戻って来て悔い改めなさい 私の霊があなたのうちに育つのを許しなさい

1988年10月5日 (ノート28)

わが主よ?

私です、永遠の愛で皆を愛するのは私、主です、あなたたち皆の間に、私は真に現存する、時の初めより、私の子たちが反逆に陥るたびに、主である私は、警告を与え、私のもとに連れ戻そうと、か弱い道具を通して降って来た、私、神のやり方はいつも同じであった、岩を砕く金づちのように降り、私の被造物の心を覆う固いかさぶたを砕いた、被造物が助けを必要とする時、あるいはひどく身を落し、サタンの門に限りなく近づいてしまった時はいつも、自らを現した。

私のヴァスーラ、平和と愛のメッセージ全体を通して、私は呼びかけている、戻って来て、悔い改めるようにと、苦しく悶えながら、あなたたち皆に呼びかけている、この荒野で呼びかけるが、私の声は、空しい空間にひびく木霊のように聞こえる……私が癒せるように、私の声を聞き、心を開いてくれさえすれば!

残された花を探し求めて、この広大な荒野に降って来たが、岩につまずくばかりだ、大きな期待を込めて振り向くが、私と私を愛するわずかな者たちを引き裂く、棘や茨しか見当たらない、愛を探すが、見いだすのは憎しみ、慰めを求めても、全くない、思いやりに飢え渇くが、見いだすのは侮りだけ、愛も、希望も、信仰も、この時代には見いだせない*、私を礼拝するのをやめたがゆえ。私の恐れはすべて 現実となってしまった! おお、全く信仰のない時代よ! 希望もなく! 愛もなく! あなたたちは私を礼拝するのをやめてしまい、私の聖なる名はもはや意味を失った! そう、私の名は無意味となった……私のやり方に従い、呼びかけに耳を傾けていたなら、この全ての荒野はなかった。私を愛さない兄弟たちのために祈るようにと、私を愛する者たちに頼む。あの反逆の日、荒野の中で、あの誘惑の日に、あなたたちの先祖の犯した過ちを、繰り返さないように。

* 神に対してそうしているだけでなく、私たちの間でもそのようです。

はるか昔は緑だった牧場が不毛と化し荒廃し、私の小さな群れはその羊飼いたちに打たれ、散らされた……どうして私を挑発するのか、どうして? 私を拒んだどの時代も、罰せられた、しかし自分を欺くのをやめようとしないあなたたちの心は邪悪だ、ファリサイ派の人たちより自分たちを増しだと思い、このように言う: 「あの時代にいたなら、彼らの悪行に決して加担はしなかった、信仰に救われていただろうから!」 私は今日あなたたちにこう告げる: 肉体をもってあなたたちの間にいた現実の日々と、なにも変わらない迎え方をしているではないか、その多くは内容を知ろうとしないまま、私のメッセージを非難している!!*

娘よ、私は、待ち望んでいるメシアは私であると、荒野の中を知らせに来た、しかし彼らは私を信じないで、拒み、迫害し、十字架につけた、今日聖霊が暗やみの中を、あなたたちに届こうとしておられる、しかし不従順と蓄積された罪からの誘いのためにあなたたちはその御わざに届かないでいる。

あなたたちの時代の荒廃は、他のすべての荒廃を上回っている、彼らを照らそうと降って来られた聖霊に、彼らはどうして驚き、退屈し、嫌がりさえするのか? 彼らの無気力によって、次々と砂漠が出現した! 岩また岩! この反抗的な民により、私の残されたわずかな花が踏みにじられるのを見て、息がつまり窒息しそうだ! ヴァスーラ、彼らを打たないように押しとどめる、聖なる御母のみ手がなかったなら、そして私の計りしれない慈しみによらなかったなら、義の神でもある私は、はるか以前に彼らを打っていた。この時代は、新たなソドムとゴモラを、自分たちの間に造ってしまったがゆえに。

彼らは今降りかかっている災難が、私からのものだと信じるほどになった、悪がいかに災いを引き寄せ、自分で支払った報いを今受けているとは、決して理解せずに。

私を愛するすべての人には祈り、祈り、祈ってほしい、この反逆が終わりを告げるように、友人たちには、よいわざを推し進めるようにと励ましたい**、 平和と愛の種粒を播くすべての人びとを祝福する、私に最後まで信頼なさい、またあなたたち皆を照らして下さるように、私の英知の霊に祈りなさいと、厳かに求める。彼らはいつまで聖書を分からずにいるのか? 私の秘義をいつまで脇に追いやっておくのか? 私の実は箴言の中に見いだされる、悟りなさい、そしてもし悟るのが困難であれば、悟り与える聖霊に来ていただくよう、願いなさい、秘義の多くはまだ隠されたまま、私の知恵の書のうちに表わされている***。

* 実際の啓示、ご出現や、印など。
** この啓示の翻訳、出版、配布を手伝っている全ての「新しい弟子たち」を。
*** ここで突然、再び未亡人のような感じがして、主に向かって叫びました: 「おいで下さい、主よ!」 私は主を熱望します。

愛は愛として戻り、あなたたちの間に生きると約束しよう、私の家を建て直し、新たなエルサレムを私はもたらす。それは欠けたところない都市、忠実な都市となろう、義が支配するゆえ、来なさい、収穫を刈り入れなさい、友よ、ひそかに整えたこの収穫を、刈り取るように、私のわざを集めてひろめなさい、砂漠の風に潤いをもたらし、乾いた土を湿らせて、この荒野に再びいのちを呼び戻そう、祈りなさい、私のヴァスーラ、私の再臨を求めて、

「ああ、神よ、そうです! おいで下さい! 私たちのもとに来てください、ああ、主よ、私たちのもとに戻って来てください!!」

そうする、もう間もなく、私の再臨は遠くない。全ての人に、私の再臨を求めて祈るように伝えなさい、私、主イエス・キリスト、あがない主が、破壊され、これからも破壊されるだろう全てを、建て直す、私が教会をすっかり新たにする前には、大艱難を経験することを忘れないように…… 

そこで私の子よ、石版として用いるのを許してもらいたい、平和と、愛の十字架をあなたの主、私と分かち合いなさい、「私たち」永遠に。

はい、主よ。

「私たち」?

はい、聖なるお母さま、永遠に

これから会うグループへのメッセージ。読み上げるために:

私の溢れるほどの愛によって、あなたたち一人ひとりを探し求めよう、あなたたちからそう離れてはいない、一緒に食べ……一緒に物事を行っている……だから私の現存を感じなさい、私に立ち帰るなら、私もあなたたちのもとに戻って来る*、あなたたちを励まそうとする私の現存を、多くの人は感じ取るだろう。私を探し求める者は誰であっても、私を見いだす。私の霊があなたのうちに育つのを許しなさい。手を取り、子どもたちよ、喜んでついて来るように。

私、イエスは、私の平和を与える、この世に欠けているこの平和を、あなたたちを離れたことはない、時の終わりまで、ともにいると言わなかったか? 私の聖なる現存を信じなさい、今私がここにいると信じなさい、この啓示は私の口より発せられたものゆえ。皆を愛している、あなたたち皆を祝福する、

来なさい……

* マラキ3:7。