私の教会は元気を取り戻す必要がある

1988年3月31日 (ノート23)

ヴァスーラ、私、主だと決して疑わないように、恐れてはいけない、私は、イエス。

(もしかしたらこのすべては神からでないかも知れないと恐れ、恐怖に駆られました、でも、そうなら、どうやってこのすべては書かれたのでしょう。混乱しています……)

ヴァスーラ、私はイエス、あなたを救い、死から甦らせた救い主、来なさい、怖れないように……私の教会を引き上げたい、異端が浸透し、真理を分からなくさせ、あなたたちの間に分裂を引き起こしている。真理を遠ざけて。私の教会は元気を取り戻す必要がある、道から逸れたその結果、小羊たちに与えるもののない司祭、司教や、枢機卿のために祈りなさい。彼らは今までも、今も働いていない、自分の利益を求め、私の利益を求めようとはしないで、心を荒廃させ自らもそれを知っている、荒れ地に惹かれる小羊はいない、当然羊もさまよい出て、自分たちを導き、愛し、護り、養う羊飼いがいないので道を外れてしまう。時の初め以来、私は多くの不思議を世に示してきた、愛する者よ、怒りがこれらの羊飼いに対して燃え上がる、私の神聖なわざを拒み、あなたたちからすべての希望を取り上げ、私を遠ざけて、この羊飼いたちに栄光を表す時が近づいている、そしてそれは、一つの徴、彼らがどのように誤っていたかを理解するようになる一つの壮大な徴によって示される。多くの人が信じるようにと、この徴は与えられよう。祈りなさい、時は近い、平和と愛の大いなる立ち返りのために祈りなさい。