罪が私の邪魔となる、私は惜しみなく与える

1987年6月6日 (ノート12)

イエス様?

私だ。神の顔をのぞき込むとは、愛を見るということ。

せいがいの主の写真を見ていました。

私にすっかり支配されたいか、ヴァスーラ?

はい、私の神よ。それがあなたのお望みでしたら、そうしていただきたいです。

では、私に自由にさせなさい、決して私を邪魔しないように、私のために生きなさい。

主よ、どのようなときにあなたを邪魔したことになるのでしょうか? 邪魔せずにいられるように教えてください。

罪が私の邪魔となる、罪だ、ヴァスーラ。本当に、私が望むようにあなたの中で働かせてくれるか?

はい、私の神よ、私が罪を犯すのを禁じてください。私の罪をおゆるしください。あなたの望まれるとおりに、私の中でお働きください。私の臆病さには配慮せず、目を留めないでください。必要とあれば、私を引きずってでも行ってください。私を自由にお使いください。あなたのわざをなさってください。どのような遅れの原因にもなりたくありません。あなたのわざを邪魔したくないのです。ですから私の弱さに一切目を留めず、お好きなようになさってください。

娘よ、あなたのその言葉がうれしい。さあ、私のわざを続けるとしよう。私の意志を自由に行わせなさい。来なさい、私がどのように働くかを明らかにさせてほしい。あなたに多くの恵みを与えた、ヴァスーラ、だが、私の恵みに感謝を表してほしい、私を喜ばせ、そしてもっと信じなさい。

もし主のお気に召さなかったら、これらのお恵みを取り上げてしまわれるのではないかと恐れています……

どうして私の恵みを取り上げなければならないのか?

成長できなかったり、間に合うように付いていけなかったりしたら、お恵みを取り上げてしまわれるのではないかと思うからです。

いいや、決してそのようなことはしない!

私には、主のお気に召さなかったら、お恵みを取り上げてしまわれるのは当然だと思われるのです。

子よ、あなたの目にはそれが当然と映るかもしれない。私は、あなたをこの世から解放する時まで養うであろう。私の食物をあなたから取り上げることは決してない。あなたを何年も待ち続けてきた私、あなたを愛し、私の胸に強く抱き締めるまで何年も待ち続けた私が、今になって私の食べ物を取り上げることなどできるだろうか? 来なさい、心行くまで私に寄りかかりなさい。私は愛であることを覚えておくように。私は惜しみなく与える、与えたものを取り上げることはない。あなたに私のやり方を絶えず思い出させることにしよう。