目を覚まして祈りなさい – 祈りなさい!

1990年8月1日 (ノート44)

主よ?

私である、私のヴァスーラ、こうしたやり方でともにいるのが嬉しいか?

はい、とても、主よ。み名が賛美されますように。

もっと祈りなさい。これが私の勧めである、あなたの祈りをたえず待っている。絶え間なく祝福を送っている。

(イエスは次に、聖書を任意に開いて、示されるところを書くようにと求められました)

誘惑に陥らないように、目を覚まして祈りなさい。

(これはマタイ26・41からでした)

主の広大な力が私には必要です。

聞くように、祈りなさい。眠ってはならない。

黙想のうちに御顔を仰げますか?

祈りなさい

(祈りました)

もう一度私に祈りなさい。

あなたの霊に
私の霊を一致させてください。
アーメン。

(イエスはただちに祈りの糸口をお与えくださいました、主がお望みの祈りを。書き取らせなさったと思います)

私の子よ、まこと愛する者よ、あなたのためにしないことがあろうか … あなたを育てあげた、そこで今は、誰のものであるかを悟りなさい。幸せであるように!

幸せ以上です。

ではそれを表しなさい! あなたの口を開こう、そうすると、話すであろう1

私たちのために狐を捕らえてください、
今や花開こうとしている
あなたの葡萄畑を荒らしている者たちを。

栄えある玉座がもう非常に間もなく降って来る。彼らの2隠れ家を暴き、その種族はと絶え、全滅しよう。清算する時が近づいている、見ていなさい … 豊かな食物によって地上を新たにし、私の残された人びとをよいもので満たそう。永遠の愛をもって愛している、そしてあなた方に対する愛は不滅である。私を読む人びとよ、鍛錬を許しなさい、そしてもし私を受け入れるなら、連れて帰り、あなたを養子にして、私の掟を教えよう。母親に慰めてもらう子どものように、あなたを慰めよう。

愛は愛を欲する、ヴァスーラ、私を見ながら使徒信経を唱えて、私を喜ばせなさい。

はい、私の主よ。

聴いている。

(祈りました)

それでよい! 来なさい、「私たち、共に」?

はい、主よ。「私たち、共に」

  1. 不意にこれらの言葉が突然出て来ました。
  2. 狐:フリーメーソンたち。