私と親密になってほしい

1987年2月16日 (ノート7)

(神無しには、私は本当に生きていけないことが分かり始めてきました。神は私を本当に結び付けられたのだと思います。)

子よ、私はヤハウェ。私である、こちらを向きなさい。愛している、あなたへのこの絶大な愛ゆえに、あなたを抱き締めている。恐れなくてよい、子よ。聞きなさい。あなたへの喜びあふれる愛ゆえに、あなたを私に結び付けた。私にり頼みなさい、私を必要としてほしい、ヴァスーラ。

私たちをそんなにも愛しておられるのですか?

ああ、娘よ、私の愛を感じなかったのか1? 私の愛はあなたを焼き尽くしたいと望んでいる。
 あなたが私に結ばれていると感じるほど、私の栄光がたたえられたと感じる。私の方からは、あなたを限りなく愛しており、決してあなたを離れることはない。しかし同時に、あなたが私から離れることもないようにした。私たちの一致を確かなものにした。分かるか? ……勝利したことを心から喜んでいる。
 私たちが永遠に一つになることを私は望んだ。あなたが私を必要とし、私を愛し、そして私に永遠に結ばれるように、私もまた、あなたに結ばれるように。制限無しにあなたを愛し、あなたの上に君臨する自由を私が得るように。
 あなたを創造した私、育てた私、聖別した私、あなたに最初のまなざしを注いだ私。私の霊であなたを満たした私が、それを望んだ。なぜなら、ヴァスーラ、私はあなたを育てた神、ヤハウェなのだから。
 私とあなたを結んだ絆を、確かに永遠となるようにした。あなたは自分を私から切り離すことはできないだろう、私はいと高き者なのだから。

あなたを愛しているとはいえ、恐ろしいです、主よ! あなたの御力と知恵は偉大です!

どうしてか、ヴァスーラ、何を恐れているのか? 私は愛の主ではないのか?
 私があなたの面倒を見る。痛みを感じるときには和らげてあげよう。私の祝福で包み、足りないものは与えよう。私は無限の富である。私と共にいるなら、恐れる必要はない。私は地の基を支えている者。私があなたに望むことは、何でも自由にさせてほしい。とてももろくて弱いあなたを、そばに置くことができて本当にうれしい、なぜなら、あなたは心から私の望むままにさせてくれると分かるからだ。恐れないように、私はあなたの天の父であり、どんな人間にも理解できないほど、あなたを愛しているのだから。
 私はヤハウェ、以前に聞いたことがなければ、今言おう、私は忠実な者として知られており、私の言葉は揺るぐことがないと。
 子よ、私の言葉を書かせるために、あなたを死から生き返らせた、私のメッセージを伝える者としてあなたを育ててきた。
 私の伝え手になるのだから、あなたは形造られなければならない。私がどう感じ、どう働き、私の愛が人々の心にどうやって火をつけるかを知らねばならない。そうでなければ、一体どうやって私の愛する子どもたちに教えることができるだろう?
 来なさい。あなたに教えた方法で、私の現存を感じなさい。小さな者よ、愛している。私を見分けなさい。私と親密になってほしい。
 ヴァスーラ、明日、あなたにメッセージを書き取らせ、私と共にいる方法を私の子どもたちに教える。さあ、行って他の務めを果たしなさい。平和のうちに行くように。

(しばらくして、イエスが来られました。)

ヴァスーラ、書きなさい。あなたは今、私と一つとなり、私と共に働き、共に苦しみ、私を助けるだろう、そうだ、私は持っているものすべてをあなたと分かち合う、あなたの側でも同じようにしてほしい。
 一つに結ばれるということは、永遠に共にいるということ。私の絆は永遠の絆ゆえ、私の喜びあふれる愛は、あなたを永遠に私に結び付ける。私の愛は石のような心にさえ火をつけ、燃え立たせて焼き尽くす。
 娘よ、私は勝利した。恐れる必要はない、私はあなたの心を勝ち取った、愛する者よ、私は確かに、あなたを永遠に私のものにした。ああ、ヴァスーラ、どれほどあなたを私の心の深みに引き込みたいと願ったことか。そしてあなたを私の愛の炎のすべてで完全に焼き尽くし、あなたの神、私への全くの歓喜のうちに浸らせたいと願ったことか。

それほどまでに私を愛してくださるのですか? ここまでしてくださるほどに?

私はあなたのためにいのちを差し出したのではなかったか? 愛ゆえに、私はいのちを差し出した、愛ゆえに、あなたの救いのために私自身をいけにえとして献げた。愛ゆえに、あなたのために血を流した。
 今や、あなたと私との絆を確かなものとした。

なぜですか?

なぜと尋ねるのか、私が最も忠実な者であることを忘れたのか。あなたを私に結び付けたので、あなたも私に対して忠実であり続けると確信している。
 私たちは今や一つになっているのだから、共に働き続けよう。サタンの炎の中に飲み込まれるしかない多くの魂を癒やすために、私に対するあなたの愛を用いよう。あなたと私で、これらの魂を助けるだろう。あなたがしなければならないことは、熱心に私を愛することだけである。あなたに私の十字架を託すために、私があなたのもとに来る時が訪れるだろう。

でも私は無に等しい者です!

ヴァスーラ、無に等しいままでいなさい、そしてあなたに欠けているところはすべて、私に補わせなさい。私が行く所にはどこにでも付いて来なさい。あなたは決して独りぼっちになることはない。今や私と一つになっている2。霊のうちに成長しなさい、ヴァスーラ。成長しなさい、あなたの仕事は、私と御父によって与えられるすべてのメッセージを伝えることなのだから。知恵があなたを教え導くであろう。

はい、お父さん。

私を父と呼んでくれるのを聞くのは、何と麗しいことか! あなたの唇から、「お父さん」というこの言葉を聞くのを待ち焦がれていた3

  1. はい、もちろん感じました。信じられないほどです。
  2. 私はこの箇所を書きながら、神が以前は、私に急いで変わるように、強くなるように等々と言われていたのに、なぜ今になって、無に等しいままでいるようにと言われたのか不思議に思いました。神は私の考えを読み取られたのかもしれません。なぜならすぐにお答えになったからです。直後の文を参照。
  3. その夜、祈っている間は決してお父さんとは呼ばないことにしていたのです。注意して「父」という言葉を避け、「神」と呼びかけるようにしていました。なぜそうしたのかはっきり分からないのですが、おそらく、もっと儀礼的な言葉で祈るべきだと思っていたのだと思います。