私は人類すべてに私の霊を注ぐ

1988年8月20日 (ノート27)

イエス様?

私です、愛する者よ、このところサタンは私に由来する啓示や出現を攻撃して、多くの者を欺いている。あなたを救い出しに来なかったなら、まだその鉤爪のなかにあったろう。信じなさい、私の慈しみを信じなさい、私のわざを信じなさい。今の自分と、以前の自分の状態を比べてみるように、救い出しに来なかったなら、どうであったろう。私は光、暗やみからあがない出した。ヴァスーラ、サタンは死に物狂いで、あなたたちを混乱させて互いに敵対するように皆を仕向けている、そのやり方に気づきなさい。皆を、混乱させようとしているのです。私のわざが多くの人を救うのを知っているため、私の計画を妨害し、敵対したがっている。私はいつもそばにいる。使徒行録2章を読みなさい、私の霊は、上から多くの者に与えられている。しかしいつものように、それを笑いとばしてしまう者がいる。その神秘を説明することができずに。繰り返し述べてきたが、私は人類すべてに私の霊を注ぐ、あなたたちは預言し、若者はヴィジョンを見る1。老いた者は夢見、最も小さな者2にも私の霊を注ぐ。天には予兆を、下界の地には印を現す。被造物よ! この預言を真に理解していようか?

知恵の御わざを信じない私の教師たちには厳かに求める。譬えの隠された意味を探し求め、先祖たち皆の知恵を探究するようにと。私の名がどれほど偉大かを理解するようになるため、理解の霊に満たされるよう願いなさい。サタンの罠を警戒するように、その悪意を警告してきた。私の子よ、主である私は限りなくあなたを愛し、決して失うことはないだろう。

しかし主よ、偽りの出現や、啓示さえあります!

そう、確かにそうだ。しかしすぐにもその覆いを除き、これらが偽りだと分からせる。どんな父親でも、来る年も来る年も子が道を誤っているのを見るなら、注意するだろう? また子が騙されているのを見て黙っている父親がいようか。注意を与えて真実を教えないか? では愛と慈しみである私が、真実を示しに飛んで来るかわりに、沈黙したまま子を危険に曝しておけようか? 理解しようとしなさい3……

私たち皆に忍耐を示して下さり、わが神よ、ありがとうございます。本当にその慈しみは偉大です。

ああ、ヴァスーラ! この私の慈しみを、彼らが理解さえしたなら! 私のもとに来なさい、

(近づいて、倚りかかるのをお望みだと感じました)

倚りかかってほしい、被造物すべてが倚りかかってほしい

  1. 私たちの時代でヴィジョンを見るのは子どもたちです。メジュゴリエ、ファティマ、ガラバンダルなどにおいて。
  2. たとえば無に等しい私にも。
  3. ここで神は非常に忍耐深い父親として話されました。