アベルは私の種子

1987年8月20日 (ノート14)

私の神よ?

私だ。

この前のあなたのメッセージが理解できたように思うのですが。

あなたはまだその一部を理解しただけだ、子よ。

私が理解した部分ですが、カインという言葉は、人に由来するもの、世俗的な物事のことですね?

そうだ、カインはこの世に属するものすべてを表している、書きなさい。カインは私の目が嫌悪するものすべてを表す。この時代においてカインとは、不法、物質主義、革命、憎しみ、偶像崇拝1、私が祝福している人々を迫害する者たち、不品行などを表す。カインは私の似姿として造ったアベルを全く理解しなかった。アベルとは私に由来する者、私の子孫である。

彼は霊的であり、あなたを愛しているということですか?

そのとおり、その違いのために、彼はカインに嫌われた。知恵ある者は聖霊から来るものを理解しないであろう、と私は言った。

主よ、心配なことがあります。

(そのことを書きたくありません。)

分かっている、私はただ彼の知恵を呼び覚ましたいだけだ。あなたにとってどちらがより大切か、彼を重いいしうすの下に置き去りにするか、それとも、たとえ彼のために苦しむことになるとしても、彼を心配するか? どちらを選ぶのか?

ためらうことなく、彼のために苦しむことを選びます。

私はあなたを眠りから呼び覚ました。他の人たちにも同じことをしてはいけないだろうか?

いいえ、私の神よ。

そうか、ならば、あなたを通して自由に行わせてほしい、私の手によって聖化されるように。私の魂の愛する者、婚約者よ、私の霊はあなたの上にある。あなたに無償で与えたのだから、あなたも無償で与えなさい。さあ、私のうちで消滅し、私と一体となるように! 愛している、私のヴァスーラ。

イエス様、お望みのことを何でもいたします。

(言葉が見つかりません。何を言っても十分ではないからです。)

では来なさい、私の被造物たちを生き返らせよう。私たちで? 共に?

はい!

  1. 無神論。