集いのプログラム

1988年12月17日 (ノート30)

(再会の集いの後に)

わが主よ?

私です。

これほど多くの人が来たので驚きました、130人はいたでしょうか!

ヴァスーラ、以前にも言った。満たされて、あなたたちは多くなる。

主よ、プログラムのことでちょっといざこざがあったのにお気づきでしょう?

このすべてに気づかないはずがあろうか1! ヴァスーラ、反対する勢力があろう、しかし誰にもあなたを踏みにじらせはしない、私に頼って超然としていなさい、これからは、集いのプログラムを組み立て、与えるのは私、あなたに言うべき言葉を与えるのもです。プログラムは上から与えられよう、私は英知、あなたは英知よりそれを受け取る。

書くように:今までもそうしたように、聖ミカエルへの祈りを祈って、まず私の集いを開く場を聖別しなさい。集いはこの言葉をもって始めなさい、「あなたたちに平和」

私の平和を与えるのが私、主であり、これらの言葉は、私の口から発せられているのだと、私の小さな花たちに知らせるのを忘れないように。

それから皆で聖霊に呼びかけなさい。聖ミカエルへの祈りも皆で祈るように、あなたの時代はこの祈りを切実に必要としている。

いつでも聖書から読むべき場所を指示する、前の集会でヨエル3・1-5を読むように指示したと同じように、こうして読むべき箇所を指し示す、あなたはただそれを読んでほしい。それから、なぜこの箇所を選んだかを知らせなさい。次に私の平和と愛のメッセージを、一部分読むように。

どの箇所を読むかはどうやって分かるでしょう?

心配しないように、私が助言し導いているのではないか?

はい、わが主よ。

読んだ後、質問がないか尋ねてみなさい。自由に対話するとよい、あなたに霊感を与える、小さな者よ。

それから、彼らにかかわる私のメッセージを読んでもらいたい。愛を与え、私を喜ばせなさい、終わりに聖なるロザリオを唱えて、私を喜ばせなさい。

誰かが私と話したいなら、受けるべきでしょうか?

愛する者よ、そう、そうしなさい。

ありがとうございます、わが主、イエス。

  1. イエスは満足などしておられず、実は何人かに心を痛めておられました。