主である私は、愛と礼拝と一致を欲している

1989年5月16日 (ノート33)

イエス様?

私です、決して離れないで、今までよりいっそう強く私を望みなさい。試練を通して成長するように。彼ら*の神、私をどう愛するかを、分からせなさい、身を低くして、聖なる者、私をどう礼拝するかを。口先の祈りが私にとって何になろう? 私は愛と礼拝を求めている。祈りなさい、私の魂に、まこと愛された者よ、司祭、司教そして枢機卿たちが、私の意思を識別できるように: 主である私は、礼拝一致をもって、皆が一緒に唯一の聖櫃を囲むのを欲している。彼らがもし私の利益を求めているなら、ペトロの指導のもとでこの一致を私の聖心がいかに恋い焦がれ、切望しているかを理解しよう、私自身がそのペトロに、天の国の鍵を与えたゆえ。だから皆、熱心に祈りなさい、一致を私、主が呼びかけているのが、彼らすべてに分かるように。私は、私の-小羊たちの-ペトロのもとで、真の一致に立ち帰るよう私の名を持つ全ての人たちに呼びかける。後には私の名を、油注がれた者として受け入れるよう、ほかの全ての民にも呼びかけ、彼らの心に語りかけよう。

* すべての人。