彼らは見えない目で聖書を読む

2005年9月23日 ノート111

人間に対するあなたの愛は全く愚かなほどで、罪に汚れた私たちに対するあなたの深い慈悲は説明がつきません。あなたの善良さを完全に理解したと誰が言えるでしょうか? それはまるで、触れることのできない霧や光を手につかみたいと望むかのようです……

最初にあなたが私の魂に、私の本当の姿、重い皮膚病を患い、茂みに隠れる者だった姿を明らかにした時、あなたは私を非難せず、むしろ私の友情を懇願しておられました。あなたは私の悲惨さを正当化しようとしてこう言われました。

「側にいて教えてくれる人が誰もいなかったからか?」1

私のみじめさがあなたのあわれみを引き寄せたのです。貧しさにあえぎ、裸だった私の魂が、あなたの同情とゆるしを引きつけました。聖なる御方、救われたいという私の願いが、あなたの心を二つに引き裂き、あなたは言われました。

「私の花がこのような姿でいるのを見るのは耐えられない!」

あなたのあわれみ深い言葉が、朝露のように私の裸の魂の上に降り注ぎました。

「あなたもそう望むなら、あなたを悔い改めへと導き、私のうちの永遠の命へと導こう……」

これがあなたが私の耳元でささやかれた言葉です。こうしてすべてが始まりました……

そしてあなたは私の意志のために自分の意志を放棄し、これがあなたを救った……誰であっても、私にではなく世にいかりを下ろすなら、私を見つけることは永遠にできない……自分の意志と世の情念を放棄し、私を所有するようになりなさい。私を所有することによって、私たちは永遠に続く平和の同盟を結ぶ。私のヴァスーラ、私はあなたに現れ、あなたを癒やした。

王国へと導くサファイアの上を歩くことをあなたに許した。私の報復がこの世に下る前に、すべての人を私のもとに呼んでいる。その日々は近づいている、もはやこの棄教を容認する2ことはできないのだから。大地が揺れ動くとき、これはこの邪悪な世代に降りかかるものの始まりに過ぎないと知るように。あなたたちを復活させるために、私はこの広大な墓地に降り立ち、墓の間を歩いた。墓に開くように呼びかけると、開いた。──私の息子たちと娘たちをよみがえらせ、彼らを新たにしたのは、私の愛の賜物だった。彼らを復活させたいという願望に燃え上がり、この願望が私を墓の中へと投げ入れた。あなたたちが気づかないうちに、私は死者たちを墓から引き上げ、抱きしめた。「これはあなたへの私の変わることのない贈り物である。敬虔であり続ける者たちは、褒美として私の祝福を得るであろう。さあ、行って、夜明けに私の愛を告げ知らせなさい……」

娘よ、私は誰にも私の掟や私の現存を押し付けたことはない。私はこの無秩序に秩序をもたらそうと、注意を喚起するためにやって来た。だが、目に見える私のしるしと不思議のすべてにもかかわらず、繰り返される私の呼びかけにもかかわらず、私の聖霊によって全人類に与えられた明白な恵みと賜物にもかかわらず、あなたたちへの私のしょうのすべてにもかかわらず、世代よ、私のあわれみ深い申し出にもかかわらず、私が受けた反応は無関心、迫害、不信仰であり、あざける者や、私の悔い改めへの呼びかけを意図的に拒絶する者もいた。私の祝福に唾を吐きかけて。呪いの言葉で肥え太り、私が彼らの目の前で行った復活を軽蔑をもって受け取るか、良くても無視する。彼らは見えない目で聖書を読む。

娘よ、私は彼らの罪のためにこの地上に降りかかる災難を前もって警告していた。災難と破滅が現実となったが、彼らはこのすべては自然ではなく自分たちが引き寄せているということを信じず、いまだにためらっている……地球が揺れ動き、地軸からはずれ3、島々は元の場所から動くと言ったとき、誰も私を信じなかった。誰も耳を傾けなかった。彼らは私の忠告を聞き入れなかった。彼らは私の警告をすべて突っぱねた。この世代の邪悪さと棄教のために、宇宙すらも危機に瀕していると私が今日告げようとしても、彼らはまだ信じないだろう。私が創造した大地が割れて、ばらばらに引き裂かれるのを見るとき、この頑なな魂たちは恐怖に襲われるだろう。私の火がこの世界にもたらす破壊に比べれば、大洪水4など大したものではないだろう。大地のはらわたから火が吐き出され、液体の火で満たされた裂け目からは川が流れ出す、火の川が噴き出し、あらゆる都市に広がり、大地を燃え上がらせるだろう。あなたたちが私の使節たちに与えていた呪いの言葉が、すべてあなたたちの頭上に降り掛かる。私のヴァスーラ、私の祝福をあなたに加えよう、彼5があなたに与えることを拒んだ祝福を。ic

私を喜ばせようと探し求めなさい、これこそ私が切望するもの

2005年4月26日 ノート111

復活祭──2005年の聖火曜日

私である。私が望むものは、忠実さと愛だけである。私の言葉を保護しなさい。

主よ! 私の心にひそかに傷を負わせた御方を見つめ、観想する力が、どうしてまだ私に残っているでしょうか? 主イエスよ、私が神学や、知識、または聖なる知恵を学び、習得するために汗を流してこなかったことをあなたはご存じです。私はあなたから来る知恵に欠けていました。聖なるすべてのものに欠けていましたし、徳の高さで知られたこともありません、むしろその反対でした。ところが、これほどひどい状態でも、あなたは私を疲れさせないように、ご自分の翼で私を運んでくださいました。あなたの声を聞き、あなたを見、あなたと会話するという限りない恵みを私に与えてくださいました。──そして、王よ、助言者、万物の主よ、私たちは共に空を舞い、あなたの天の王宮に、そしてあなたのうちの霊的生活へと私を連れて行ってくださったのです!

