あなたの美は内面のものでなければならない

1989年11月3日 (ノート38)

主を取り囲む天使たちの行列に私たちも加えてください、私の神よ、あなたは聖三位として比類ない神。天使たちが絶え間なく賛美し、讃歌をうたう中、私たちも唯一の聖櫃を囲んであなたの不思議を宣言しましょう。あなたの家を愛します、私の主よ。私たち皆もあなたの家で一つとなりますように、急いで一致させに来てください。天使たちと聖人たちが手本とはって下さり、ただ一つの聖櫃の周りでどう礼拝するかを学べますように。

私の花よ、時が至ればすべては実現しよう。その間私の父の御目に喜ばしい者となるように、あなたの美は内面のものでなければならない、私は一人ひとりの心の中を見ており、念入りに探っている。そこで魂を飾り、美しくして私を歓喜させ、私の目に快い者となりなさい。私から引き出しすように、私の持てるすべては尊く、それ自体にいのちがある。私の宝庫から引き出しなさい、自由に与える。私の富に渇き、私の心から引き出して心を満たしなさい、私のヴァスーラ、私の知恵に学んだすべて、優しく師事しながら教わり、真理の声により聴いたすべてを行い続けなさい、平和でいるように、私の現存を覚えておきなさい。

はい、私の主よ。祝福されますように。

あなたと、その足取りを一歩一歩祝福する。

イクトゥス

(後ほど)
主よ?

私です。ヴァスーラ、信仰を請い求めなさい、覚えておくように、私は信仰を十分に与えることができる。

どうやってふさわしく、さらに強い信仰を願ったらよいか、見当もつきません、主よ!

たとえ分からなくとも、試してみなさい。私の慈しみは大きい、花よ、信頼するように…… 煉獄の魂たちの浴びる火をあと少し消して、私を歓ばせなさい、花よ。彼らを清める火は愛によって消されよう、常にそう覚えておくように。彼らの火を消して、上の方に移すために、あなたの私に帯する愛の本質的な部分を用いていると知るように、ある魂たちはついに私のもとに達することさえできる。主である私はみことばを与えた、これはあなたの霊的糧です。速度を落とし、耳を澄ましなさい1、あなたが全く弱い者であっても、私のメッセージをすべて与えることができる、あなたが無であり、何をなす能力も持ち合わせていないとしても、主である私は私の業を成し遂げる。小さいままでいなさい、私の子よ、離れて行かないように、私、主が心の底から愛している。栄光をたたえて私を尊びなさい。私を受けて喜ばせなさい。用いさせてほしい。常に心をこめて祈るように、来なさい、私たち共に?

はい、私の主よ、そしてお母さま。

  1. みことばが聞こえるまで、手を「走らせ」ないようにとイエスは仰しゃっています