あなたが平和のうちに生きるように招いた

1996年8月2日 (ノート85)

愛します、主よ。
あなたは私の神、友人、すべてです、そこで
み名に、ふたたび感謝を捧げましょう。
あなたの神秘のすべてに感謝します、
み業の不思議に感謝します、
救いのご計画に感謝します。

私たちの王が成されたことを
皆で祝いましょう!

来なさい、私のヴァスーラ、私の平和を与える……そう、あなたが平和のうちに生きるように招いた。私は人間を私の似姿にかたどり、私の栄光を反射するように造った。知恵と知識の言葉を口にするように、人間を造った。私の聖霊の賜を受け取るように、人間を造った。読んだであろう。「これらすべてのことはあなた方のためであり、それで、恵みはいっそう多くの人びとのもとで増し加わって感謝は満ちあふれ、神の栄光があるようになるのです」(二コリント4・15)。ああ、被造物よ、あなたたちを気も狂わんばかりに愛している! 死に瀕していようとも、私がここにいて、日ごとに新たにしよう! そこで、今や私に根をおろしなさい、そして感謝をもって、喜びにあふれるように。天は私の住まいであり、あなたのものでもある。その天から来るものを、慕い求めなさい。愛、信仰と希望に、あなたの土台を据えるように。私の掟と、与えてきた健全な教えを守りなさい。あなたたちは狼の間で暮らしているが、子羊たちよ、私の聖霊がともにいて、面倒を見ておられる。恐れないように、私も共にいる。堅く立ち、恐れないように。御父の眼差しがあなたたちの上に注がれる……聖三位一体である私たちが、終わりまであなたたちを牧する……一つになりなさい!