聖霊の賛歌 続き(iii)

1998年6月21日 ノート94

(続きです)

ああ、私の歓びは今大きく、
あなたは私の魂を、卓越した光だけではなく
歓びをもって満たしても下さいました。

そう、まこと愛する者よ、歓びも私の富。

あなたは不安なとき、悲しみのときの慰め主。
魂を励まし、いたわってくださいます、ああ、完璧なお方よ。
あなたの愛すべき優しさのうちに、私の魂をお助け下さい。

ああ、永遠の昔から高みに据えられた、
栄えある玉座、私の神よ、
おいで下さり、一切の悪を
あなたの聖櫃から根こそぎにして
私に思いやりを示してください、
聖なるみ顔を現わしていただけますように……

あなたを哀れむ、私のひ弱な子よ。キリストが御父の思いをあなたたちに現わしたと同じように、私はあなたと他の者たちに、キリストの思いを現わした。私の力を疑わないように。声を聞いて、理解し、このたびは私を眺められるようにした好意を、疑わないように。私は恵みによってあなたを空にし、私自身で満たした。では幸せでいなさい、いつも幸せでいてほしい、あなたの故郷は天国。

私はこの長年、ヴァスーラ、私の声の調べであなたを満たしてきた、まず心のうちに、そして思いの中に、次に今度は、あなたの功徳にはよらない好意をもう一つ与えた。この一回の顕示で、私を眺めるという。私はあなたの助け主、しかし御父もキリストもそうです。あなたは今や、全ての存在を包み込む者を観想している。

この世は今日、私の呼びかけを聞いても聞こえず、耳を澄ましても理解しなかろうが、驚いてはならない。悪霊に支配され、この過ぎ去る世にしがみついている限り、私は彼らにとって知られずにいよう。

私はキリスト教の一致のうちなる源、それゆえあなたたちの希望と一致を、私の上に置くように。私は、希望、信仰と、愛の源。無限に豊かな、私は、私の栄光を誉れとしている。私は復活の独り子を生き返らせた霊、そして死すべきあなたたちの体にいのち与えている、息吹。そこで私たちのために生きるあなたたちは、神なる私の力に鼓舞され、栄えある運命をたどろう。あなたを甦らせるだけではなく、私たちの栄光に入る自由な通路を与え、養子そして私たちの王国の跡継ぎとさせる。

私は希望の与え主と言ったが、あなたの助け手として私を受け入れるなら、希望を受けいれたことになり、あなたの懇願をどう現わすかを知る私は、私たちにとって好ましい、私たちの思いにそった知恵の言葉で、それを言い現わす。あなたのうちに住まいを定めた、私は、あなたの希望。そこで私があなたを救って甦らせるという希望に安んじていなさい。

与えている自由を楽しみ、私があなたを所有しようとすると同じように、私を所有しなさい、そのとき、そのとき初めてあなたのうちに、私の統治が始まる…… 夫のために婚礼衣装で着飾った花嫁のように、魂が美しくなったときに、それは始まる。そのときあなたは、独り身のままでいるようには造られていなかったと、目に涙して気づき、むしろ私に約束された者であって、私、聖霊、あなたの許嫁、全被造界の花婿が、私の抱擁と王的な気前よさをもって、魂を聖化すると気づこう。

忘れたか、まこと愛する者よ、最近のことだが、私たちの婚姻の前に、夜闇の中であなたの魂は私を恋い焦がれ、その霊も私を探し求めていたのを? 私の愛がどれほど味わい深いか、もう分かったか? 私たち三位一体の聖性と労りが、甘美な芳香のように全宇宙にあまねくひろがり、香り放っているかを? 私とつながるすべての魂は、花嫁となる、私たちは親密になり、私たちのうちに引き入れて、その生涯の日々の花婿となるがゆえ。そして彼らは、私たちに魅了され、喜んで、しかも全く惜しげなく私たちのうちに身を投じ、神なる私たちの愛を十二分に味わい、一つとなる…… 私の最愛の魂よ、私のうちに安らぎ、私の勝利1でありつづけなさい。

御父、御子と共に、言っておく。唯一の三位一体なる神を、心を込め、魂を込め、思いを込めて愛しなさい。

私たちに時間を捧げ仕えてくれたゆえ、祝福を与えよう。

聖霊の頌歌 続き (ⅱ)

1998年6月7日 ノート93

(日曜日、聖霊降臨の祭日1

(聖霊は1998年4月22日の聖なるメッセージを続けられます)

