聖なる者になるとは私のようになること

1986年12月13日 (ノート1-6)

娘よ、私があなたをわなにかけたと感じているのか? あなたを愛している、愛する者よ、恐れないでほしい。わなにかけられているのではないかと恐れているようだ!

(確かにそうです。私は友人たちにこのことを話し、「わな」という言葉を使いました。)

分かっている。あなたに愛してもらいたかった。

怒っておられますか?

いいや、怒ってはいない。

率直にお話ししてもよろしいですか?

そうしなさい。

あなたは私に愛されたかったのですね?

そうだ。

目的は果たされましたか?

果たした。

あなたは私を魅惑され、私はそれを気に入っています!

このやり方を喜んでいるか?

ええ、とても! ただ、私がもっと物分かりが良ければいいのですが!

あなたは今学んでいるところだ。私から食べなさい、祝福を受けなさい。

私にもあなたを祝福することができますか?

できる。

では、私の祝福をお受けください、イエス・キリスト様!

愛している。私の伝え手となるようにあなたを育てた。私を愛してほしかった。私の伝え手になるのだから、聖なる者となってもらいたい、私は聖である、そして喜んで従い、私のために働きたいと望んでいるのだから、聖なる者となることを恐れてはいけない。どうしてそんなに恐れるのか?

怒っておられますか?

いいや、怒ってはいない。聖なる者になるとは、清くなることであり、私のうちに生きること。聖なる者になるとは、私を愛しながら、私に従うこと。聖なる者になるとは、私のようになることである。望むなら、聖なる者になることを教えよう。

あなたを愛していますので、お望みのことを行いたいと思います。

ならば教えよう、娘よ。私のそばにとどまりなさい、そうすれば学ぶだろう。私を信頼し、私への信仰を持ちなさい。あなたがそばにいることを喜んでいると私が言うのを信じなさい。あなたは学ぶだろう、平和のうちに行き、私に愛されていると感じることを忘れないように。