか、「祭壇に献げ物を運ぶとき、兄弟の恨みを突然思い出したなら、すぐそこに献げ物をおいて、兄弟を探しにゆき、先ず和睦してから澄んだ心で戻り、あなたの献げ物を献上しなさい」と言ったときに言おうとしたことを、この言葉のうちに、互いに和を保ち、愛し合い、仲直りし、私の家で献げ物をする前に和解するようにとの意を込めた、子よ、私の心も最初の弟子たちの心も愛には決して欠けていなかった。

主よ、そのお苦しみを感じ、私も苦しんでいます、主の忍耐はなんと大きいでしょう!

ヴァスーラ、私の子よ、私は死者のうちから復活した、私を信じ、希望し、愛しなさい、主なる私は決してあなたを見捨てない。

主よ、どうぞ私を復活させられたように、他の子どもたちも復活させてください。

そうする、あなたが求めたからでなく、それが昔も今も私の意思なるがゆえ。来なさい、私の現存を忘れないように。愛する者よ、最後は勝利を得るだろう。

一致を求めるなら、皆が曲がらなければならない

1988年1月12日 ノート20

主よ、わが神。

ヴァスーラ、手助けをしよう、三本の棒の例えを覚えているか? 真っ直ぐに立ち、硬直した棒を?

はい、覚えています、主よ。(1987年6月2日のメッセージ)

よろしい、一致できるには三本とも曲がらなければならない、二本だけでよいと言ったことはない。ヴァスーラ、あなたの神、私は、あなたたちを本腰で一致させるつもりであると分かったか?

今日お会いしたらまず昨日のメッセージ、十字の切り方について、お尋ねしようと思っていました。

分かっている、娘よ、だからこそ、「一致を求めるなら、皆が曲がらなければならない」という意味が何であるかを理解してもらいたい、皆への愛と限りない慈しみにより、一致の手助けをしに来た。ヴァスーラ、素朴な心で私を求めなさい、私は愛する神、柔和で謙遜な者、私のやり方を覚えておくように、一致を可能とするため、自己中心の意向を捨て去り、私の声を聞き分けなさい、あなたたちみことばを任せ、何千もの魂を任せた者たち、私の羊の群れの頭に任命した者たち、なぜ私でなく、己が利益を求めるか? 私の小羊たちは散らされた、散らされた……私は、花よ、諸国の民を集め、聖職者を召集し、私の愛によって刷新しに、あなたを通して降ってきた。

主なる救い主よ、この人びとはどうやって自らの誤りを認め、知るようになるでしょうか?

自らの誤りに気づく方法は、私の意思を求めること、悔い改めて、私の慈悲を思いめぐらし、その摂理的わざを踏みにじるかわりに、信じなさい、真心こめて私を礼拝し、あなたたちのでなく、私の利益を求めるように。

主よ、「利益」が何かをよく分かっていないかもしれませんが、おゆるし下さい、利益とはこういうことでしょうか: 「主のお望みが、今散らされている羊の群れを連れ戻し、集めるだけである」と?

愛する者よ、あなたですら私が何を最も望んでいるかを理解している、しかし私が望むのはこれだけでない、この啓示を読むなら分かるだろう、ヴァスーラ。

はい、主よ。

娘よ、あなたを迫害する者を祝福するのを忘れてはいけない。愛は常に忍耐強く、寛大です、聖なる生活を送りなさい、あなたに示している忍耐を思い起こし、娘よ*、私の似姿となりなさい、私を信じ、希望し、愛しなさい、さあ、私の霊のうちに憩うように、最愛の者よ、私の愛を感じて、あなたの神、私を崇めなさい、「私たち」?

* もし愛であられなかったら、とうの昔に私を打っておられたでしょう!

お包み下さっている愛に感謝します、私の霊に示されている忍耐、寛大さと慈しみを感謝します、私は主を信じ、礼拝し、主に希望をおき、愛します、アーメン。

ああ、愛する者よ! この言葉をあなたの口から聞いて、私の心は愛で大きく膨らむ*!

* 神は、非常に喜ばれたご様子でした!

ああ、神よ、どうして愛さないでいられましょう、あなたのために生きているのです。土くれに過ぎませんが、私はあなたのものです、行うすべてはあなたのため、自分の利益でなく、み名の誉れを求めています。あなたの小羊たちをみもとに連れ戻し、ご意思に従おうとしています、主よ。あなたが大切です、それで主に与えられ、お教えいただいたこの愛ゆえに願います、お望みなら、これからもずっと主の誉れとなれますように、私の信仰を深め、限りなく愛させてください、アーメン。

私の園から取った実で養う、愛する者よ、あなたを迫害する者たちの目の前で養おう、これが私の意思なるがゆえ。

主イエス、ありがとうございます。

与えたものをしっかりと保ち、その宝を誰にも奪われないように、私を固く信じなさい、さあ、手を取り、囁くときはよく耳を澄ませて。

私は自由にみことばを与える

1988年1月10日 ノート20

わが神よ、私と同じようなみわざが行われている魂について時々耳にすると、本当に嬉しいです、方法は違っていても、超自然的な仕方で。すでに二人の婦人たちのことを耳にしました、私とほとんど同じメッセージを受けていますが、この方がたは、聖ヨハネのように脱魂状態になるのです! 聖霊から与えられて。

私は自由にみことばを与える。常にそうする、愛する者よ、私を喜ばせ、ともに祈りなさい、私の魂があなたに好意を示した。さあ、ともに祈ろう1

御父よ、正義なるお方、み旨を喜んで行います。
限りなく感じやすい御心を、進んでお喜ばせする用意があります。
まだ突き刺さっている、その棘を私の愛におき換えて。アーメン。

さあ、もう一つ祈りを教えよう、あがないとして大変効果的な祈りを。次の言葉を私について唱えなさい。

主を信じます。
礼拝します。
希望します。
そして愛します、アーメン。

けれど主よ、これはファティマであなたの平和の天使が唱えた祈りです。

こう祈るよう私が天使たちに教えた、今度はあがないのために、私の子たちにもこの祈りを教えている。

そうです、主は本当に私の希望、私の幸せ、ほほえみです。
主を信じます、
あなたは私の人生の喜び、いのちです。
永遠に主を崇め、礼拝します、アーメン。

さあ、私のもとに来なさい2、十字架の印をするように、

(私は立ち上がり、主のもとに行き、ひざまずいて十字を切りました)

そう、三位一体のうちに、愛している、娘よ、「私たち、共に」?

はい、主よ。

皆に知らせなさい、知らせなさい。

主がおっしゃっているのは、十字架の印をする時、東方教会で教わったやり方をしたということなのです。親指、人指し指と中指を合わせるやり方、つまり三位一体です、三位一体を確認するやり方です。