ああ……私のヴァスーラ……私はあなたを選んだ、あなたも死に絶えていたが、私は拒まなかった。こうして同じように、そう、望む者は誰にでも、私の言葉にできない情愛と神聖な力を現そう2。私はあなたを拒まない、むしろあなたへの愛が私をいかに寛容にさせているかを見たであろう? この日々に御父と御子と私は、三位の証し人として降ってきた。真理の霊3なる、私を送られて、永久にあなた方と共にとどまり、全き真理へと導くようにされた神なる父は、霊である4

神のみことば、光、そして救い主であり、初めから存在し、御父のみ心に最も近いお方は、御父を証しし、あなた方に御父を知らしめた。あなた方はこの方自身の血で買い取られた。みことばは生きて活動し、私と御父が証しすると同じように、地上で証ししておられるとは読まなかったか? 自らの血5で教会を買い取られた聖なる方は、その血によって証しし、全き真理6へとあなた方を導く、真理の霊なる、私は、水によって証しする7

それゆえ、私たちは三位の証し人であって、唯一の神8であるため三位とも、同じ意志、一つの権威と同じ主権をもって同意している。

私について、被造物よ、どんなイメージをつくり上げ、いまだ私を知らずにいるのか? ……ところが私は証しをやめたことはない。顔を隠したこともない9……

「ああ、えも言われぬ美しい光よ、
あなたの神聖な眼差しは、優しくほほ笑んでいました。
ほほ笑まれたので、私は思わずほほ笑みをお返ししました。
み顔は、ああ、聖なるお方よ、天使のような魅力をたたえています。
愛と清さを放つ聖なるみ顔は、私の顔のすぐおそばにあって。
ご出現に驚き入った私はそのとき、深い瞑想もしていませんでした」

み顔全体も崇むべきものでしたが、特に注意をひいたのはその眼差しで、私はすっかり畏敬と賛美の念に満たされました。

「言いようもないいたわりをもって、私の目を見入るその愛の眼差しは
二つの輝く星のよう、静けさを湛える空色の、透明な海。
私のような卑しい虫けらが、何をか言えましょう?
神なるあなたの眼差しは、私の主よ、聖餐式のよう、
愛の大海原、楽園
そしてふさわしくないまま、眺めるのを許された者にとっては
焼き尽くす火……」

私に耳開かれた、あなたは、なんと祝福された者、私たちの神聖な意志が行えるよう、その行く手が私たちの知恵のうちにまっすぐなように。私に頼るがよい、愛する者よ、できる限り多くの者たちを、一つなる私たちと一致するように集めて光で満たし、こうして私たち三位一体なる神の全き充満で満たす。

──来て学ぶように、苦難の時は必ず共にいる。私はあなたの慰め主、そして望み絶たれたところで慰め癒す。私はいのちの与え主、そして洗礼の接吻をもって息吹を送り、あなたを新しくする。その自然な心の傾きは神の心と相反し、あまりに人間的、この世的で、死にいたらしめるが、私は、あなたを新たにし変容させて、私の天使や諸聖人と同じように、私の神性と高貴をおびた神となれるようにする。

あなた方が私たちのうちに働いて、私たちもあなた方のうちに働くよう、御父と独り子と私との神聖な愛のうちなる子としての一致に、皆を引き入れようとしている。私は、あなた方の閉鎖的な思考を変容させて解放できる、こうしてその思いと言葉は霊的なものだけにとどまろう。そこで:「サタンの洗礼で死の接吻を受けた私は、もう駄目です」とは言わないように。そうではない! 私のもとに今、来るなら。私はサタンの死に至らせる死の接吻の解毒剤。私は、死そのものの毒を抜き取るもの……私を持たないなら体は実のところ死んでいる、しかし私と共に体は生き、私のうちに、私により神の子として数えられよう。それゆえその心を私が治めるのを許し、至高者の息子娘たちにさせてくれる必要があるのです。

