私のすべての司祭たちを一致させたい

1987年5月20日 (ノート12)

(自分でも時々驚くのですが、こうしてイエスとお会いしたいという衝動を覚えるのはなぜなのでしょう? なぜ、どうして、そして何のために、私は主のメッセージを聞いて書くことに熱心になっているのでしょう? ここ何か月の間に、それはもう無くてはならないものになっています。)

あなたを愛している。私はイエス、私と会いたいというその衝動を与えている者だ。ヴァスーラ、絶えず私を愛しなさい。妹よ、私の望みを教えよう。

(イエスはとてもお優しく、御顔に悲しい表情を浮かべておられました。)

私のすべての司祭たちを一つにしたいと願っている。彼らがもっと私を愛してくれることを望んでいる。彼らに清さと熱意、忠実さを求めている。一致は愛を強め、愛を揺るぎないものにすることを司祭たちは理解しなければならない。
あとどれくらいの間、彼らの間で不和が支配するのだろうか? 愛とは一致である。私の愛が彼らを私に一致させる。私の教会は彼らの不和によって弱体化している、私の望みは一致。私の教会が一つになることを願っている。

ですが主よ、不和があるとおっしゃるなら、誰かが折れなければならないでしょう。どうしたらあの人たちにそれが分かるのでしょうか?

彼らは照らしを求めて祈らなければならない。私のもとに来て、私の心から引き出さなければならない。

どなたのことをおっしゃっているのでしょう、イエス様? 彼らとおっしゃる場合には?

私の教会全体だ。彼らが一致し、一つになることを求めている。区別があるために、私の教会は弱体化している。あまりにも弱くなってしまった。

私の主よ、これは何か新しいメッセージのように感じられます。

あなたを照らしてあげよう、ヴァスーラ、私の働き方を、少しずつ段階に分けて示すことによって。

まず最初に、私に教えを授けてくださいました……

そうだ。

……それから訓練、そして聖書、次に平和と愛について、そして平和と愛のメッセージによるお導きですね?

そう、ヴァスーラ、そして今度は私の望み、教会を一つにしたいという私の望みだ。もし体の一、二カ所に障害やけががあったり、切り離されていたりしたら、その体はどうやって機能を果たせるだろうか? 健康な体と同じ能力や力が持てるだろうか?
私の教会は私の体である。もし彼らが体に障害をもたらしてしまうなら、私の体はどうやって機能を果たせるだろう? 娘よ、私のしるしを描きなさい、

イクトゥス

これは初代キリスト者のしるしだった。愛は一つだった。愛は一致していた。

イエス様、復活祭の日取りが違っています。どちらが正しい日取りなのか教えてくださいますか? 私たち1の日取りですか、それとも彼ら2の日取りですか? (別の紙に書いて教えてください。)

ヴァスーラ、では、別の紙を取りなさい。

ありがとうございます、イエス様。(イエスは復活祭の正しい日取りを教えてくださいました。)

さあ、共に祈ろう。一致のための御父への祈りを。

御父よ、
もとに参り、お願いいたします。
あなたの羊たちを照らしてください。
彼らが一致のうちに平和と愛を
見いだすことができますように、
アーメン。

私の羊たちを一致させなさい、ヴァスーラ!

イエス様、私のような者に、どうして司祭たちを一致させることができるでしょう? 司祭たちについて、彼らの議論について、いま起こっていることについて、私が何を知っているというのでしょうか? どうして私のような者が、一枚の紙に書かれたものを司祭たちに伝えて、それを書いたのはあなただと知らせたりすることができるでしょう?
 イエス様、あなたは私にメッセージを下さいます。みこころのお望みを教えてくださいます。でも主よ、そのすべてを誰か教会の方に、既に教会の中におられて、あらゆる高位の方々とつながりのある方、また清廉さと信用において定評のある方にお与えになった方が、事はもっと容易だったのではないでしょうか? 主よ、あなたはまさに障害を持つ者をお選びになり、その者は、この書物のことを知った司祭たちの半数に落胆させられているのです。その半数の司祭方は、この書物を調査することに無関心です。私は彼らに見せたいと思うことに疲れました。どうせ彼らをうんざりさせ、うるさがらせるのが分かっているからです。どうしたらいいのでしょう?

これが、ヴァスーラ、あなたの両肩で担っているものだ。これがあなたの上に置かれた十字架である。私も一緒に担ってあげよう、決して嫌になってはいけない。

主よ、どうすればあなたのメッセージがそれにふさわしい人々の耳に届くのでしょう? 私は門外漢です。

それは届く。最初は細い小川のように流れ、ゆっくりと広くなっていく。ちょろちょろとした流れが、急流となり、やがて奔流になる。細い小川は大海原となるだろう。ヴァスーラ、疲れたときは私に寄りかかりなさい。愛している、私の十字架を共に担えるように助けてあげよう。愛する者よ、決して見捨てられたとは思わないように。

つまずきそうになっても、イエス様がいつも引き上げてくださると感じました。力を取り戻すために、いつでも主に寄りかかることができることを主は分からせてくださいました。

ヴァスーラ、あなたを導こう。

  1. (訳注)東方正教会。
  2. (訳注)西方教会(カトリック教会、プロテスタント教会)。