神を欲すること

1989年10月2日 (ノート37)

イエス様?

私です。来なさい、私の子よ、手を取りなさい、ともに働こう。私は英知、あなたの師、だから私だけに頼っていなさい、誰も主である私以上の知識は与えられないと知りなさい。聴いて書くように。

被造物よ! 魂よ! 私を読む者よ、私の声を聞く者よ。私を賛美しなさい、私の栄光を称えなさい、朝から晩まで賛美しなさい、絶え間なく賛美し賞揚しなさい。決して私を賛美せず、栄光を称えもしない者たちの償いをしてほしい。私を祝福し、崇め、私を熱望しなさい。三人の若者たちの歌について誰からも教わらなかったか1? ではそれを学び、国々の間に知らせなさい。真理の霊はあなたたち皆と共におられる。私の小さな子どもたちよ、私はあなたたちが会いに来て祈りを献げている神であると思い出させよう。私は生ける神であり、口先だけで祈るならそれを感じる。あなたに私を望んでほしい …… 私を望みなさい、私を望みなさい、私を渇望し、熱心に探し求め、私以外は望まないように。たえず繋っていたいと望みなさい。私を喜ばせ、私を感じ、声を聞きたいと願いなさい、私の現存を望みなさい、この世の何ものにも欺かれないように。たとえ世があなたを憎むとしても、あなた以前に私を憎んだことを思い出しなさい。

私を第一に置き、私を無視して私の聖心を傷つけてはならない。そばにとどまっているなら、私の愛、私の平和を感じとれるだろう、そしてもっと近づくなら、私が天使たちと共有している天国の調和もあなたのものとなり得る。皆を永遠の愛をもって、地上では理解し得ない愛をもって愛している。来なさい、もし望むなら、神のうちのまことのいのちが何を意味するかを示そう、はっきり言っておく、愛のうちに生きる人は、あなたの神である私のうちに生きており、私もその人のうちに生きる。

眠りから目覚めなさい、無気力から目覚めなさい、そして自分を欺いてこう言わないように、「しかし私は主を愛している、主もそれをご存じだ、いつも愛してきたから良心にやましいことはない」と、今日私は言っている、私に立ち帰りなさいと、「どうやって立ち帰るのですか?」と聞くなら、回心してと答えよう、そして、「しかしすでに回心しています、どうやって回心すればよいのですか?」と言うなら、その時は、私を求め、渇望することによってと答えよう。聖なる者である私を探し求めなさい。来て私を礼拝しなさい、あなたの相続分が、私、あなたの聖なる者となるように。私の現存のうちにあってあなたの目を愛の涙で溢れさせなさい。

警戒していなさい、警戒していなさい、罪の原因を知らず、罪を感じず、善と悪の感党を失っていることがどれほど憂慮すべきかがあなたに分かったなら! 悪魔の策略に抵抗しなさい。祈りのうちに目覚めていなさい、私に向かって絶え間なく祈り、祈りを絶やさないように。私を絶え間なく望んでいると感じさせなさい。絶え間ない祈り、心から発せられた祈りとは、神を欲することである、愛する者たちよ。私の愛のうちに成長したいなら、無気力も口先の祈りも捨て去りなさい、絶え間なく祈るとは、あなたの主、私を欲すること。私のメッセージを理解しようと努めなさい。歓びのうちに私を求めなさい、口先だけではなく、心をもって私を望みなさい。アッバ!と叫ぶのを聞かせてほしい。だから今一度、幼子として私のもとに来なさい、私のもとに立ち帰り、心から願い、心から探し求めなさい、来て心を献げなさい。献身は魂を美しくする。真理から迷い出ないように、真理は愛であるゆえ、そこで愛あふれる私のもとを訪れ、私の心から愛を引き出すよう。真理にとどまり、絶え間なく私を望むことによって、真理のうちに住まうがよい、あなたが生きるために、このすべてを行いなさい。

この最後の日々、私の恵みの霊を全人類に注いでいる、最も小さな者にも与えると気づいただろう? 私を愛することを教えようと、私の恵みの霊があなたたちの世代に注がれている。私はみことばを思い出させる者として訪れた。この暗やみを私の光で照らすために訪れた。あなたたちに警告し、深い眠りから目覚めさせるために訪れた。怒りをもってではなく、あなたの国々をくるんでいる屍衣を取り外すために、愛と平和と慈しみをもって訪れた。私が聖なる者であり、あなたたちも聖なる生活を送ることを思い出させに訪れた。どのように祈るかを思い出させ、教えるために訪れた。あなたたちの魂を私のもとに引き上げ、私の王国を分かち合おうと全てを与えた。

あなたたちに懇願する乞食として訪れている。聖性の知識をすっかり初めから教え直すために英知として訪れている。燃えるような思いで私の心を与えている、一日も欠かさず限りなく身を低くして私自身を日々の糧として与えている。満腹し、心満たされるまで食べるようにと聖なる食物を与えている。だから私のもとに来なさい、──戻って来て、あなたの神、私を称えなさい。

額に私の愛の吐息を残してあなたたち皆を祝福する、愛が皆を愛している、一つとなるように。

イクトゥス

  1. ダニエル38・52-90で見つかります。