私はあなたの父

1987年7月25日 (ノート14)

私はあなたを愛する天の父である。あなたの造り主である私の他に、誰のことも父と呼んではならない。私から学びなさい。ヴァスーラ、私は今もあなたたちの間にいると言わなかったか? 私は愛である、私があがなうことができるように、私の群れを愛のもとに連れて来なさい。偶像崇拝1を征圧し、愛を導き出しなさい。あなたに与えたものと同じ糧を彼らに与えて、彼らを助けなさい。

あなたの助けによって、むねを行います。私を導く光となってください。

(しばらくして)

(エホバの証人たちがもうすぐ来ると思うと、不安になりました。この人たちに何と言えばいいのでしょう?)

書きなさい。

(イエスは御手でこのメッセージ用のノートを指して、合図をなさいました。)

その人たちを愛しなさい。

(?)

私があなたに頼んでいることを行いなさい、彼女たちを愛するように、皆、私の子どもたちだ。

ですが、彼女たちは私に間違った助言を与えるのではないでしょうか。この人々は、世界中で自分たちだけが正しい宗教を持っており、カトリックやプロテスタント、イスラム教徒、ユダヤ教徒など、他はすべて百パーセント間違っていると言いたげです! そして自分たちの信仰だけが天国に導くのだと。

(イエスは動じない御様子でした。)

愛する者よ、彼女たちを愛しなさい。

分かりました。ですが、もしも彼女たちが私を間違った方向に導こうとしたら?

あなたを間違った方向に導くのを、私が黙って聞いていると思うか?

いいえ。

娘よ、恐れるな、私があなたを導く。

あなたと共にいられて幸せです、私の神よ……

どうして2

あなたを愛しているからです。あなたは私の幸せそのもの、私の喜び、私のほほ笑みだからです。あなたは私の幸せな人生そのもの。これが理由です。

ヴァスーラ、私を喜びで満たしなさい。私を愛しなさい、ヴァスーラ。私の心のより深いところまで掘り下げなさい、そして私の愛のすべてが、あなたを他の何物でもない愛自身の愛の生ける炎の中だけで、完全に焼き尽くすに任せなさい! 愛する者よ、私のうちで休み、私をあなたのうちで休ませなさい。私の天国となるように。

イクトゥス
  1. 無神論。
  2. イエスはこの理由を心からお聞きになりたい御様子でした。それを喜んでおられるのです!