聖書ではこう述べている10:「心の清い人は幸いである、その人は神を見るであろう。」

神を見て、父として認めるには、恵みによって、私、聖霊から生まれなければならない、そうでなければどうやって、神が見えてこよう? 生まれる前の、子どもは、父親を見たであろうか? 生まれるまでは父親を見ない。私から霊的に生まれる場合も同じよう。肉は肉であって、肉に見える範囲がある。しかし霊によって生まれた者は神を見る視力を与えられ神を捕らえて、認め、その深遠に入っていける。そこで来て、前に歩み出し、前進しなさい、そうするならあなたを翼に乗せて空高く昇り、三たび聖なる私たちに聖別された、聖人たちが皆で集う、養子縁組の場所に連れていこう。おや、彼らの間にあなたも、定められた場所があるのを知らなかったか? 安心して私のもとに来なさい、そうしたら反逆者から正しい人へとあなたを変容させ、魂を聖性へと導く、そして罪はもはや力を失おう。

罪はあなたのうちなる悪い主人のよう、どのような時もその主人に意を振るう隙を与えてはならない。すべて善いものの源なる私は、悪い主人である罪を圧倒することができる、私の掟は善意といういのちの掟であって、あなたのあらゆる悪い傾きを打ち負かせるがゆえ。来て、単純な心で私を見い出ししっかりと私に心をつなぎ留めなさい。不信や、この世的な雄弁をもっては私のもとに来ないように。うぬぼれ、悪徳や不実をもって近づいてはこないように、そのようにして来る人は、決して私を捕らえも見もしない、だが悔い改めと善意に照らされて歩む魂は、私の現存を奪われない。私は癒し与えようと無数の天使たちを従わせ、輝かしい光の中を、栄光の座から飛んできては、私の王国を受け継ぐために、私と一つの霊となるよう皆を新たにする。

血肉は私の王国を受け継ぐことができない、滅ぶべきものは、永遠に永らえるものを受け継ぐを得ないからだ。では唯一、三位一体の神、しかも本質は一致して一つなる者とは誰かを理解させるために、私はあなたの後ろめたさを癒やし、川のように中を流れて、その荒廃と不毛に生気をもたらそう。誰も神を見るにふさわしくはない、実に、あなた方の間で完全な人がいるとして、私より出でる知恵と光を持たないなら、無にひとしいままでいる。神の深遠にはこの世に由来しない富があり、それを私なしに保つのは不可能なこと。神の動機に分け入り、その手はずを理解するには、私なしには、可能でないが、あなたの意識の中に私を認め、その知性に分け入らせてもらえるなら、私のうちであなたを形造り、私たちにとってまこと好ましい者としよう。キリストの思いとなるように、あなたの思いを変容し、私たちの意志を見いだして何がよいかを知り、何を私たちが望み、どうしたら一番完璧かを知るには、あなた自身を私に明け渡すしか道はない。そこで肉11の抗議を許してはならない……目には届きがたく到達できないように見え、総じて知覚されてはいないが、私は、自らをはっきりと現している。知恵の言葉を語って、友に自分をうち明ける友のように、秘密をあなたにはうち明け、何も隠さない。私があなたに顔を向けると、形を持たない、私は、その霊のうちに、姿を現す12

ああ、ヴァスーラ、私は完全な永遠の光の反射である、そして曇りない鏡のように、私の荘厳はあまねく被造界に輝きわたっている。今ここで、私はこうした仕方によって、あなたにも自らを分からせている13、だが私の超越性を失ってはいない。私の知識であなたを満たし、注いでいるこの卓越した光の流れはあなたが含み得る限界14を越えるが、それでも、あなたの魂だけでなく、他のすべての魂を飾るためにも私の王国のこうした宝をあまねく与えている。私を愛する者にとって私は、実に太陽よりもまばゆく輝き、すべての星座を合わせたよりも光を放っている、そして超越ゆえに、あらゆるものを私の輝きで満たせる一方、その限界には捕らわれない。こうして魂のうちに私の光を送って、うちなる一切が善となるように整える。そこであなたも、代わりに私の全善を反射し、徳を増し加えよう。

イエスは愛情込めて、ご自分のご聖体に与るようにと招いておられます

1998年4月9日 ノート93

聖母が話されます。

私のヴァスーラ、私の現存は平安と歓び、そう、地上の母親以前に、私はあなたの母なのです。母親がその子たちと分かち合うように、私はあなたの歓び、苦しみや、耐えているすべてを分かち合っています。原初より永遠の御父が命じておられたような、真の生き方をする私の子たちは、私に大きな歓びを与えています。

