私を礼拝しに来なさい

1989年5月24日 (ノート33)

(メジュゴリエにて)

イエス様?

私です、いとしい者よ、私を愛しなさい、私の子よ、この日が喜ばしい日となるように、歓びなさい、最後までずっと、主である私は-あなたと-ともに-いるがゆえ。私を礼拝しに来なさい。来て、私の聖心を感じるように。来て、私と一つになりなさい、小さな者たちよ。あなたたち一人ひとりを祝福する、愛がともにいる、愛があなたたちを愛している。

メジュゴリエで私たちの小さなグループに与えられたメッセージです。今朝のイエスは礼拝を献げに来るようにお望みでした。後ほど、教会で司祭が昼食の時に、その晩は夜の礼拝をすると発表なさいました。―――私たちは、イエスがお呼びでしたから、「走って」行き、参加しました!