あなたの王国は無償で私のところに来ました……いのちへと上昇する道です。あなたは人の心を試すことで知られています。ですから私の心を試してください、私は聖人のような行いは一つもしていないと知っているからです。私はまだ自分の欠点を取り除けていないように感じており、むしろ欠点が大きくなっているような印象を持っています。あなたの戒めに関しては、いくつかの戒めを破った疑いがあります。

いのちの道とは、諭しに従うことです──私はあなたへの約束を守ったでしょうか? 私の誓いをそもそも果たしたでしょうか? それも疑問です。それなのに、あなたは私と共にいてくださいます。私のすべての失敗にもかかわらず、あなたの光が今もなお私を包み込み、喜びに満ちたあなたの現存と、私を見つめるあなたのまなざしで私を魅了します。

あなたは、誰もあなたには値しないという印象を与えられます、地上には私の他に誰も残っておらず、私があなたの唯一の愛であるかのような──特別扱いされて! 聖書はこう言っています1。「主の灯は人間の吸い込む息。腹の隅々まで探る」。あなたの正しい判断を必要としています、私に欠けているところ、私が失敗したところを助言していただくために。あわれみ深い神、私たちのいのちの守りよ、罪人の私をあわれんでください。

私の霊と愛の中で成長するように、あなたを私に接ぎ木した。ヴァスーラ、愛はすべてにまさる。それは他のすべての徳を活気づける。見なさい、全てに対する私の主権が、私を全てに対して寛大にさせる。あなたたちは皆、ふさわしくない罪人かもしれないが、私は大いなる寛容さをもって皆を治める。これは、あなたたちが他者にどのように接するべきかを教えるためである。裁くときには、私の優しさを思い起こすようにと、裁かれるときには、あわれみを求めるようにと。そうだ、あなたが私と共にいるのにふさわしいことを証明するために、私は確かにあなたを試す。だから、あなたの望みを空しくしてはならない。私があなたたち皆に望んでいることは、完全な者になることだ。私を喜ばせようと探し求めなさい、これこそ私が切望するものなのだから。そうするなら、いと高き者である私があなたたちの面倒を見る。荒れ狂う海2を恐れないように。私の栄光は東から見られるであろう。

教会は、あなたの時代に攻撃されていることに気づく。西側世界は棄教してしまった。悪魔は彼らに相対主義、世俗主義、自由主義、物質主義と、生命に対する敬意の完全な欠如を助長するように勧めている。そのような悪は、私の教会、私の戒め、私の教え、私の掟、そして生命のすべての価値を破壊しようとする悪魔からもたらされる。私の教会がこのような混乱に陥っているのは、その分裂のためであり、私の教会が弱くなっているとすれば、それは高位聖職者の分裂の失敗のためだ。彼らの霊は、悔い改めと和解への私の呼びかけに無反応である。彼らのこれ見よがしの高慢の霊は、謙遜と柔和の霊に置き換えられなければならない。彼らの偏見の霊は公平の霊に、恐れの霊は信頼の霊に、強情の霊は寛大の霊に置き換えられなければならない。彼らには和解してもらう必要がある。教会は統合される必要がある、一致は彼らのすべての誤りを宣言し、それら3の進歩を妨げるだろう。この棄教者たちによって私の教会に浸透することを余儀なくされている誤りを。真の霊的指導者が、私の教会でこれまで以上に必要とされている。説教者たちに、私の教会で私の好みに合った説教をさせなさい。誰も、霊的でないものを正すことを自制する者であってはならない。彼らは私を喜ばせてはいないのだから。生気がなく、霊的でない説教を聞くとき、私の悲しみは大きい。今日、私は何を言えばよいのか? 彼らを祝福すればよいのか? 彼らの霊は死んだ言葉で満たされているというのに、祝福すればよいのか? 彼らの霊がまだ過去の良心の呵責を持っているというのに、祝福すればよいのか? 一致しなさい、それが私の命令であり、それは常に全教会に対するものであった。平和のうちに生きなさい、4そうするなら、地上に平和が訪れるであろう。私はあなたたちのうちに私の意志を示した。私はあなたたちに、私が告げたことをすべて実行する義務を課している。私の力と私の権威を疑わないように。私はあなたたちに苦難を経験させているが、それが私の力と私の権威を妨げることはない。人に栄誉を与える前に、いつも私に栄誉を与えなさい。私があなたに忠実であるように、私の子よ、私に誠実であり、忠実であり続けなさい。私、イエス、神の子、救い主があなたを祝福する。ic

しばらくして

主よ?

私である。あなたの師の言葉を聞きなさい。そうだ、愛をもってすべてを耐え忍びなさい。娘よ、望むときに私を呼びなさい。ある人々はこの業を認めるだろうが、他の人々は認めないだろう。私の力強い現存を常に意識しなさい。私の手にすべてを委ね、信仰と信頼を持ちなさい。私の言葉は何一つ無駄にならない。さあ、私とあなたで、共に。私の栄光のためにあなたを使わせなさい。そして私が『私はある』という者であることを覚えておきなさい。

壊れやすい被造物よ、私の清めの火によって、また聖霊による刷新によってあなたたちを救ったのは、私の忠実な愛の他には何の理由もなかった……私がこの啓示の著者であることを忘れないように。私の信仰の神秘は大きい。あなたたちへの私の愛は絶大である。決して疑ってはならない。この愛の賛歌の弁護者であり、著者は私の聖霊である。ああ、ヴァスーラ、私を呼びなさい。そうだ! 私の渇きを満たし、あなたの私への愛を強めなさい。いつも私の杯を受け入れなさい。私たち、共に? ic