西と東が出会うのを私は真剣に望んでいる

1994年10月4日 (ノート73)

私のヴァスーラ、私の定めを守りなさい。その定めとは、私の富を人類すべてに現し、私の霊が唯一の導き手となるのを許すこと。勇気をなくしてはいけない、私の愛があなたを支えよう。聞いて書きなさい。西と東が出会うのを私は真剣に望んでいる。これら教会の二本の柱1が一致し、私の教会を堅固にする必要がある。

一本の柱だけでは、しっかりとは立てない。私は彼らに教会を護る使命を与えた。しかし私が御父のもとに戻るやいなや、あなたたちの分裂が起きた。そして私の体は、御父が創造された被造物の手で引き裂かれてしまった。それ以来、私は、恐ろしい光景の数々に慄然としてきた。

今日は、倒れかけた私の家を建て直そうとする私の被造物のどんな心遣いにも、深く感動する。一致に向かうどの歩みにも、天はこぞって歓喜する。私の体の回復を願って捧げられたどの祈りも、御父の憤りを和らげよう。一致を目指して集うどの集まりでも、集まった者たちの上に祝福を降りそそぐ。

私の眼差しは、私を愛している者たち、不完全ではあっても、私の熱烈な願いを行う者たちの上に注がれている。では一緒にやって来なさい、そして一緒に食卓をととのえて私を称えなさい。私の杯とパンの味を知っていよう。二人とも私の食卓を味わってきた、だが三番目の舌はまだ十分に私を知らない。しかしあなたたち、あなたは私の伝統を守ってきた。あなたは動じなかった2。聞いたであろう。「兄弟や援助者は、不幸の時に頼るもの、だが、いずれにもまさる助けは、施しである3」。

私の栄光のために、その日を早めなさい。東からは一人の寛大なる心を急がせる、彼はその忠実さゆえに、西と平和の契約を結ぼう、私の主権は二つに裂かれ、その後こなごなになった……初代教会の日々は何と輝かしかったか!

さあ、私の家を一つとなるように立て直し、復活祭の日取りを一致させなさい……私の魂の歓び、愛する二人の姉妹がいる、それぞれは大勢の兄弟に囲まれているが、兄弟たちは二人に耳を貸そうとはしない、自分の魂4がかつてないほど死に瀕していようと、耳を貸そうとはしない。それゆえ、私自身が二人を引き合わせる、こうして私の名を尊ばせ、一つの祭壇を囲ませて、私の名を宣言させる。するとその後ただちに、兄弟たちが皆一緒になって、儀式を完成させよう。

私の家でとり行われている手順を、私は気に入らずに見ていたが、あなたに言っておく。一人の裏切者が私の掟と伝統を縛り、私を尊んでいた西の柱を制圧する。私に相談なく、ある公的な調査が行われよう。倒れかけている教会を堅固とするために、私が東の教会から柱を運んできて合わせる前に、西の柱を取り除こうと彼らは心に決めている。彼らに属さないものを受け継ごうと心に決めている。私はあらゆる心を探り、その考えを見抜いていることを、どうして彼らは忘れてしまえるのか? 今日闇の中を歩んでいる私の民が、光を見いだし、死の谷に横たわる者たちが復活できるよう、私の霊は、あなたたちを一つにしたいと切に願っている。

  1. 西と東の。
  2. 動じずに伝統を守って。
  3. シラ書40・24。
  4. 兄弟たちの魂。