平和のために払う代価は大きいのです

1991年1月9日 (ノート49)

(ある人物が言った私への誹謗中傷のために泣きました、それは大きなダメージを与えるものでした。)

花よ、これも私の十字架である。しかしあなたを望むように扱わせてほしい。あなたの愛は、私のもとまで香の薫りのように届いている。突然ひどい鞭が降りかかってくるなら、子よ、それを捧げなさい。私がそれを善のために用いよう。国々1は戦争に瀕している、分かるか? 小さな者よ、苦しむあなたの心を私に捧げなさい、今にも燃え上がろうとしている怒りのために……私の平和を与える……信頼しなさい、私のヴァスーラ、覚えておきなさい、私が慰める。そして側には天使もいて、あなたを慰め、傷を癒そう。だがしばらくの間、私の十字架をあなたの上に置くのを許してもらいたい。勇気を、娘よ! 私の十字架があなたの上に重くのしかかっているが、最後まで喜んで担ってくれると知っている。

主である私はあなたを祝福する、天国で報いよう。

(ダニエル、私の天使です。)

あなたのイエスはあなたを愛しておられます。私、ダニエルです。思い出しなさい、主はあなたを休ませてくださいました、でも今度は、主を休ませてあげたくはありませんか? ヴァスーラ、ですから主のお望みに応え、苦難によって主があなたを打ち砕くのを許しなさい。平和のために払う代価は大きく、多くのいのちがかかっているのですから。主がこのような重荷であなたを打ち砕くことが頻繁にありますか?

それほど多くはありません。

そう、あまりありません。たまにあるこのような時は、受け入れて怒りを持たないように。ヴァスーラ、このすべての犠牲は無駄になりません。その上あなたを強くします。神の愛のうちに留まっていなさい。

神の熱望とは、あなたを清めること、
あなたの熱望が、神を称えることでありますように。
ダニエル、あなたの天使

(私は微笑みました。どういうわけか、私の天使はいつも私を微笑ませてしまうのです。天使が書いたこの散文に思わず微笑んでしまったのです。いかにも彼らしいことです)

  1. 湾岸戦争。