私の家を建て直しなさい

1988年3月2日 (ノート22)

(三つの祈りを唱えました)

主に賛美! 神に栄光!(これは聖ミカエルでした)

イエス様?

愛がここにいる、私の名を称えなさい。教会を生き返らせ、私の家を建て直しなさい。私の園を美しく飾るように! 悪を行うのをやめなさい! 教会は生き返り、平和があなたたち皆のうちに臨むだろう。ヴァスーラ、完全であってもらいたい……無心であるように、子どもたちは無邪気さのゆえに愛おしい。悪意がない。さあ、来てあなたを拒んだすべての人をゆるし、彼らの罪を流れ去った水のように思いなさい。花よ、石の心も和らげられるよう、あなたの魂を美しくする。与えなさい! 与えなさい! 彼らに与えなさい、悪を愛で置き換えなさい、私の反射となりなさい! ああ、ペトロ、私のペトロよ1

私の魂に愛された者よ、羊の群れが完全さを取り戻すように、連れ帰りなさい! ペトロ? 私を見なさい、愛する者よ、顔を見なさい、主である私を尊ぶように。今や、愛と忠実が出会った、今まさに正義と平和が戸口に立っている。私にすがりついている者を皆救う。私はあなたの避難所。周りを見回しなさい、ペトロよ、見ただろう? 気づいただろう? 私の目は、カインたちが私のアベルたちを殺すのを見ているのに疲れ果てた。耳を与えたのに、聞くのを拒み、目を与えたのに、見るのを拒むがゆえ、その心は干からび、私でなく自分たちの栄光を求めている。ああ、ペトロよ、なんと疲れ果てたか……愛が欠けている……。私を称えなさい、ペトロよ! 称えなさい、愛する者よ。

(イエスは愛情をこめてペトロに語りかけ、主は本当に悲しそうで、お疲れの声でした、ペトロに頼ることができる、という話され方でした)

  1. この名をイエスが口にされる時はいつも聖心が非常な愛でふくらむのを感じます。ペトロとは今の教皇のこと。