反逆と伝統

1993年5月27日 ノート66

あなたに平和。私はアルファでありオメガ。あなたに求める鮮明さで、私のメッセージが宣言できるよう、私のうちに留まっていなさい。みことばがひろまり、皆がその呼びかけを聞いて、いかに愛されているかを理解するように。私の五つの傷が大きく開いていることを皆に知らせなさい。人間は私を裏切り、鞭打つ無限の能力を有している。心の痛みと悲しみのうちに、私自身の家で見ているすべてをあなたに伝えなければならない:今日裏切り者はすでにこの体を踏みにじり、永遠の生けにえを完全に廃止しようと願っている。その一人は私の屋根の下に住んでいて、私を裏切っている。平和を宣言するが、悪しか企まない。香を炊くが、力増すためにサタンを呼び出している。

ああ主よ! このようなことが起きているとはほとんど信じられません……

しかしそれは起きている、あなたは分かっていないようだ。彼はその手下と一緒になって私の玉座に身を置き、預言者の衣を着て、世界を支配する構えでいる、そして、ああ! 私の羊飼いの本当に多くは、その偽りの教えと誤謬に惑わされている。正しい道を外れ、さまよい、与えた聖なる掟を放棄して、私からのではない伝統に従おうとしている。この偽りの教師、偽預言者たちについて、私は警告を与えてきた。終わりの日に、私の神殿の中心にはバビロンが打ち立てられ、聖所を盗人の巣窟、悪魔たちの溜まり場に変えてしまうとあなたたちに警告した! ああ、娘よ! そこはあらゆる卑しい霊が住み支配する、秘密結社の支部と化してしまう。

私のこだまとしてあなたを選んだ、行って聞いたことを宣言しなさい。すでに預言されている棄教のもとに皆が生きていることを、知らせなさい。羊飼いたちに、目を開いて、私の苦しみの声を聞くように伝えなさい、まもなく毒を食べ、飲まされるだろうから。あなたの共同体を集め、徹夜の祈りと断食に準備させなさい。サタンはすべての人を試練にかけるつもりだ。あなたたち皆を散らし、分裂させにやって来る。聖所にある玉座に近づき、私の血を売り、永遠の秘跡を退けるつもりで1

私の者たち、相続者、あなたたちに向かって叫ぶ:祭壇の司祭、奉仕者たち、毎日私を聖変化で挙げている者たち、決して私を手放し、売り渡さないように2

天使たちの嘆き声がすでに聞こえ、来るべきことに対して天は恐れおののいている、悪魔たちでさえあっけにとられて青ざめた顔だ、礼拝されている何ものよりもはるかに偉大だと自負する敵は、まもなく私の神殿の玉座に自分を据える。私が選んだ者3、反逆が爆発して起こるのを抑さえている者を捕らえようと、輪縄を手にして彼のほうに向かっている。彼は分別があり勇敢だ、そのいのちは生けにえとして注ぎ出されている4

変わることない伝統のメッセージをしっかりと把握している彼を、私は祝福する、しかし私の血を売り渡す者たちの口から、偽りの教えを説きひろめ、あなたたち皆を破滅させようとするサタンは、彼を沈黙させたがっている。今は、被造物の破減という卑しい目的を掲げる、サタンの時。叫びなさい、娘よ、国から国へと荒廃させてゆく、その日は近い、私の心は打ちひしがれている。愛は死を恐れなかった、あなたたち友人、羊飼いたちも恐れないでほしい、私について来なさい。あなたたちの務めは死にいたるまで、みことばと教会を護ることです。

こう言わないように、「まず行って仲間に挨拶させてほしい」と。私は言う:「ひとたび羊飼いの杖を握ったなら、振り返る者は誰も私また私の王国にふさわしくない」カルワリオまでずっと血塗られた私の足跡をたどりなさい。娘よ、祝された者よ、あなたの慰め主は、あなたが主を慰め、手を使わせてくれたことを喜んでいる。ああ、ヴァシリキ5、この血の涙は、罪と邪悪のために毎日流されている6

時代よ! ああ時代よ! あなたの神をどうして見捨てたか?

(ここで、キリストは私のほうを向いて仰しゃいました)

私の天使、私に形造られた者よ、今手を放し、私を傷つけないでほしい。あなたに石を投げ、あるいは泥の中を引きずり、拳を上げて悪さをする者もあろう、しかし彼らを恐れてはならない。侮辱を次々と積み重ね、災難を次々と負わせると、あなたは言う。私は言っておく、あなたのために褒美を次々と、ここ天国に積み重ねているだけだと。そして私からはあなたの額に祝福を次々と贈っている、だから恐れずに私のメッセージを宣言しなさい、証言しなさい、私の天使、あなたの受ける傷によって、多くの魂を裁かないでおく。私の友人の家であなたが受ける傷に対し、十分な報いを与えよう。あなたを私の受難の生け贄として選んだ、一致を据える祭壇として、そう、これ以上のことを求め得ようか? まだ与えていない何かが、他にあろうか? あなたには英知が与えられ、世間の鞭を耐えるために、私の霊が共にある、そして、ああ、私に飢え渇き、恋い焦がれるという、掛け替えのない賜を与えた、そこで、ともに歩み、彼らの忘れ去った神は彼らを忘れたことがないと伝えるために、あなたを用いて国から国へと遣わすことを許してもらいたい。主の心は慈悲であると、皆に思い出させなさい。そう、私の心は優しく、偉ぶらないことを知らせなさい。私の名はイエス。ic