私のヴァスーラ、今日は、あざむく者が大勢います、けれど以前も欺く者1がいたように、あなた方の時代にも偽りの預言者たちが出ると言われています。はじめのうちは自分たちのほうに買収しようとしますが2、あなたのうちなる真理の霊に照らされて、その悪意が露わにされたと気づくや、す早く敵対します。ああ、私の子よ、あなたを私の汚れなき心にすっぽりと包みこんでいます、こうして私の子たちを護るのです。皆に抱く尽くしがたい愛のために、私は、母として、いつまでも優しい護り手、擁護者でいましょう。おや、聞いていませんでしたか?あなたに触れようとする汚れた手が伸びてくるや、私は子どものライオンを護る雌獅子ようになるとは。誰もあなたを、私から取り上げられません。あなたは、私のヴァスーラ、私に奉献されています、そしてあなた自身の血3で私への奉献文に捺印し、それをもって、神はあなたを承認し、強め、支えてこられました、主の恵みと力は永遠です。

私の子、イエス・キリストはいつでもそばにおられ、あなたが決して離れていかないようご自分の手の中にあなたの手をしっかりと握っておられます。私の愛する御子は、ご自分の高貴なテーマによる慈しみ深い呼びかけに、あなたやほかの人びとが寛大にお応えし、魂の救いにはすべてを捧げるとき、甘美な心地になっておられます。そして父親の中で最もお優しく、大勢の中からあなたに好意を示され、この計りがたい賜を与え、知恵をもって教え、あらゆる真実なもの、高貴なもの、善良な清いものであなたや、ほかの人びとの思いを満たしておいでの神なる、御父もそうです。ご自分の被造物すべてに抱かれる抑えがたい愛ゆえに、創造主はみ座から三たび、あなたを祝福されました。その王宮ではご自分の口づてで甘露を養いつつ育て上げ4、神はあなたを、そして慰めを是非とも必要なほかの何百万もの人びとをも慰めようと、その荘厳な玉座から、手を差しのべられました。ああ!あなた方皆のために、その神聖な善意をもって神はなんでもなさるのです!これは今の時代の哲学者たちの考え方には当てはまらず、決して把握できないことでしょう。大いに歓びなさい、娘よ、あなたの功徳では決して得られないほどの恵みを受けたのです。そっとおだやかにくだってこられ、友となって、油をそそぎ、道を教え導きに来られた神なる聖霊も賛美しなさい。そこであなたをご自分の愛で満たし、その親密な甘美を味わわせ、翼にのせてご自分と一緒に大空を飛ぶように、引き上げられた先駆者なる聖霊を、誉め讃えなさい。それで怖がることはありません…私の汚れなき心に接ぎ木されている限り、怖がることはありません…

祈ってください、私のヴァスーラ、私たちの神よりのメッセージを誤解する人びとのために、彼らは何をしているか解っていないので、あわれみを示しなさい…その荒廃を哀れに思い、なたの舌で裁いてはいけません、唯一の裁き主に、彼らを裁いていただきなさい。私のためにそうしてくれますか?

そうしましょう、覚えておくように努力します。

努力しなさい……永遠に善良なように、私のヴァスーラ、そして忍耐深いように、こうした誘惑の虜となって魂をゆがめさせてはなりません。至高なるお方があなたを悦びとなさいますように。彼らの罪をむしら贖ってあげなさい、そうするなら贖うたびに、その行為ゆえ善き主は、神なる愛の油そそぎをもってあなたを聖別なさるでしょう、そしてあなたの上にご自分のみ顔を輝かせ、人類への祝福を実践してくださいます。神の望まれる通りに行いなさい。ご聖体のうちなる私の子の真の現存を、日々否定する人びとの課す痛みから私を解放してください。イエスは愛情込めて、ご自分のご聖体に与るようにと招いておられます。心からあなたを求めておられると知りなさい、そして、あなたのほうから示すどんな寛大な仕草も、み心を溶かし、慈悲と全善の川を幾重にも溢れさせ、多くの頑なな心にまで流れていくでしょう…

5ああ、王家の乙女よ、
イエスのみ心と分かちがたく結ばれたお方、
ご聖体のうちなる御子を悲しませる
世界中の罪びとを、お捧げします、
あなたの純潔、聖性と
神の最も聖なるご聖櫃となった甘美なみ心を通して
御子を打つ者たちが、赦されますように。アーメン。

アーメン。神に感謝しなさい、私のヴァスーラ、神には罪ある者たちに近づき、その道をまっすぐになさる力も智恵もおありだからです……主に賛美と誉れを捧げたいと、絶え間なく欲しているように。ご自分の意向を示されますでしょう。6神の平安にとどまっていなさい。あなたを祝福します。