私の心は愛の深淵

1987年2月1日 (ノート7)

ヴァスーラ、私はイエス・キリスト。あなたを愛している。
 非難やしんらつな言葉を含んだメッセージはどのようなものであっても、私から来たのではないと知っておきなさい。私は愛、愛、愛である。
 私の心は愛の深淵。与えている導きはあなたに合わせたものだ。自分をまだ歩き始めたばかりの幼児だと考えなさい、誰も幼児に自信と確信を持って歩くことなど期待しない。私の導きは初心者のためのもの、一歩一歩教えていく、私と共に一歩進むごとにあなたを祝福する。私はあなたの父1である、あなたを助け、子であるあなたに、私と共に歩くことを教えよう。
 あなたの心の中の疑問に答えてあげよう。私はあなたたち皆を同じように愛している。

あなたは特別に選ばれた魂のことを言っておられるのですね。

あなたも選ばれた者ではないのか? 私はあなたたち皆を愛している。
 娘よ、あなたをそばに置きたいと切に望んできた。私を愛してほしいとどんなに願ってきたことか、愛する他の子どもたちにも、私を愛してほしいとどんなに願っていることか。私は彼らに呼びかけている。返答を期待しながら、昼も夜もずっと、彼らの戸口の外で待ち続けて。私の目が彼らから離れることは決してない、絶えず見守っている。悲しみにあふれつつ、彼らを見守っている。自分たちの魂がどれほど貧しい状態にあるかを彼らが知ってさえいたなら、自分自身の魂をどれほど傷つけ、損なっているかを知ってさえいたなら。
 私はそばにいる、私のもとに来るように呼びかけている。恐れなくてよい。あなたたちをとがめたりはしない。自分の罪を責めるように呼びかけてもいない。たった数分だけでもいいから、私に会いに来てほしい。私のもとに来てほしい、貧しい魂よ、私に会いに来なさい、そしてあなたたちを愛する父を知りなさい2。父自らが、自分の体を食べさせて養ってあげよう。父が自分の血で渇きを癒やしてあげよう。3。もし病気なら治そう。もし悩んでいるのなら慰めよう。もし寒いのなら、愛で包んで暖めてあげよう。私を拒まないように。私は愛であり、あなたたちがどんなに邪悪であっても愛している。たとえさげすまれても、あなたたちを愛していると言おう。私はあわれみに満ちた神、いつでもあなたたちを受け入れて、私の心の中に住まわせる用意ができている。
 娘よ、彼らが眠っているうちに、ゆっくりと、邪悪な罪の深みに深く深く沈んでいくのを見るのはどれほどつらいことか。彼らのはなはだしく邪悪な行為が、どれほど自分たちの魂を危険にさらしているかを知りさえすれば! あなたたちの地上での人生は過ぎゆく影に過ぎない、しかし天でのいのちは永遠である。あなたたちはそこで、栄光に輝く自分の造り主のそばで永遠に生きるであろう、あなたたちが神の子どもであることを思い出させたい。
 ヴァスーラ、私を迫害したり、私の名を汚したりするすべての者に対しては、今後のメッセージの中で呼びかけていく。

はい、主よ。

  1. イザヤ9・5。
  2. イザヤ9・5─6「ひとりのみどりごがわたしたちのために生まれた。(……)その名は、『驚くべき指導者、力ある神、永遠の父、平和の君』と唱えられる」。
  3. ヨハネ6・48─51を参照のこと。