彼らは私の霊を踏みにじる

1988年9月27日 (ノート28)

イエス様?

私です、与えた指示に従い、私に話をさせなさい。素足で、何者でもないままでいなさい。私が平らにした道を見分けてほしい、私の道は真っ直ぐ、だから左へ右へと脇目を振らないように。実に私の神秘をあなたに授け、私の石版としてあなたを選んだ。ペトロに会うよう、私の家にあなたを素足のまま導き入れた。私の平和と愛のメッセージは、敵の武器を取り上げよう。今に見ているがよい、まだ私の業は終えていない。今日の私の家は荒廃している、しかし最悪の事態はまだ来ていない。

私の体の中で暮らし、頭の棘となっているカインたちは、驕りに満ち、私のアベルたちを殺そうとするだろう、我の霊を理解し、心から私を愛するアベルたちを。しかし実に言う、その驕りは嘆きとなり、私の火は、これらの不実な僕を焼くだろう、今となって私に差し出すものが何かあろうか? 彼らは私の霊を踏みにじり、自らの欲望と頑迷に引きずられ、不実によって道を逸れ、もはやはっきりと見えてはいない。

ヴァスーラ、あなたの疑問を書きなさい、この疑問は多くの心にもある。

主よ、もう善い僕は残っていないのですか? あなたを本当に愛する、誠実な方がたは?

本当に私を愛する者は、もうわずかばかりだ、私の霊を理解する者も、一握りしかいない、この魂たちは私の傷を癒やし、聖心がその住まいとなっている、

主よ、信徒の場合はどうでしょうか?

この者たちの間でも、私を信じ、私の神意のわざをまだ信じている者はほんのわずかだ。そして大半は彼らの神、私を見捨てた。それで私の聖心の内奥には、槍の刃先がある、大量の血を流す原因となっている切っ先が。今日あなたに言う、この者は私の苦しみの一端となっていると。主なる私は彼の不意を襲い、突然、誰も予想していない時に、私の神殿に入る。この日々は数えられている、稲妻のように私は降って、エルサレムを清め、塵の山となし、私を愛さない人びとを皆引きずり落ろすであろう、私はその裁き手となり、厳しい裁きを下す。

しかし、私の聖なる名のもとに忠実だった者たちは、私、主が甦らせ、新しいエルサレムにおく、彼らは怖れる必要がない、私の指示に従い、掟を守っていたがゆえ。彼らは虐げられ、私への呼びかけを敵が抑えていたが、私はそれでも彼らの声を聞いた、これらの聖徒から、目を離したことはなかった、彼らはを畏れ、を賛美した、みことばに忠実であって、与える富をすべて分かち合い、その善行は私を喜ばせている。

愛する被造物よ、あなたたちは時の終わりを生きている、この時代には、自らの邪悪な偽りの教義につき従うことができるよう、宗教を鼻であしらい、預言の霊を抑圧し、ヴィジョンを見る者を嘲笑う人びとが出てくるだろうと知らせてきた。そのすぐれた技術を、邪悪な発明に向け、道を逸れて行った。悪を愛する彼らには、精神を清く保つすべなく、愚かにも悪魔的儀式や、悪魔を礼拝する黒ミサに引き込まれていく、あるいは非常に邪悪な人生を送る、というのもそれだけで自らのいのちを貶めるほど、その無知は大きいゆえ。耳を閉じ、私を神と認めて、真理を見るのを拒んでいるため、罪によって堕落し、まさにその魂まで腐敗している。

あなたの時代には、ほんの一握りの僕だけが私に忠実に、聖書を教えるべきようには教えるが、多くは不実をもって私を裏切り、合理主義に陥ると書かれてある、この合理主義は私の教会を砂漠化し、廃墟と化し、その奥にはまむしが巣くう。私の名を汚し、この世の栄光の座に君臨して、金銭に対する飢えを満たし、私のではなく、自らの利益を求めている者たちに、私は、あなたたちのもたらした荒廃の中から、私は呼びかける、

清めの日が来る前に私のもとに来て、悔い改めなさい、主なる、私は言う、この弱い道具を通して語る真理の霊を抑えないように、私と弟子がどういった状況で働き、どこで頭に枕したかを私の教会が思い出すようにと厳かに求める、宮殿は一つも持たなかった!……一つも! 宮殿は王たちのためであり、私や弟子たちにそれはいらなかった!

主よ、あなたが話しかけ、自分のことだと気がついた方がたはこの部分を聞きたがらないでしょう、そしてこのメッセージを押えるもう一つの理由となるでしょう。

確かに、私の言葉を聞きづらい者たちもいるだろう、彼らは過度の虚飾をもって、私と私の家を窒息させ、私の家も私も、彼らの偽証で息を詰まらせている。私には息する場がない、私の家の窓は全部閉じられ、光が入っていくことも、空気を清めに私の霊が吹き込むこともできない、この魂たちは、味をなくした塩のようだ、染みのあるガラスのように、私の光が浸透し、その神聖さで清めようとするのを妨げる。

この時代にサタンの発する煙は、霧のように、鍵穴やちょうつがいを通して浸透して行く。その煙は死に至らしめるものであるゆえ、あなたには犠牲と祈りを、倍に増やすようにと真剣に願う。私を愛する者たちによって、非常に大きなあがないがなされねばならない。サタンは怒りにまかせ、今年は教会に対して、その働きを倍にし、マリアの聖年を選んで、私の教会の一部を分裂させた、この分裂について、まさにその渦中の私の家を、あなたが不意に訪れるとも、予告しておいた、

さあ、手を取り、一緒に歩きなさい。十字架を私と分かち合いなさい、私のヴァスーラ。私のわざはまだ終わっていない、平和でいなさい、主である私は私の平和を与える。子よ、覚えておくように、あなたの前にいる私に微笑みかけなさい。決して私の現存を忘れないように、キリエ・エレイソンを唱え、私を喜ばせなさい、これほど多くをあなたに与えた!

はい、わが主よ、本当に多くをお与えくださいました。
聖なる方がたの中の聖なるお方よ、あなたを愛します。
よいものを本当にいっぱいお与え下さり、どんな時にも、
全てを証ししたいのですが、多すぎて数えきれません。
お声が聞こえるように、耳を開いてくださいました。
死者の中から、甦らせてくださいました。
主が見放されず、愛してくださいますのが、
私にとって絶え間ない支えでありますように。
私にしてくださいましたこと全てを、兄弟たちにも行い、
皆も分かち合えますように、主よ。

私の子よ、私はあなたたち皆を呼んでいる、あなたたち一人ひとりを、探し求めている、心に入るのを許してもらいたい、そうしたなら一人ひとりを癒やす。
来なさい、もう休むように、いつでもあなたと共にいる、決してこれを忘れないように!