愛の炎

1989年9月6日 (ノート36)

主よ?

私です。あなたの前に立っている、この恩寵を悟るように、私のヴァスーラ、

どうしてか、主よ、十分に実感がわかないのです、実感がわきませんが、でも信じます。

信じなさい、そう、幼子の-ような-信仰をもって信じなさい、これを私も御父も喜ぶゆえ、書きたいか? 書くか?

書くのを忘れているのに気づきました。

私の十字架について?

はい、主よ、

では今書きなさい、

ありがとうございます、わが神よ。

(後ほど、私に十字架を置いて行かれた後、神秘的な仕方で、悲しみの雨を夜遅くまで身に受けました。世界がその罪とともに迫って来る感じでした、あらゆる種類の罪とともに。この苦悶の中で突然、ゲツセマネの園におられるイエスを思い出し、激しく泣いたのです、一方ほんのしばらくでも、イエスを解放してさしあげられて満足でした。―― 後にイエスがおいでになり、十字架を取り上げられました)

私は今あなたと分かち合っている、愛する者よ。

主よ、耳を澄ましています。

耳を澄まして聞きなさい。私を熱心に求めて生きながら、攻撃されたり迫害を受けたことのない人が、今までにいただろうか?

いいえ、主よ、殉教者として殺された方もあります。

そう、それで分かっただろう、小さな者よ、預言書の中で言われた通りです。今日にいたるまで私の口の代弁者となり、私のメッセージを伝えようと声を上げる者は誰であっても、カインたちに迫害される、彼らに声をかけるが聴こうとはしない、懇願するが、誰も振り向かない、私の警告をどれも足蹴にし、約束を嘲笑う。あなたたちの時代に、私の霊を人類の上に注ぐとは言わなかったか? 私の掟をあなたたちの心に直接据え、精神に書き記すと?

人間に主導された預言はない、どうしてあり得ようか? みことばは聖霊によって与えられる、こうして人びとに私のことを語らせる。私、主が新しい天と新しい地を約束した、そして私のヴァスーラ、万全の準備が整っている! しかしあなたの時代の人びとは自己中心的で、不敬で、無慈悲で、神よりも自分の楽しみを好む、しかしもう時がなく、間もなくこの全ての極悪さは終焉を告げよう、私の愛の火に洗われ、清められて、だから勇気を、小さな者よ、労苦はいつまでもある、しかし常に私の力が支えよう、間もなく私の新しい天を見て、新しい地に住もう、私の約束がもうすぐ成就し、教会の刷新が進んでいるゆえに。すでにあなたは産みの苦しみの中に生きている、だから勇気を、まこと愛する者たちよ、私の名を担う、跡継ぎたちよ、落胆しないように、みことばは成就されつつある。私は-あなたと-ともに-あり、そしてあなたたちの間に生きようと言ってきた。私から直接養われ、渇く誰であっても、いのちの井戸から水を自由に与えられよう。

私の火はすでに天より降り、大いなる愛をもってあなたたちを燃え立たせている。この燃え尽くす火を国から国へとひろめ、あなたたちの極悪を愛に変容させ、石の心を誘って炎と化し、無気力を、あなたの神への熱意に置き換えよう。私の火によるこの聖時間は、燃え盛るかまどのようにひろまっていき、最初の聖霊降臨と同様、あなたたちは私の聖霊の火、私の愛の火に満たされる、あなたたちは新たにされ、私の真理、一致、義、平和と愛の王国はひろがっていこう。

だから歓びなさい! 心の底から歓喜しなさい、まこと愛する者たちよ、私は訪れ、あなたたちが離散し、失墜する一つの原因となった、尊大な自慢屋たちすべてを退ける、私の霊を押え込む者たちは、私の息に圧倒されよう。あなたたちは私の愛の炎によって清くされる。娘よ、私を愛し、礼拝し、喜ばせなさい、愛があなたを愛している。あなたを祝福する、私の子よ。

「私たち共に」、主よ?

「私たち共に」、私の子よ、来なさい。
イクトゥス